TOEIC

志望企業が期待するスコアはクリア!?495~795点の就活生へ/コミュニケーションスキルもアピールしよう!/英語の実践力もアピールしたいなら、TOEIC Speaking & Writing Testsが効果的。“話す”“書く”の学習でTOEIC Testsのスコアもさらにアップできるかも!? 志望企業が期待するスコアはクリア!?495~795点の就活生へ/コミュニケーションスキルもアピールしよう!/英語の実践力もアピールしたいなら、TOEIC Speaking & Writing Testsが効果的。“話す”“書く”の学習でTOEIC Testsのスコアもさらにアップできるかも!?

DATA

人気業界を目指すなら、
スコアは最低でも600点!

企業が新入社員に期待するTOEIC L&Rスコアの平均は565点(2013年「上場企業における英語活用実態調査」より)。しかし実際の新入社員のスコアを業種別にみると、人気業界の平均はそれ以上。特に「鉱業」「石油」「商社」「マスメディア」「公共団体」の社員は、入社時に600点を超えるスコアを持っています。つまり、ライバルもそれに近いスコアである可能性が高いということ。人気業界で英語力をアピールしていくなら、600点以上のスコアを手に入れる必要があるのです。

新入社員・一般社員の業種別の平均スコア比較 出典:「新入社員・一般社員の業種別の平均スコア比較」TOEI Newsletter vol.122
差をつけるなら、TOEIC Speaking & Writing Tests も受験しよう!

「聞く」「読む」英語力を測定するTOEIC L&Rに対して、「話す」「書く」英語力を測定するTOEIC S&W。このテストでは、英語での電話やメールのやりとりなどを通して、意図を正しく伝えられるかどうかを測ります。なのでTOEIC S&WのスコアをTOEIC L&Rスコアと併せて提示することで、英語の実践力がアピールできるのです。しかも、「話す」「書く」学習もすることで、TOEIC L&Rスコアも伸びる受験生が多いとか。ライバルと少しでも差をつけるなら、TOEIC S&WとのW受験に挑戦しよう!

  • 先輩の声
  • 人事担当者インタビュー
  • 就活のプロのアドバイス
長文読解では
5W2Hを把握すること
目標点数にあわせた問題集選びを
江崎 万貴さん
明治大学 国際日本学部 人材業界内定
江崎 万貴さん

私の学部は「国際」という文字がついている以上、英語ができるのは必須条件だと考えていました。ですが、就活前の3年の6月にTOEIC L&Rを受けたところ605点しか取れず、自分が想像していたよりも低かったことに落ち込みました。そこで、自分の目標を730点と決めて、それに応じた解説書を購入し、あとは公式問題集を何度も解きなおしました。解説書は、目標とするスコアより若干低めのスコアをターゲットにしている本を選ぶことで、より内容が理解しやすく、リスニング問題を解く際にも自然に5W2Hが理解できるようになりました。リーディング問題については、時間がかかり過ぎてしまうことが課題だったので、時間配分を考えて、速読する練習を心がけました。

続きを読む
企業が反応を示す
900点台を目指し、
サクセスストーリーを
就職活動で語る
人材コンサルタント
常見 陽平さん
常見 陽平さん

外資や大手商社を志望するなら、TOEIC® Listening & Readingスコア900点を目指したい

近年では、多くの企業が「英語」を重要視するようになってきました。大手企業では、直接英語を使わない場合でも「意識をより世界に向ける」という意図で英語を導入するケースが見られます。一方、中小企業でも、海外とのやり取りなど実務として英語力を求めていることが多く、どちらの場合でも採用のポイントになりつつあります。その基準としてTOEIC L&Rのスコアを判断材料にしている企業も少なくありません。

  • 続きを読む

最終的に目指してほしいのは、900点以上です。企業がスコアで「あっ!」と注目するのは、実は900点くらい。外資系金融や大手商社の場合、実際にその程度の実力がないと実務を行う上で厳しいと思います。もちろん、入社後に伸ばすことも可能ですし、何よりも心身ともにタフであることが大事ですが。700点台から800点台への壁は想像以上に大きいと思いますが、その差は「リスニング」という人がかなり多いようです。洋画を日本語字幕なしで見てみたり、思い切って海外旅行や短期留学に行ってみたり、問題集だけでなく体験もプラスして楽しみながら耳を慣らしていくと効果的だと思います。

高スコアだけでなく、プロセスも評価される

就職活動では、高スコアまでの「プロセス」も重要視されます。人事は、勉強方法やスコアアップまでのストーリーをきちんと評価委してくれます。英語を使った仕事に対する熱意や、これからも英語勉強を継続していく意思を伝える「きっかけ」にもなります。エントリーシートの記入だけでなく、ひとつのチャンスとして活用していきましょう。

常見陽平

常見 陽平(つねみようへい)1974年 北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒
就職氷河期時代の就活を経て、1997年に株式会社リクルート入社。通信事業、とらばーゆ編集部を経て、トヨタ自動車との合弁会社である株式会社オージェイティー・ソリューションズ設立に参加。
帰任後はじゃらんnet編集部にて営業企画を担当。 2005年に玩具メーカーに転じ、新卒採用を担当。 2009年に株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。企業の新卒採用や、大学のキャリア教育や就職支援のコンサルティングを行う他、講演・執筆活動に没頭している。 また、実践女子大学、白百合女子大学、武蔵野美術大学などで非常勤講師を務める。
『就活の神さま』(WAVE出版)『くたばれ!就職氷河期』(角川SSC新書)など就活、キャリアに関する著書多数。

PAGE TOP

疑問解決!TOEIC L&Rガイド/TOEIC L&Rの申し込み方法は?結果がでるまでどのくらいかかる?英語試験が免除になるって本当?様々な疑問をここで解決します。疑問解決!TOEIC L&Rガイド/TOEIC L&Rの申し込み方法は?結果がでるまでどのくらいかかる?英語試験が免除になるって本当?様々な疑問をここで解決します。
エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC Programを受験しよう!エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC Programを受験しよう!
TOEIC L&R公開テスト
テストに申し込む
TOEIC S&W公開テスト
テストに申し込む