新入社員・内定者のTOEICテスト団体特別受験制度 受験者数は過去最多

新入社員の平均スコアは494点、内定者の平均スコアは544点

英語で話す・書く能力を測定するTOEIC Speaking & Writingの新入社員の平均スコアも掲載

2015年7月16日press_release.gif

日本でTOEICプログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏貴之)では、TOEICテスト団体特別受験制度(以下、TOEIC IPテスト)およびTOEIC Speaking & Writing団体特別受験制度(以下、TOEIC S&W IPテスト)を実施している企業・団体における、新入社員・内定者のデータを集計し、受験者数や平均スコアなどを発表します。

<新入社員データ>

  • TOEIC IPテストを実施した企業・団体における新入社員の受験者数は34,085人と2年連続で過去最多となり、実施企業数は776社、平均スコアは494点となった。※グラフ1参照
  • TOEIC S&W IPテストを実施した企業・団体における新入社員の受験者数は1,575人で、実施企業数は68社、平均スコアはSpeakingが103点、Writingは125点となった。※グラフ3・4参照

<内定者データ>

  • TOEIC IPテストを実施した企業・団体における内定者の受験者数は11,449人、実施企業数は338社でともに過去最多となり、平均スコアは544点となった。※グラフ2参照

TOEIC® IPテストの平均スコア

平均スコアは新入社員494点、内定者は544点で前年度に比べ下がったものの、新入社員の受験者数は同比12.8%増の34,085人、内定者の受験者数は同比11.5%増の11,449人となりました。

g_1.gif

g_2.gif

TOEIC S&W IPテストの平均スコア

英語で話す・書く能力を測定するTOEIC S&W IPテストの平均スコアは、Speakingが103点、Writingが125点で、スピーキングよりもライティングの能力が高い結果となりました。
また、海外滞在経験が長いほど高スコアを取得していることが分かります。

g_3.gif

g_4.gif

「TOEIC Newsletter vol.126(2015年度新入社員TOEICスコアの最新データ)」にて、上記記載の内容以外にも、新入社員と一般社員の業種別平均スコアや、文系・理系での傾向などを掲載しておりますので是非ご覧ください。
データ資料はこちらです。

<本件に関するお問い合わせ先>

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC) 広報室
TEL: 03-3581-4761 FAX: 03-5521-5970
(土・日・祝日を除く10:00~17:00)

Get ADOBE READER

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

ページの上部に戻る