第198回2015年3月の受験申込者が20万人を突破

TOEIC® 公開テスト、単回受験申込者が過去最多に

2015年2月24日 press_release.gif

日本でTOEICプログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏貴之)は、年10回あるTOEIC公開テストのうち、第198回2015年3月実施(試験日:3月15日)の受験申込者が20万人を超え、単回の受験申込者が過去最多となりましたことを発表します。

第198回TOEIC® 公開テスト(試験日:2015年3月15日)の受験申込者構成

<年齢別>
年齢別グラフ

<職業別>
職業別グラフ

<受験理由>
受験理由グラフ

<過去単回最多受験申込者推移>
過去単回最多受験申込者推移グラフ

TOEIC公開テスト受験申込者データ集計結果より(2015年2月16日現在)

受験申込者増加の背景

第198回TOEIC公開テスト受験申込者による申込時のアンケート集計結果によると、職業別では、「会社員・会社役員」に続き「大学生・短大生」が70,879人で全体の34.5%(前年:50,735人、29.5%)、年齢別データにおいては、大学生や短大生が含まれている「20~24歳」が82,922人で全体の40.4%(前年:54,690人、31.8%)を占めています。また、受験理由においても、「英語力を確認したいから」に次いで、「就職活動・転職活動に必要だから」が48,484人で全体の23.6%(前年:25,443人、14.8%)となっています。
TOEIC公開テストのこれまでの過去最多受験申込者は第178回(2013年3月実施)の約18万4千人でした。年10回あるTOEIC公開テストのうち3月は、例年、単回あたりの受験申込者が最も多い実施回ですが、今年は就職活動の開始が3か月後ろ倒しになったことや、英語学習熱の高まりなどが影響し、さらなる受験申込者増加につながったものと推察します。

<本リリースに関するお問い合わせ先>

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC) 広報室
TEL: 03-3581-4761 FAX: 03-5521-5970
(土・日・祝日を除く10:00~17:00)

ページの上部に戻る