TOEIC Bridge® Test体験談

呉 礼恩さんの写真

呉 礼恩 さん

明治大学付属中野高等学校 1年生

スコア
TOEIC Bridge® Test:
160点(L:80点 R:80点)

掲載内容および所属は取材当時のものです。現在とは異なる可能性がございます。

英語との出会い

父は日本生まれの中国人で、小さい頃からインターナショナルスクールに通っていたので、英語が完璧に話せます。僕は、そんな父から、2歳くらいの頃にはもう英語の発音を習っていました。夜、寝る前のひとときですが、アルファベットや数字を一緒に発音するのです。簡単な会話も教えてもらいました。そのおかげで今、英語を正確に発音することができると思いますし、リスニングにも役立っていると思います。

TOEIC Bridge® Test受験の感想

高校1年に上がってすぐ、4月に初めて受験しました。何を言っているのかは全部わかったので、問題の内容なども理解できました。でも、わからないところはなかったけれど、簡単でもなかったです。リスニングでもミスをしているし、リーディングは苦手ということもあって難しかったです。160点というスコアは、まぐれだとも思いますが、満足もしてないです。

学校での英語学習について

文法の知識を身に付けた上で、しっかりとした英文を書けるようにすることと、正確に発音することを指導されています。正確に発音できていないと、ちゃんと聞き取ることもできないからです。だから、英語の発音はしっかり勉強して、聞いたらすぐにそれを書けるくらいにしています。

次回TOEIC Bridge® Testの目標点

今回、リスニングもリーディングも80点だったので、両方とも最高スコアにして、180点を取りたいと思っています。そのためには、長い文章もたくさん読んで、苦手なリーディングを頑張りたいと思います。あと、もし来年180点を取れたら、3年生のときには、TOEIC L&Rを受けてみたいです。

将来について

プロ野球観戦が好きなので、もし英語力を活かすことができるなら、エージェント(契約交渉代理人)になりたいです。そして、メジャーリーグを目指して旅立つ日本人選手の役に立ちたいですね。

TOEIC Bridge® Testの体験談を読む

呉 礼恩 さんの写真

苦手なリーディングを克服して、最高スコアを目指したい!

TOEIC Bridge® Test:
160

呉 礼恩 さん

明治大学付属中野高等学校 1年生

出川 優香 さんの写真

英語の勉強を、将来の夢へとつなげたい!

TOEIC Bridge® Test:
138

出川 優香 さん

東京農大第一高等学校中等部 3年生

TOEIC Bridge® Testについてはこちらをご覧ください