TOEIC

まだまだ上を目指したい 800点以上の就活生へ/TOEIC Speaking & Writing Testsでも目標スコアを! グローバルな活躍も夢ではない!?目標達成を目指す姿勢が良い評価にもつながるはず。テストに備えた計画的学習で、ライバルと差をつけよう まだまだ上を目指したい 800点以上の就活生へ/TOEIC Speaking & Writing Testsでも目標スコアを! グローバルな活躍も夢ではない!?目標達成を目指す姿勢が良い評価にもつながるはず。テストに備えた計画的学習で、ライバルと差をつけよう

DATA

国際部門への期待スコアは平均750点。
積極的にアピールしよう!

800点以上のスコアを持っているなら、その点数だけでもエントリーシートや面接で十分に英語力をアピールできるはず。たとえば、国際部門での業務遂行に必要なTOEIC L&Rスコアを700点以上とする企業はなんと約70%(700点~990点の合計)。期待スコアも平均で750点です。国際部門は、グローバル化が進むなかで多くの企業が特に力を入れている部門。そんな部署への配属も夢ではありません。入社前から、希望できる部署の選択肢が広がりそう。

グローバル化に伴う業務遂行に必要なTOEIC L&Rスコア(国際部門) 出典:2013年「上場企業における英語活用実態調査」
800点以上のスコアなら、 海外赴任の可能性も大!

TOEIC L&Rスコアを海外赴任者の選抜に利用している企業は30.3%(2013年「上場企業における英語活用実態調査」より)。将来的に利用を考えている企業も含めれば、今後60.1%の企業が海外赴任者選抜でTOEIC L&Rスコアを判断基準とするということになります。その基準となるスコアは平均で695点。全社員のなかでもごく一部となる海外部署への配属を希望するなら、695点以上なのはもちろん、可能な限り高得点を。現状にとどまらず、さらに上を目指して挑戦していこう。

※「TOEIC L&Rを海外赴任者選抜に利用するか」について「利用している」「利用することもある」と回答した企業の期待スコアの平均 出典:2013年「上場企業における英語活用実態調査」
TOEIC S&Wを受験して、就活も入社後も アピール!

英語4技能測定については、スピーキングのニーズが最も高い(2013年「上場企業における英語活用実態調査」より)。しかも半数以上の企業が、昇進・昇格の際にライティング能力とあわせて参考にしています。そこでおすすめしたいのが、TOEIC S&W。スピーキングやライティングの能力を測定してくれるテストだから、高スコアがあれば昇進・昇格のアピールにもなります。また就活時も、さらなる高得点を目指す向上心と学習姿勢をアピールできれば、採用担当者から好印象

  • 先輩の声
  • 人事担当者インタビュー
  • 就活のプロのアドバイス
ストレスのない勉強法で、
リスニングを徹底的に強化
中津留 隆さん
東京大学 法学部 第三類(政治コース) 自動車メーカー内定
中津留 隆さん

私にとってTOEIC L&Rは、自分の英語力を伸ばすための具体的な目標でした。もともと英語は得意ではなかったのですが、大学の寮で留学生と生活を共にしており、英語が必要な環境に置かれていたことが英語を学ぶきっかけだったのですが、語学は上達が目に見えにくく、モチベーションキープも難しかったため、点数としてわかりやすく表れるTOEIC L&Rが最適でした。

続きを読む
小さなミスを見逃さず
最高点を目指し、
実践的なTOEIC S&Wにも
挑戦しよう
人材コンサルタント
常見 陽平さん
常見 陽平さん

TOEIC® Listening & Reading Test900点以上を 意識して準備しよう

近年では、多くの企業が「英語」を重要視するようになってきました。大手企業では、直接英語を使わない場合でも「意識をより世界に向ける」という意図で英語を導入するケースが見られます。一方、中小企業は実務として英語力を求めていることが多く、どちらの場合でも採用のポイントになっていることは確かです。そして、その基準としてTOEIC L&Rスコアを判断材料にしている企業や、入社後にTOEIC®の受験を義務付けている企業が増えています。

  • 続きを読む

既に800点台をとっている方は、最高点を目指しましょう。企業が「あっ!」と注目するのは900点以上。外資系金融企業や商社の場合、実際にその程度の実力がないと、実務を行う上で厳しい現実があると思います。もちろん、これだけでなく心身ともにタフであることなども必要なのですが。900点台から最高点を目指すコツは、ミスをなくすこと。基本的なところでうっかりミスをして、惜しくも点を失っているという例は少なくありません。

TOEIC® Speaking & Writing Testsでさらなるアピールを

そして、次の段階として実務で必要な「話す」と「書く」をメインとしたTOEIC S&Wに挑戦してみてはどうでしょうか。英語で考えて伝える力、また文章として書く力は、実践的にも身に付けておきたい能力。TOEIC S&Wはまだ新しいテストなので、企業に説明する必要があるかもしれませんが、向上心の高さと好奇心旺盛というところを、人事にアピールしていきましょう。高スコアの背景にある努力は、きちんと評価されます。

常見陽平

常見 陽平(つねみようへい)1974年 北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒
就職氷河期時代の就活を経て、1997年に株式会社リクルート入社。通信事業、とらばーゆ編集部を経て、トヨタ自動車との合弁会社である株式会社オージェイティー・ソリューションズ設立に参加。
帰任後はじゃらんnet編集部にて営業企画を担当。 2005年に玩具メーカーに転じ、新卒採用を担当。 2009年に株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。企業の新卒採用や、大学のキャリア教育や就職支援のコンサルティングを行う他、講演・執筆活動に没頭している。 また、実践女子大学、白百合女子大学、武蔵野美術大学などで非常勤講師を務める。
『就活の神さま』(WAVE出版)『くたばれ!就職氷河期』(角川SSC新書)など就活、キャリアに関する著書多数。

PAGE TOP

疑問解決!TOEIC Listening & Reading Testガイド TOEIC L&Rの申し込み方法は?結果がでるまでどのくらいかかる?英語試験が免除になるって本当?様々な疑問をここで解決します。疑問解決!TOEIC L&Rガイド TOEIC L&Rの申し込み方法は?結果がでるまでどのくらいかかる?英語試験が免除になるって本当?様々な疑問をここで解決します。
エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC Programを受験しよう!エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC Programを受験しよう!
TOEIC L&R公開テスト
テストに申し込む
TOEIC S&W公開テスト
テストに申し込む