New Compass Lab 2019

コンセプト ~こころの地図を描き、新たな未来をつくる~

AI/デジタルの時代、テクノロジーは日進月歩で進化していきます。
しかしながら、その対極にある「こころの取り扱い方」について体系的に学び、実践的な技術を身に着ける機会は限られています。

社会を前進させるために日々努力している大人たちに有力な武器を配りたい。その想いから、New Compass Labが結成され、2019年11月9日(土)、主にNon profit、教育、政治行政、若者に向けた、チーム参加型ワークショップを開催します。

最も効果的なリーダーの成長支援手法の一つである“ITC: Immunity To Change”を、その開発者である成人発達理論の大家、ロバート・キーガン教授(ハーバード大学教育学大学院)の直接指導のもと体験する場です。

IIBCはこの想いに賛同し、上記イベント開催を支援しています。
主催:New Compass Lab 実行委員会
協賛/協力:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)ほか

開催概要

  • 開催日時:2019年11月9日(土)12:30~18:30(11:30~受付開始)
  • 内容:ロバート・キーガン氏と共に、同氏が開発した成人の行動変容理論「Immunity To Change」(ITC)を体験するワークショップ
  • ゲストスピーカー
    ロバート・キーガン 氏 ハーバード大学教育学大学院教授、発達心理学者
    小林 りん 氏 ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事
    太田 雄貴 氏 国際フェンシング連盟 副会長、公益社団法人日本フェンシング協会 会長
  •   
  • モデレーター:丸山 泰史 氏 エゴンゼンダー東京オフィス代表、New Compass Lab Lab長
  • 開催場所:虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB(4F)
    https://forum.academyhills.com/toranomon/access/
  • 参加対象者
    ・自分の行動を変えたい、課題と向き合って成長したいと強く願う方
    ・自分が変わることで、周囲に大きな影響を与えられる方(組織の長など)
    ・他人の成長を助けたい、そのためのツールを習得したいと願う方
  • 入場条件:事前申込制・チーム(3名)単位参加
  • 参加費
    社会人チーム(3名様分)21,000円
    学生チーム(3名様分)無料
  • 使用言語:日本語(英語同時通訳)
  • ご参加に当たってのお願い:
    ①自分にとって重要な課題 (行動目標:人に任せることが出来ない、Noと言えない、等)を事前に特定し、持参下さい
    ② チーム(ご自身を入れて3名)でご参加下さい。当日、必ずチームで揃って出席下さい(やむを得ない理由を除く)
  • 申込み受付期限:2019年10月18日(金) 18:00
    ※応募者多数の場合は主催者側にて選考の上、結果をご連絡いたします。
    <申込み受付は終了しました。>

ゲストスピーカー

2019年11月9日開催New Compass Lab 2019 ゲストスピーカー ロバート・キーガン 氏

ロバート・キーガン 氏


ハーバード大学教育学大学院教授、発達心理学者
40 年あまりの研究・執筆活動・理論の実践を通じて、人が成人以降も心理面で成長し続けることは可能であり、現代社会のニーズにこたえるためにもそれが不可欠であるという認識を広めてきた。授与された名誉学位や賞は多数。共同研究者リサ・ラスコウ・レイヒーとともに変革プログラム「ITC: Immunity to Change」等の手法を構築し、多くの個人、民間企業、公的機関にコンサルティングを提供。人・組織の持つポテンシャルの解放に長らく従事してきた。2014年の初来日を皮切りにこれまで4回来日。京都妙心寺退蔵院において禅を経験。

2019年11月9日開催New Compass Lab 2019 ゲストスピーカー 小林 りん 氏

小林 りん 氏


ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事
1974年東京都生まれ。日本の高校を1年生までで中退し、カナダの全寮制インターナショナルスクール、UWCピアソン・カレッジに留学。同校を卒業後、東大経済学部を経てスタンフォード大学院で修士号を取得。国際協力銀行(JBIC)、国連児童基金(UNICEF)で勤務した後、2009年にISAK設立準備財団(現在は学校法人)の代表理事に就任。著書に「不完全なリーダーが、意外と強い。」(角川書店、2014)がある。

2019年11月9日開催New Compass Lab 2019 ゲストスピーカー 太田 雄貴 氏

太田 雄貴 氏


国際フェンシング連盟 副会長、公益社団法人 日本フェンシング協会 会長
1985年11月25日生、滋賀県出身。平安中学・平安高校(現:龍谷大学付属平安中学・高校)、同志社大学出身。小学校3年生からフェンシングを始め、小学、中学、高校と全国大会を連覇。高校2年生で全日本選手権優勝。2008年 北京オリンピック 個人銀メダル獲得。2012年 ロンドンオリンピック 団体銀メダル獲得。2015年 フェンシング世界選手権 個人金メダル。2016年 リオデジャネイロオリンピックにも出場。日本人で初めてとなる国際フェンシング連盟 理事に就任し同年に現役引退。2017年6月、公益社団法人 日本フェンシング協会理事に就任。2017年8月、公益社団法人 日本フェンシング協会会長に就任。2018年12月、国際フェンシング連盟 副会長に就任。

モデレーター

2019年11月9日開催New Compass Lab 2019 ゲストスピーカー 丸山 泰史 氏

丸山 泰史 氏


エゴンゼンダー東京オフィス代表、New Compass Lab Lab長
1981年長野県生まれ。東京大学理学部卒業、東京大学大学院情報理工学修士。前職マッキンゼーでは東京及びフランクフルトオフィスに在籍、国内外大企業向け経営コンサルティングに従事。2010年INSEAD MBA with Distinction 取得。2012年エゴンゼンダー入社。ハーバード大キーガン教授に師事、教授の開発した心理手法を活用し、日系大手企業の社長、社長後継候補へのコーチング、組織変革コンサルティングを提供。2018年東京オフィス代表就任。2019年グローバル経営メンバー就任(アジア地域及び人事領域担当)。米国Institute of Coachingフェロー。Certified ITC Coach。中高・大学生に向けた講義の提供にも携わる。

New Compass Labとは

New Compass Lab(以下、NCL)は、AI/デジタル時代により重要となる「大人のこころの成長」を実現することにより、社会を前進させることを理念とする実践型・社会実験集団です。NCLは、自らが個人として成長することを通じて社会をより良いものにしたいと思う人々が集い、各人の人生に合ったペース・方向性で、個人の成長を実現する安全・安心な実験場として存在します。同時に、この実験で得られた学びを社会に活かすべく、ハーバード大学教育大学院ロバート・キーガン教授の提唱するITC(Immunity to change)など、世界最先端の手法を用いた「実験」を通して、個人、組織そして社会の新たな「指針」を見出すことを目指しています。NCLは、発起人であるエゴンゼンダー東京代表の丸山泰史氏の呼びかけのもと、理念に共感した社会人および学生によりオープンに構成されています。2019年8月設立。現在約30名のLabメンバーが所属。

ページの上部に戻る/Back to TOP