2016年度 結果発表

IIBCエッセイコンテスト

IIBCエッセイコンテスト

「私を変えた身近な異文化体験」をテーマにしたエッセイ172作品の中から受賞作品が決定しました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。

受賞者

最優秀賞

島田 采佳さん

渋谷教育学園幕張高等学校3年

優秀賞

アバン ケイさん※日米協会会長賞も受賞

富山国際大学付属高等学校3年

優良賞

蓬莱 有南さん

関西学院千里国際高等部1年

特別賞

山川 遼夏さん

渋谷教育学園幕張高等学校2年

坂井 麗笙さん ※日米協会会長賞も受賞

京都文教高等学校1年

松岡 椋太さん

科学技術学園高等学校3年

王 尤嘉さん

渋谷教育学園渋谷中学高等学校2年

小宮山 俊太郎さん

栄光学園高等学校2年

日米協会会長賞

坂井 麗笙さん

京都文教高等学校1年

小栗 章太郎さん

愛知県立一宮高等学校2年

アバン ケイさん

富山国際大学付属高等学校3年

奨励賞

「奨励賞」には、28校、1,090名もの方々にご応募いただきました。応募作品にはネイティブによるコメントを付けて返却いたします。楽しみにお待ちください。
ご指導いただいた先生方、本当にありがとうございました。

学校名 指導教諭 学年 奨励賞
参加人数
千代田区立九段中等教育学校 高杉 達也先生 2年生 103名
北海道札幌国際情報高等学校 中丸 希之先生 2年生 73名
名城大学附属高等学校 山内 敏昭先生 1,2年生 70名
北海道千歳高等学校 山崎 秀樹先生
2,3年生 66名
科学技術学園高等学校 林 享子先生
伴 弓美子先生
2,3年生 63名
中京高等学校 名越 龍男先生
1,3年生 49名
埼玉県立春日部女子高等学校 川端 佳子先生 2,3年生 44名
愛知県立一宮高等学校 伊藤 智先生
2年生 42名
石川県立七尾高等学校 藤井 岳人先生
1年生 40名
富山国際大学付属高等学校
青野 幸代先生 2,3年生 40名
鳥取県立倉吉東高等学校 金森 一途先生 1,3年生 40名
国府台女子学院高等部 堀川 英祐先生
2年生 38名
兵庫県立長田高等学校 室田 守先生 2年生 36名
愛媛県立宇和島南中等教育学校 浅尾 一元先生 2年生 36名
芝浦工業大学柏中学高等学校 上野 智秋先生 1年生 34名
早稲田大学系属早稲田渋谷シンガポール校 Sexon Michael 先生 2,3年生 32名
学法津田学園高等学校(六年制コース) 鈴木 太郎先生
古川 秀樹先生
鈴木 美弥先生
1,2年生 28名
静岡県立浜松北高等学校 久保田 愛先生 2年生 31名
聖カピタニオ女子高等学校 加藤 江美先生 1年生 29名
神奈川県立相模原中等教育学校 本郷 真由美先生 2年生 26名
埼玉県立不動岡高等学校 田沼 尚子先生
曽山 なつみ先生
1,2年生 24名
埼玉県立草加高等学校 露﨑 晴子先生 3年生 23名
國學院大學久我山高等学校 川本 ゆり子先生 2年生 21名
クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス ピーター オコーナー先生 1,2,3年生 21名
神村学園高等部 Ranga Edirisinghe 先生 3年生 21名
東海学園高等学校 伊阪 康弘先生 1,3年生 20名
クラーク記念国際高等学校 仙台キャンパス 片瀬 桃子先生 1,2,3年生 20名
富山県立大門高等学校 上田 都先生
河内 啓晋先生
2年生 20名

審査員の先生方からのコメント(順不同)

松本茂先生

立教大学 経営学部 国際経営学科 教授 松本茂先生

今年も最終選考に残ったエッセイは、どれもインパクトのある内容で読み応えがありました。個人的な体験について包み隠さず自己開示したうえで、その当時のことを振り返り、学びとったことを私たち読者と共有してくれた応募者がほとんどでした。ただ、毎年のことですが、特定の人(たち)の言動をその人が帰属する文化や国の人たちのことに一般化してしまっているケースも見受けられました。
英語のレベルも年々あがっていて、大変頼もしく思います。とくに今年は文法的な誤りが少なくなりましたし、語彙の選択が格段によくなりました。しかし、中には段落がはっきりしていないエッセイがありました。各段落の初めにスペースをとるか、各段落の間に1行分スペースを空けるようにしてください。書く力をつけるには書き続けることです。Keep up the good work!


