Leader's Voice

若い日の経験すべてがいまにつながり未来に大きく実を結ぶ おおたけんじしの写真

スイスのチューリッヒを本拠地に、世界210以上の国と地域で展開するチューリッヒ・インシュアランス・グループ。チューリッヒ生命の日本代表を務める太田健自さんは、帰国子女でもあり、留学や国境を越えた豊かなビジネス経験と、常にグローバルな環境に身を置き、道を切り拓いてきた。「変化と混沌の時代にこそ、日本からたくさんのリーダーが出てほしい」と語る太田さんが考える、未来のグローバルマネジャーの条件とは?

プロフィール
太田 健自(おおた・けんじ)
1963年東京都生まれ。米ジョージタウン大学卒、米スタンフォード大学大学院MBA。ソニー勤務を経て、米系コンサルティング会社で、保険会社や金融機関向けに、経営戦略や事業変革プロジェクトのコンサルティングを担当し、シニア・パートナーとなる。2002年からはAIGグループで、日本および韓国の複数のグループ保険会社のシステムとオペレーションを統括。2009年、アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー日本支店(現メットライフ生命保険)のプロダクト&サービス担当役員に就任。2012年1月より現職。

目次

  • リーダーシップ
  • 外資系で働く

新時代の幕開けに、MBAの取得を目指したことが転機に

 私は4歳から12歳までをアメリカで過ごしました。日本のインターナショナルスクールの高校を卒業した後、アメリカの大学に留学し、大学では国際政治関連の勉強をしていたのですが、歴史的視点から見た東欧に興味をもち、学部時代には留学先の大学からポーランドへ、半年ほど留学しています。卒業後は帰国し、ソニー株式会社に入社しました。
 ソニーでは海外営業部門でヨーロッパを担当していました。当時はまだ珍しかった、コンパクトディスクプレーヤーの販売です。ヨーロッパには、現地販売会社が複数ありましたから、日本にしかできないサポートをと考え、日本語のデジタルハンドブックをヨーロッパの8言語に訳して、提供したりもしていました。
 数年が過ぎるころ、海外でもっと活躍できるように、MBAの取得を考えはじめました。社内留学制度に応募したのは、1989年のころです。折しも冷戦が終わりを告げ、ベルリンの壁が崩れて東欧諸国で大規模な民主化運動が起きるという、未来への希望に溢れた年でした。

自らの経験を保険事業に活かしたい

おおたけんじしの写真

誠実に、親身になって寄り添うようにお客様をサポートする会社でありたいと語る太田さん。ご自身の経験を活かし、さらなるサービスの追求を続けている。

 1992年に、スタンフォード大学のMBAを修了した私は、新たな挑戦の場を求めて、ソニーに学費などを返金し、米系のコンサルティング会社に転職しました。ちょうど東京オフィスを立ち上げるというタイミングだったので、面白い経験ができるのではないかと思ったのです。プロジェクトベースで海外とのビジネス経験を積んだほか、経営コンサルタントとしては、金融機関や保険会社の世界について知る好機ともなりました。
 コンサルティング会社には10年ほど勤め、最終的にはパートナーにまでなりましたが、新しい分野に進んでみようと、米系の保険会社に転職しました。以来、会社は変わりましたが、保険業界に携わり現在に至っています。
 2012年からは、チューリッヒ生命の日本における代表として、保険事業の統括をしています。当社は日本では後発組ですが、現役世代に向けて、病気やケガなどの際の経済的負担を軽減するような保険商品を、できるだけ革新的な形で提供するなど、先端の情報技術を活用した契約者との新しい関係をつくっていくことを目指しています。
 実は私の父は51歳で他界しているのですが、彼の保険がなかったら、私はいま、この場にいなかったでしょう。親が保険に入っていてくれたから、私は教育を受け続けることができたのです。保険の本質は相互扶助。つまり助け合いです。私自身が保険の恩恵を受けていますから、そういった恩恵を多くの人が受けられるよう、当社は常に、誠実に、親身になって寄り添うように、お客様をサポートする保険会社でありたいし、それが保険の意義であり、この仕事の醍醐味だと思っています。

  • 1
  • 2
  • 次へ

関連記事

ページの上部に戻る