2018年9月25日開催

第32回 地球人財創出会議

開催概要

  • 開催日時:2018年9月25日(火) 18:30-21:00
  • テーマ:「組織を越えた原体験」から志あるリーダーが生まれるメカニズム
  • ゲストスピーカー:小沼 大地 氏
    NPO法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事

今回はダボス会議のGlobal Shaperや、ハーバード・ビジネス・レビュー「未来をつくるU-40経営者20人」に選出された、まさにご自身が地球人財であり、次世代グローバルリーダーを育成するプログラムを開発、展開されているNPO法人クロスフィールズ共同創業者・ 代表理事の小沼様にご登壇いただきます。

クロスフィールズが手掛ける「留職」をはじめとした組織の枠を越えて社会課題を体感するプログラムからは、志を持ってグローバルに活躍するリーダーが多数生まれています。

「組織を越えた原体験」が、こうしたリーダーを効果的に生み出す背景には、どのようなメカニズムがあるのでしょうか?参加者の皆様からもご意見をお聞かせいただきながら、率直な意見交換ができる場を作りたいと考えています。

  • 開催場所:東京ガーデンテラス 紀尾井カンファレンス
    http://conference.tgt-kioicho.jp/access/
  • 参加対象者:企業の人事責任者、グローバルリーダー育成担当者
    グローバル人材育成に関する問題意識をお持ちの方で、かつ積極的に議論に参加してくださる方
  • 募集人数:50名(事前申込制)
  • 参加費:4,000円(税込)
  • 申込み受付期限:2018年9月18日(木) 13:00
    <申込み受付は終了しました。>
  • スケジュール:
    18:30~ 受付、レセプション(軽食とドリンクを用意)
    19:00~ 開会挨拶、ゲスト紹介など
    19:10~ ゲストスピーカー講演(50分)
    20:00~ インタラクティブセッション(60分)
    21:00   終了
  • セミナー前に、簡単な軽食をご用意しております。参加者の皆様との事前の意見交換やネットワーキングをしつつおくつろぎください。

小沼大地 氏

ゲストスピーカー 小沼 大地 氏
NPO法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事

一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊として中東シリアで活動した後、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて勤務。2011年5月、ビジネスパーソンが新興国で社会課題解決にあたる「留職」を展開するNPO法人クロスフィールズを創業。同年に世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Shaperに選出、16年にハーバード・ビジネス・レビュー「未来をつくるU-40経営者20人」に選出される。 国際協力NGOセンター(JANIC)の理事、新公益連盟の理事も務める。著書に『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)がある。

ファシリテーター 古森 剛 氏
㈱CORESCO代表取締役/マーサー ジャパン シニア・フェロー
一般社団法人はなそう基金 代表理事

1991年、一橋大学社会学部卒業後、日本生命保険相互会社に入社。98年、ペンシルバニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。2000年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、同社東京オフィスおよびニュージャージー・オフィスにて勤務。05年7月、マーサー ジャパン入社、07年3月代表取締役社長就任。13年2月からは韓国法人も加えたファー・イースト地域代表。14年8月に代表取締役社長を退任後はシニア・フェロー。同年10月、株式会社CORESCOを設立して代表取締役に就任。11年より東北被災地への復興支援活動を開始。12年3月「一般社団法人はなそう基金」を設立、代表理事に就任。東北被災地に英語人材を増やすための学習機会(Komo's英語音読会)の提供を主軸に、国際交流醸成を通じた中長期的な被災地経済復興を企図し活動。震災を機に非営利活動に3割の勤務時間を充てる生活としている。

著書:
「話しておきたいことがあるんだ」(2014年3月/星雲社)
「英語は『音読』だけでいい」(2011年1月/かんき出版)
「個を活かすダイバーシティ戦略」 (2008年7月/ファーストプレス/共著)

会場内で主催者(IIBC)の公式サイト・Facebookページに掲載するため、写真撮影・動画撮影をいたします。 公式サイト・Facebookページ掲載時には、団体名・個人名が特定されないよう配慮いたしますので、あらかじめご了承ください。

ページの上部に戻る/Back to TOP