2017年度 エッセイライティングワークショップ開催レポート

エッセイコンテスト
エッセイコンテスト

IIBCでは、高校生を対象とした「エッセイライティングワークショップ」を2017年7月26日(水)にIIBC大阪オフィス、7月27日(木)にIIBC東京オフィスで開催いたしました。本ワークショップは2017年度第9回IIBCエッセイコンテストへの参加を予定されている高校生を対象に、少人数のグループ形式で行われます。講師から個別のアドバイスが直接もらえるなど、英文エッセイの書き方を学ぶことができる内容となりました。

今年度ワークショップの模様をレポートいたします。

大阪2017年7月26日

大阪の講師には、大阪大学外国語学部のRichard Leigh Harper氏、近畿大学法学部のJeremy McMahon氏のお二人をお迎えし、25名の高校生が参加しました。大阪以外にも、京都、滋賀や長野から本ワークショップへ参加してくれた高校生もいらっしゃいました。

ワークショップは、まずはゲームからスタート。先生の出身地や趣味を当てるゲームで、グループメンバーと協力しあいながら英語でゲームをすすめていきます。初めは緊張している様子でしたが、ゲームのお陰で高校生にも笑顔が見えてきました。

エッセイライティングワークショップ

エッセイライティングワークショップ

エッセイライティングワークショップ

エッセイライティングワークショップ

ゲーム後は、本格的にエッセイライティングについて学ぶ時間となりました。構成や各パラグラフの意味、使える表現等を中心に学び、最後は各々がエッセイを書き上げ、先生から個別にエッセイについてアドバイスをいただきました。高校生も熱心に耳を傾けていました。

最後に全員で集合写真を撮影し、ワークショップは終了しました。

エッセイライティングワークショップ

東京2017年7月27日

翌日、東京のワークショップには、立教大学経営学部国際経営学科のGene Thompson氏と同大学同学部のNerys Rees氏をお迎えし、25名の高校生と一緒にエッセイライティングワークショップがスタートしました。

まずは、ウォーミングアップでお互いのことを知り合う時間です。自己紹介の中でお互いの共通点を探すというテーマが与えられ、グループを超えて英語での会話も弾み、すでに仲良くなっている様子が見受けられました。自己紹介の後には、実際にエッセイを書く上のポイントを学びます。エッセイの例を見ながら、グループで英語でのディスカッションもおこなわれました。

午後には、一人ひとりが自分のエッセイを仕上げていきます。辞書を使いながら、先生に質問をしながら、同じグループの子と相談しながら、真剣にエッセイに取り組んでいました。

エッセイライティングワークショップ

エッセイライティングワークショップ

エッセイライティングワークショップ

エッセイライティングワークショップ

書き終わったエッセイは個別に先生に確認していただきます。
終了間近まで、エッセイのブラッシュアップをしていたのが、印象的でした。

最後に全員で集合写真を撮影し、ワークショップは終了しました。

エッセイライティングワークショップ

本ワークショップが、高校生の皆様の英語能力向上のお役に立てれば、主催者として幸いです。
IIBCでは、今後もこのような学びの機会を提供していきたいと考えています。

参加者アンケート結果

1. エッセイライティングワークショップの満足度はいかがでしたか?

大阪 (7月26日)

エッセイライティングワークショップ大阪 アンケート

東京 (7月27日)

エッセイライティングワークショップ東京 アンケート

2. ワークショップへの参加を決めたきっかけは?(複数回答可)

大阪

エッセイライティングワークショップ大阪 アンケート

その他: 教室の黒板に掲示されていて、とても興味を持ちました

東京

エッセイライティングワークショップ東京 アンケート

その他: 志望大学の先生方が講師だったので。留学から帰国後、もっと英語力をつけたいと思ったから。

3. エッセイライティングワークショップへの意見・感想

大阪

  • 最初のゲームで先生と仲良くなれたと思う。接尾語のワークからはじめて、例を用いたエッセイの読み取りと書き方を1から頭に入れ直すことができ、各自のエッセイに活かすことができた。班ごとに分かれていたことや、お弁当を共に食べたことで、新しい友達とも仲良くなれたのがうれしかった。また学校では、先生に1対1でチェックしてもらうことはないが、細かい所までご指摘いただき、今まで日本語でも英語でも苦手意識を持っていたエッセイのモチベーションがあがった。
  • 今までは、長文のエッセイを書く機会が少なく、書き方もよく分からないままでエッセイコンテストへの応募をためらっていました。しかし、今夏このワークショップに参加させていただいてエッセイの組み立て方や読みやすくなるような表現を学んだので、是非今年のエッセイコンテストは応募させていただきたいなと思います。

東京

  • 6時間半も英語漬けで耳が英語に慣れた気がして良かったです。ネイティブの教授に教わることはもうないかもしれないので、実際のアドバイスが聞けてためになりました。
  • 今回のワークショップではこのエッセイコンテスト限定ではなく、英作文の問題やTOEIC S&Wの対策にもなりとても汎用的だった。
  • 今まで、学校でライティングの書き方について少し学んでいましたが、今回のワークショップを通して、より深く、エッセイの書き方を知ることができました。プリントや先生の説明もとても分かりやすく、分かりやすい先生でとても過ごしやすかったです。今日は1日ありがとうございました。

お問い合わせ

(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBCエッセイコンテスト事務局

TEL:03-3581-4761(土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)
FAX:03-5521-5970
E-mail:iibc-essay@iibc-global.org


コンテストについて


過去の結果