TOEIC

採用担当者にインタビュー! あなたの志望する業種ではどんな英語力が求められている?人事部インタビュー企業が求める英語力とは? 採用担当者にインタビュー! あなたの志望する業種ではどんな英語力が求められている?人事部インタビュー企業が求める英語力とは?

INTERVIEW

最近では売上の50%以上が海外。
開発や管理部門でも英語を使う
機会が増えています
ピジョン株式会社
人事総務本部 人事総務部 人事グループ
マネージャー 庭田平さん
釜萢建児さん
白須悠希さん
庭田平さん 釜萢建児さん 白須悠希さん

新卒採用の際に、TOEIC® Listening & Readingスコアをどのように活用されていますか?

TOEIC L&Rスコアや英語のスキルを選考時に確認させていただいておりますが、応募時の英語レベルを把握するためのもので、採用・不採用にTOEIC L&Rスコアが影響することはありません。これから英語力の向上に取り組みたいという意思があれば、応募時の英語力が低くても問題はありません。

海外事業の比率が高いと伺っていますが、どのような業務で英語力が必要となりますか?

たとえば海外事業本部では、入社1年目から貿易の基礎を学び、代理店とのやり取りを英語のメールで行います。海外の銀行が発行しているL/C(信用状)やインボイスを確認するなど、慎重さが必要な業務でも英語力が求められます。その後、営業やマーケティングの仕事をするようになると、メールだけではなく、電話会議やテレビ会議、海外出張など、英語で直接コミュニケーションをする機会が増えます。

海外事業本部以外でも英語を使う機会はありますか?

開発や購買関連の部署でも、英語を頻繁に使います。また、経理・財務や人事など管理系の仕事でも、英語でやり取りをすることが多くあります。最近では売り上げの50%以上が海外ということもあり、IRや広報でも英語を使う機会が増えています。

昇進、昇格、海外駐在者選抜などで、TOEIC® Listening & Reading Testを活用していますか?

今のところ、昇進、昇格や海外駐在者の選抜などには活用していません。海外駐在者を選抜する際には、ある程度の英語力が求められますが、実際には、仕事ができることを優先しています。

社員の方にはどの程度の英語力を身につけて欲しいですか?また、英語力向上に向けたサポートなどはありますか?

正社員400名のうち半分の200名が600点以上を取ることを目標としています。
社員の英語力向上をサポートするために、英語力のレベルによって初級・中級・上級のレベル別集合研修を実施しています。その他、通信教育の受講支援をしたり、e-learningを用意したり、40歳未満の社員が毎年1回TOEIC L&Rを受験することができる機会も設けたりしています。

また、留学制度・インターンシップ制度もあります。留学制度を活用すると、英語のスキルアップのために3ヶ月間海外にホームステイをしながら大学などに通って語学力を磨くことができます。インターンシップ制度では海外の子会社に駐在し、英語で就業体験をしてもらいます。この制度は立候補制となっており、レポートや所属長の推薦などにより選抜され、年間1~2名が派遣されています。

TOEIC® Speaking & Writing Testsも活用されていますか?

集合研修の際、中級・上級クラスでは、講義が会議の進め方や英語でのメールの書き方などより実践的な内容になります。その成果を測るためにTOEIC S&Wを活用しています。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

当社の商品は、赤ちゃんやマタニティ、高齢者の方に向けた商品がほとんどですので、商品を通じて社会に貢献をしたいという方がたくさん応募してくださいます。ぜひ、その思いを入社後も忘れずにいてほしいと思います。仕事を始めると、時には厳しいこともありますが、何事にもチャレンジしていける方・目標に向かって頑張れる方には多くのチャンスがある会社です。周囲の人を巻き込み、協力しながら目標達成に向けて頑張っていける方にはぜひチャレンジして欲しいと思います。海外での売り上げ比率も増加していますので、グローバルに活躍するチャンスが多分にあります。そのような志を持った方にもぜひ入社していただきたいと思います。

PAGE TOP

エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC L&Rを受験しよう!エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC L&Rを受験しよう!
TOEIC L&R公開テスト

テストに申し込む
TOEIC S&W公開テスト

テストに申し込む