馬越恵美子先生

桜美林大学 教授 馬越恵美子先生

今年もとても素晴らしいエッセイが多く、心に響きました。私たちは毎日のように、読み、書き、聴き、話すことを通じて、コミュニケーションしています。この中で一番大変なのはどれでしょうか?「書くこと」ではないかと、私は思います。「書く」ということは、自分の考えを整理し、表現して、人に伝えることです。時間もエネルギーもかかりますね。でもそれだけに、意義深いのです。「書いたもの」は残ります。ですから責任も重いのではないでしょうか。書いたものは、その後、一人歩きします。不特定多数の人の目に触れることになります。だからそれだけ、長期的にインパクトがある、ということでしょう。書くための努力を惜しまず、チャレンジしたみなさんに、心から拍手を送ります!どうぞ、自分を褒めてくださいね。もちろん、周りの方への感謝も忘れずに。そして、自信を持って、さらに飛躍していっていください。期待しています!


佐藤貴実雄様

公益財団法人 AFS日本協会 理事・事務局長 佐藤貴実雄様

第8回を迎えられたIIBCエッセイコンテストでは、『私を変えた身近な異文化体験』と題した、英文のエッセイを、今回読ませて頂きました。
AFS日本協会では、異文化学習を、主に国と国の間に存在する異文化を中心に捉えて、この異文化を如何に理解し、お互いに尊重できるかを学ぶことを目標の一つとしていますが、この度、多岐に亘る環境の中で生活をしている、若い皆さんのエッセイを読ませて頂いて、種々の状況に応じた異文化体験を大変興味深く、また、自分がその状況に置かれたらどうしていたのだろうかと思いながら読ませて頂きました。国を超えた異文化、同じ日本の中での体験・経験の違いから発生する異文化、年齢の違いによる異文化、異文化と一言で言っても、色々の種類がある事に気が付く事が出来ました。
日々の生活の中で様々の異文化が存在することを認識して、それぞれの異文化とどの様に自分の人生の中で接して行くかを考えることが、『グローバル人材』になると言う事ではないかと思いました。皆さんの書かれた英語の文章には、説明の仕方、英語のフレーズ等、書かれた皆さんがそれぞれ苦心された跡が多くありました。文章を通じて、特に母国語以外の言語を使って、その読者に伝えたい内容をしっかり表現することも異文化学習の一つです。是非、引き続き頑張って頂きたいと考えます。


ロッシェル・カップさん

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 社長
ロッシェル・カップ様

The essay contest entries this year provided revealing glimpses into how these students observed and processed a variety of intercultural encounters -- from moving between countries, befriending a classmate who had a different life experience, or participating in a Boy Scout Jamboree. I was impressed by the sensitivity displayed and how well feelings were articulated. There were also many vivid examples that will stay in my memory.


飯村豊様

外務省 東南アジア協力担当大使 飯村豊様

私達はいつの時代にあっても、慣れ親しんだ環境に囲まれた日常生活の壁を新しい経験や想像力で乗り越え、異なる考え方や生き方、更には異なる文化や宗教などを受け入れる感受性と寛大さを磨くことが大切だと思います。グローバル化が進み、世界各地の多様な人々の間の接触が深まっている今日においては、このような自己研鑚は世界が平和になるために私達一人一人ができることの第一歩ではないかとすら思えてきます。
そのようなことを考えながら、今回皆さんのエッセイを読ませて頂きましたが、自己啓発の機会を海外や国内に求めている若い方々の勇気と努力に強く感銘致しました。
また、英語はこれまではどちらかと言うと日本人対アメリカなどの英語圏の人々の交流という文脈で考えられてきましたが、我々にとって世界各地の文化圏・言語圏の人々と触れ合う為のマルチ・カルチュラルな視点を養っていく上でも益々大切な役割を果たすものと思います。
その意味でも多くの方々のエッセイに新鮮な感動を覚えましたが、イスラムの友人との接触を通して異なる文化を尊重する感性と寛容性の大切さを思慮深く、説得力を持って訴えたエッセイに強く心を魅かれました。


藤崎一郎会長

一般社団法人 日米協会 会長 藤崎一郎様

昨年に引き続き応募作品から3編に「日米協会会長賞」を差し上げます。今回も選定に苦慮するほど素晴らしいエッセイが多数寄せられました。この賞はこのエッセイを書いたみなさん自身の体験から国際人としての自覚に至る過程で直面した困難さ、とそれを乗り越える努力の大切さを中心に選びました。エッセイを書く上では国際交流や国際理解の観点から、みなさんの異文化体験とそれに対する自分の意見、小さなことでもそれをユニークととらえる鋭い感受性が読む相手にうまく伝えることがとても大切なポイントです。英語の上手、下手はありますが、伝えたいという熱意があればみなさんの気持ちは自ずと相手に伝わるものです。選考過程では受賞作はもとより惜しくも入選しなかった皆さんの作品に盛られている感受性の豊かさに毎回驚きますし、それをこれからも大切にしてください。
日本はこれから一層の国際化を必要とします。2020年の東京オリンピックはその1つの目標ですが、これから若い皆さんが日本の国際化に大きな役割を担ってくださることをとても期待しています。


