2017年度 応募規定

エッセイコンテスト
エッセイコンテスト

テーマ

私を変えた身近な異文化体験
相手が日本人であっても、外国人であっても、相手を理解し、円滑なコミュニケーションをはかることはとても重要です。高校生にとって身近なコミュニケーションの相手は家族や友人であることが一般的ですが、身近な家族や友人との間でも言いたいことが伝わらなかったり、相手が誤解したりしてはがゆい思いをしたことはあるでしょう。コミュニケーションでは相手がどのように受け止めるかが重要であり、自分の価値観を前提として伝えたことが、相手の価値観の中で異なって受け止められることはよくあることです。相手が同じ日本人であっても、同じ年であっても、自分の思いを相手に伝えることは簡単なことではないのです。
グローバル化が急速に進展する現在、高校生が近い未来に活躍する場は日本だけにとどまりません。活躍の舞台が世界に広がれば、異なる文化、習慣、宗教、そして異なる言語を持つ人々に自分の意思を伝え、また相手の意思を理解し、コミュニケーションをはかる能力が求められます。
今回のテーマである「私を変えた身近な異文化体験」は、将来グローバルに活躍するであろう高校生の皆さんに、コミュニケーションのギャップを乗り越えて、異なる文化を持つ人々とわかり合うことの大切さを見つめ、考える機会を持つことをねらいとしています。
したがって、ここでいう「異文化」は、外国や外国人のことだけを意味するわけではありません。相手が日本人であっても、同じ年であっても、自分と異なる価値観を持つ相手は「異文化」と考えることができます。このような「身近な異文化」とであい、そこで何を感じ、考え、学び、どのように「異文化」を持つ相手とのコミュニケーションギャップを乗り越えたか、体験した異文化の紹介にとどまることなくそれらの体験から自身がどう変わったのか、そして今後どう成長していきたいか、英語で表現してください。 ぜひ多くの高校生に「身近な異文化」について感じたことをフレッシュで柔軟な感性で、伝えていただけることを期待しています。

応募規定

応募資格 日本の国公私立高等学校、高等専門学校(1~3年)および中等教育学校(4~6年)に在学する生徒

本選
  • 学校単位での応募となります。審査対象になる作品の応募は1校あたり2作品まで。
  • 校内選考の実施は各学校のご判断にお任せいたします。

奨励賞
  • 学校単位での応募となります。
  • 対象になる作品の応募は1校あたり20作品(20名)以上。
  • 本選応募者は除きます。
使用言語 英語
応募作品 エッセイ 501~700語

注意点
  • 自作未発表のものに限ります。
  • 翻訳ソフトの使用は禁止します。
  • エッセイ内で他者作成の文章の引用が必要な場合は、引用箇所に印をつけ、必ず引用元を記載してください。記載のない場合には失格とします。
  • タイトル・カンマ・ピリオドは語数に入れません。
  • 語数オーバー・不足は失格とします。
  • エッセイをメール添付で提出していただくため、手書きではなくWordファイルで作成してください。
応募期間 2017年6月1日(木)~9月6日(水)17時まで

奨励賞の応募作品は9月6日(水)消印有効です。

応募方法 本選
  • エッセイコンテストサイト上の【本選応募用】応募フォームに必要事項を入力し、エッセイ作品(Wordファイル)を添付して送信してください。
  • エッセイはエッセイコンテストサイト上の書式見本(PDFファイル 124KB)に従ってタイプしてください。
  • 1校あたり2作品までご応募いただけますが、1名ずつ応募してください。
  • ご担当される先生が1作品ずつ個別に応募フォーム入力、送信手続きを行ってください。
  • インターネットのシステム障害やメールアドレスの誤り、郵便事故などにより、個人情報および応募作品を紛失された場合の責任は負いかねますのでご了承ください。


奨励賞(*1)
  • エッセイコンテストサイト上の【奨励賞応募用】応募フォームに必要事項を入力し、送信してください。
  • エッセイはエッセイコンテストサイト上の書式見本(PDFファイル 124KB)に従ってタイプしてください。
  • 「奨励賞」に応募する全作品(本選応募作品を除く)は、連番をつけていただき、応募フォームの入力数と同数であることを必ず確認の上、印刷して郵送または宅配便で送付してください。応募締切は9月6日(水)消印有効です。
(*1):「奨励賞」は、20名以上(本選応募者を除く)の生徒の皆様に取り組んでいただいた学校と担当された先生に贈られます。

<送付先>
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル
(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBCエッセイコンテスト事務局
TEL: 03-3581-4761
版権 主催者に帰属します。

審査

審査 審査基準に基づきエッセイを総合的に評価します。
審査員
(順不同)

立教大学 経営学部
国際経営学科 教授・BBL主査
グローバル教育センター長 松本 茂 先生

桜美林大学 教授
異文化経営学会会長
馬越 恵美子 先生

公益財団法人AFS日本協会
理事・事務局長
佐藤 貴実雄 様

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 社長
ロッシェル・カップ 様

外務省
参与
飯村 豊 様

(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会
専務理事
斎藤 真(審査員長)

審査基準 一次審査:
エッセイコンテスト事務局がエッセイを評価します。

二次審査:
各審査員が一次審査を通過したエッセイを評価します。(構成・表現力・文法/語彙など)

日米協会会長賞

日米協会より本選応募作品の中から、国際理解や国際交流の観点で優れた作品3名に贈られます。

一般社団法人 日米協会
会長
藤崎 一郎 様

審査結果 入賞者に対して2017年10月中旬以降、応募いただいた先生のメールアドレス宛に通知の上、 エッセイコンテストサイトにて入賞者および入賞作品を発表します。
表彰・
賞品
本選:最優秀賞(1名)海外短期派遣プログラムの参加/優秀賞(1名)/優良賞(1名)/特別賞(5名)
奨励賞:奨励賞に応募されたすべての学校と担当された先生に贈られます。
日米協会会長賞:3名
  • 受賞された方については、後日、応募いただいた先生のメールアドレス宛に表彰式の日程をお知らせします。
フィードバック 応募作品(奨励賞に応募された作品を含む)にはネイティブによる個別コメントを付けて フィードバックいたします。フィードバックは応募いただいた先生宛に返送いたします。

個人情報の取り扱いについて

  • ご提出いただいたエッセイおよびご担当者様の個人情報は、コンテストの運営、入賞者への通知、応募者への参加賞送付に利用します。また、次年度のエッセイコンテスト、ワークショップのご案内書類やメールを差し上げることがございます。
  • 表彰式当日はご参加いただいた方々のお写真を撮影させていただきます。入賞作品(学校名・生徒氏名)や表彰式参加者のお写真はエッセイコンテストサイト内での発表、当方資料ならびに報道発表資料としても利用させていただくことがあります。
  • お預かりした個人情報は、上記利用目的のために契約を締結した委託先に預託します。 インターネットのシステム障害やメールアドレスの誤り、郵便事故などにより、個人情報および応募作品を紛失された場合の責任は負いかねますのでご了承ください。
  • 個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除、利用の停止、消去等を希望される場合は、IIBCエッセイコンテスト事務局(03-3581-4761、土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)までお問い合わせください。

上記の個人情報の取扱いに同意の上、ご応募くださいますようお願いいたします。

個人情報保護管理者:(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会
管理本部長

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。


お問い合わせ

(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBCエッセイコンテスト事務局

TEL:03-3581-4761(土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)
FAX:03-5521-5970
E-mail:iibc-essay@iibc-global.org


コンテストについて


過去の結果