TOEIC

採用担当者にインタビュー! あなたの志望する業種ではどんな英語力が求められている?人事部インタビュー企業が求める英語力とは? 採用担当者にインタビュー! あなたの志望する業種ではどんな英語力が求められている?人事部インタビュー企業が求める英語力とは?

INTERVIEW

交流文化事業を
グローバルで推進
するために!
株式会社ジェイティービー
グループ本社 人事部
JTBユニバーシティ運営事務局
人財育成担当マネージャー・企画担当:坂野寿之さん
グループ本社 グローバル事業本部
人事企画担当:塚本綾乃さん
坂野寿之さん 塚本綾乃さん

新卒採用の際に、TOEIC® Listening & Readingスコアをどのように活用されていますか?

2013年度からエントリーシートにTOEIC L&Rスコアを記入する欄を設けています。英語力を特に重視しているわけではありませんが、コミュニケーション能力の一部として、エントリーシートに記載されたスコアを参考にしています。また、入社2年目を目安として海外で働くことを約束する「グローバルエントリー」という新しい採用形態を2015年度入社の方から開始したのですが、「TOEIC L&Rスコア750点以上」を応募要件の1つとしています。

就職活動時にどのぐらいの英語力を身につけておいてほしいですか?

英語はできるに越したことはありません。英語でのコミュニケーションができると、入社後に活躍できる幅が広がります。就職活動時にこのくらい、という基準はありませんが、英語に自信がないのであれば、学生のうちにできるだけ学習しておくほうが良いですね。

どのような業務で英語力が必要となりますか?

弊社では世界の人々の交流を促進する「交流文化事業」を進めており、2020年にアジアで名実ともにNo.1になることを目指しています。近年では、海外の国同士をつなぐビジネスも増えており、それに伴って英語を必要とする業務も増え、加えて国内でもあるお店では日によっては約4割が海外からのお客様になっています。また、海外のホテルなどを確保するための業務もありますが、英語での業務に支障がない社員が増え直接海外とのやりとりができるようになると、より業務が効率的になってきます。現在の部署では英語力が必要ない社員でも、将来的に必要となる可能性があります。

昇進、昇格、海外駐在者選抜などで、TOEIC® Listening & Reading Testを活用していますか? また社員の方にはどの程度の英語力を身につけて欲しいですか?

昇進、昇格の基準としてTOEIC L&Rスコアを設定しているグループ会社もあります。今後はグループ全社でそうした基準を導入する必要もあるかも知れません。社員には、まずは、英語のメールでやり取りができるスキルを身につけて欲しいと思っています。さらに会話でのコミュニケーションもできれば理想的です。そういう意味では、英語力を測る基準として、TOEIC L&Rだけでなく、スピーキング、ライティングの英語力を測ることのできるTOEIC S&Wも重視すべきだと考えています。

グローバルエントリー制度以外にも、入社4年目以降の社員が応募できる「海外派遣制度」があります。その選抜の際には、英語面接を行うなどして、英語力を測っています。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

弊社が行っている「交流文化事業」は、ツアーを企画したり、宿泊やチケットを手配するだけでなく、JTBグループの持つ多彩な事業展開で、様々なお客様の目的達成や課題解決することを目的としています。こうした事業を一緒に推進していきたいという意欲を持った方に、ぜひ入社していただきたいと考えています。これから益々グローバルなビジネスが増えていきますので、英語力をつけること、そして、できるだけ学生時代に海外旅行や短期留学などで海外経験を積んでおくことをおすすめします。また、就職活動においては、内定獲得をゴールにするのではなく、ぜひ入社後のキャリアをしっかり見据えて、どうスキルをつけていくかを考えてみてください。私たちはそのような目的意識を持って、自ら考え、行動できる学生のみなさんに、門戸を広げてお待ちしています。

PAGE TOP

エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC L&Rを受験しよう!エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC L&Rを受験しよう!
TOEIC L&R公開テスト

テストに申し込む
TOEIC S&W公開テスト

テストに申し込む