今年度参加校一覧

北海道
・東北
北星学園女子中学高等学校 / 札幌聖心女子学院高等学校 / 北海道札幌国際情報高等学校 / 北海道千歳高等学校 / 北海道長沼高等学校 / 遺愛女子高等学校 / 北海道浦河高等学校 / 北海道網走南ヶ丘高等学校 / 北海道常呂高等学校 / 靑森県立弘前高等学校 / 仙台市立仙台青陵中等教育学校 / 宮城県泉館山高等学校 / クラーク記念国際高等学校 仙台キャンパス / 山形県立酒田東高等学校 / 尚志高等学校 単位制・通信制 / 郡山女子大学附属高等学校
関東・
甲信越
新潟県立柏崎翔洋中等教育学校 / インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢 / 智学館中等教育学校 / 群馬県立前橋高等学校 / 埼玉県立越谷南高等学校 / 埼玉県立春日部高等学校 / 埼玉県立川越女子高等学校 / 埼玉県立春日部女子高等学校 / 埼玉県立不動岡高等学校 / 埼玉県立草加高等学校 / 市原中央高等学校 / 渋谷教育学園幕張高等学校 / 国府台女子学院高等部 / 芝浦工業大学柏中学高等学校 / 開成高等学校 / 学習院女子高等科 / 関東国際高等学校 / 駒場東邦高等学校 / 広尾学園高等学校 / 晃華学園高等学校 / 桜美林高等学校 / 山脇学園高等学校 / 実践女子学園高等学校 / 渋谷教育学園渋谷中学高等学校 / 淑徳高等学校 / 淑徳巣鴨高等学校 / 成蹊高等学校 / 中村高等学校 / 田園調布雙葉高等学校 / 東京学芸大学附属国際中等教育学校 / 東京韓国学校高等部 / 東京都立国際高等学校 / 東京都立産業技術高等専門学校(荒川キャンパス) / 東京都立大山高等学校 / 法政大学高等学校 / 本郷高等学校 / 頌栄女子学院高等学校 / クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス / 千代田区立九段中等教育学校 / 國學院大學久我山高等学校 / 栄光学園高等学校 / 横浜隼人高等学校 / 関東学院六浦高等学校 / 聖ヨゼフ学園高等学校 / 洗足学園高等学校 / 日本女子大学附属高等学校 / 日本大学藤沢高等学校 / 横浜学園高等学校 / 神奈川県立相模原中等教育学校 / 山梨英和高等学校
東海・北陸 富山国際大学付属高等学校 / 富山県立大門高等学校 / 石川県立七尾高等学校 / 仁愛女子高等学校 / 中京高等学校 / 加藤学園暁秀高等学校 / 静岡県立掛川東高等学校 / 静岡県立三島北高等学校 / 静岡県立韮山高等学校 / 静岡県立浜松商業高等学校 / 静岡市立清水桜が丘高等学校 / 静岡北高等学校 / 静岡理工科大学 星陵高等学校 / 浜松日体高等学校 / 不二聖心女子学院高等学校 / 静岡県立浜松北高等学校 / 東海高等学校 / 名古屋学院名古屋高等学校 / 名古屋市立名東高等学校 / 愛知県立一宮高等学校 / 科学技術学園高等学校 / 聖カピタニオ女子高等学校 / 東海学園高等学校 / 名城大学附属高等学校
近畿 メリノ-ル女子学院 / 暁高等学校(6年制) / 三重県立名張西高等学校 / 学法津田学園高等学校(六年制コース) / 京都市立紫野高等学校 / 京都文教高等学校 / 平安女学院高等学校 / 洛南高等学校 / 関西学院千里国際高等部 / 四天王寺高等学校 / 城南学園高等学校 / 清教学園高等学校 / 大阪学芸高等学校 / 大阪成蹊女子高等学校 / 大阪府立三国丘高等学校 / 大阪府立大手前高等学校 / 東海大学付属仰星高等学校 / 関西学院高等部 / 神戸市立葺合高等学校 / 神戸女学院高等学部 / 武庫川女子大学附属高等学校 / 兵庫県立芦屋国際中等教育学校 / 兵庫県立神戸高塚高等学校 / 兵庫県立尼崎稲園高等学校 / 兵庫県立長田高等学校
中国・
四国
鳥取県立倉吉東高等学校 / 愛媛県立宇和島南中等教育学校 / 新田青雲中等教育学校
九州・
沖縄
飯塚高等学校 / 福岡県立香住丘高等学校 / 明治学園高等学校 / 純心女子高等学校 / 長崎県立佐世保東翔高等学校 / ルーテル学院高等学校 / 熊本県立第一高等学校 / 神村学園高等部
海外 早稲田大学系属早稲田渋谷シンガポール校

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。