よくある質問

TOEIC® Listening & Reading Test・TOEIC Bridge® Test(テスト実施後)

【目次】 知りたいこと、お困りのテーマをお選びください

テスト結果の通知について

A:制度によって異なります。

IPテスト:
スコアレポート(個人成績表)とスコアロースター(成績一覧表)をご用意いたします。
インターネット申込の場合は、テスト結果をダウンロードいただくこともできます。(申込時に希望された場合のみ)
公開テスト団体一括受験申込:
TOEIC L&Rでは、公式認定証と、申込時に「テスト結果のダウンロード」をご希望された場合PDF形式のスコアロースター(成績一覧表)とExcel形式のデータファイルをご用意いたします。 TOEIC Bridge Testでは、公式認定証と紙のスコアロースター(成績一覧表)をお送りします。

A:あります。制度によって異なります。

IPテスト:
スコアロースター(成績一覧表)をご用意いたします。また、テスト結果をダウンロードいただくこともできます。(申込時に希望された場合のみ)
公開テスト団体一括受験申込:
TOEIC L&Rでは、申込時に「テスト結果のダウンロード」をご希望された場合、PDF形式のスコアロースター(成績一覧表)とExcel形式のデータファイルをご用意いたします。 TOEIC Bridge Testでは、紙のスコアロースター(成績一覧表)をお送りします。

A:TOEIC L&Rのみ可能です。「スコアレポート個人宛発送」として有料で提供しています。(申込時に希望された場合のみ)

A:制度によって異なります。

IPテスト:
IIBCデータセンターへのテスト資材到着日を1営業日目と起算し、5営業日目(土・日・祝日・年末年始を除く)に発送します。
公開テスト団体一括受験申込:
TOEIC L&Rは試験日から、30日以内に発送します。
TOEIC Bridge Testは試験日から、35日以内に発送します。

A:インターネットでお申し込みの場合は、結果ファイルをダウンロードできます。

TOEIC Bridge公開テスト団体一括受験申込:
結果ファイルをダウンロードしていただくことができません。

A:(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会がテスト資材を受領した日を1営業日目と起算して翌営業日の15時からダウンロードできます。

A:できます。ただし、提出先独自の指標を設けている場合があるため、スコアを活用する際には提出先へのご確認をお勧めします。

テスト結果の有効期限・再発行について

A:有効期限はありません。

ただし、再発行は解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限ります。

A:有効期限はありません。

ただし、再発行は試験日から2年間以内のものに限ります。

A:できます。「スコアレポート再発行」として有料で承ります。

ただし、解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限ります。

A:できます。「公式認定証再発行」として有料で承ります。

ただし、試験日から2年以内のものに限ります。

受験料について

A:制度によって異なります。

IPテスト:
受験料は実際の受験者数での請求です。
公開テスト団体一括受験申込:
お申し込みいただく受験者数での請求です。

A:制度によって異なります。

IPテスト:
請求書日付の翌月末日までに指定銀行へお振込みください(振込手数料は貴団体にてご負担ください)。
公開テスト団体一括受験申込:
試験日の約2週間前に請求書を発送します。試験日の翌月末までに指定銀行へお振込みください(振込手数料は貴団体にてご負担ください。)

データ・資料・教材について

A:各テストにおける受験者データ(受験者のスコア分布・業種別・所属別、学年別、アンケートデータなど)やテストを活用いただいている団体のさまざまな活用事例、調査データなど幅広く取り揃えております。

A:団体専用お問い合わせ先
東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222
までお問い合わせください。ご相談内容に応じ、資料などをご提供いたします。

A:あります。詳細は「公式教材・問題集」をご確認ください。

実施前によくある質問

実施後によくある質問

「テストの種類」「実施方法」「実施時の注意事項」など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。