世界は、あなたでつながる。 IIBC Town

この街には、世界で夢を叶えたい人たちが住んでいます。
あなたもIIBC Townの一員になりませんか?

IIBC Town

IIBC Townの住人達

  • 焙煎 豆子
  • 歌川 球介
  • 羽衣 絹恵
  • 権具 鳴美
  • 南国 善吉
  • 轟 輪太郎

焙煎 豆子

初めて受けたTOEIC® Listening & Reading TestTOEIC® Speaking & Writing Tests

結果は目標の7割くらい…。

NYでチーズケーキ修行をするには、
せめてTOEIC® Listening & Reading Testは600点、
TOEIC® Speaking & Writing Testsはそれぞれ130点くらい取りたいな。

へこんでいる私を見かねて、
夏にインスタで知り合った日本在住アメリカ人のメアリーが、
「オンラインお茶会をしよう!」って声をかけてくれたの。

当日、お茶会に参加してみると、そこにはいろんな国の人たちが集まってた!
メアリーってこんなに顔が広かったんだ!

海外サッカーが好きで、現地のサポーターと一緒に、
なんとかっていう歌を歌うのが夢だっていう日本人男性もいたっけ。
最初は緊張したけど、気づいたらカタコトでも楽しく英語をしゃべってた。

完璧にしゃべれなくても、こんなに楽しいんだってわかったよ。
なんだか元気が出てきた!

英語をしゃべることの楽しさに目覚めた私は、
IIBCが主催するENGLISH CAFÉに参加することに。
このイベントは、「Enjoy Communication」がコンセプト。
みんなで楽しく英語で会話していると、人の輪がどんどん広がっていく。
英語が話せると、世界が広がるんだって実感したな。

ついこないだまでは、TOEIC® Testsの結果にへこんでいた私。
だけど、海外の人とのコミュニケーションを通して、
実際の会話でもTOEIC® Testsで出てきた表現や単語
使われていることに気づいたの。

そしたら勉強するのがもっと楽しくなったわ!

やる気の高まっているうちに公式教材を購入して、受験の準備を再開。
次こそは目標のスコアをクリアして、チーズケーキ修業を実現してみせる!

これまでのストーリー

子どもの頃にお父さんと一緒に食べた、
しっとりなめらかなチーズケーキの味が忘れられなくて、このお店に飛び込んだ私。

アルバイトから社員になり、ついに店長を任されることに!

まだ誰にも言ってないけど、
将来はこのお店に負けないチーズケーキとこだわりの焙煎コーヒーを出す
小さなカフェをオープンしようと思ってる。
もうすぐ30歳、夢に向かってそろそろ準備しないと。

できれば20代のうちに、
本場ニューヨークへチーズケーキづくりの修業に出てみたい。
チーズケーキづくりの腕は誰にも負けない自信があるけど、
問題は言葉の壁。

こないだも、アメリカ人(たぶん)の女性がお店に来てくれたんだけど、
「OL ラブ ディス ケーク ウィズ アイス トッピング!」
っておすすめしたけどキョトンとしてた。

現地で修業(チーズケーキの食べ歩き含む。笑)となったら、
お店のスタッフやお客さんと
コミュニケーションをとったりするのに、
それなりの英語力が必要だよね。

聞く、読む、話す、書く……すべてのスキルが求められるから、
TOEIC® Listening & Reading Test と
TOEIC® Speaking & Writing Tests、
両方受けてみようと思ってる。

夢をかなえるために頑張るぞっ!

私のインスタは、休みの日に行ってみた気になるカフェや、
自宅で焼いたチーズケーキの写真がたくさん。

特に、手作りチーズケーキの写真は、自分でいうのもなんだけど、
プロのカメラマンが撮ったみたいで、毎回たくさんのいいね!をもらっている。

キャプションもちゃんとつけて、先月から英語のコメントも追加したら、

『チーズケーキに対する熱い思いに感動した!』
ってNY出身、日本在住のアメリカ人女性からメッセージをもらっちゃった。

返信をしてからやり取りが始まり、ここ数週間、
国内やNYのおすすめカフェやチーズケーキのお店について情報交換をしている。

最初は慣れない英語に苦戦して、一つのメッセージを返すのもかなり時間がかかっていたけど、
最近は短い時間で返信ができるようになった。
あと、前よりスムーズに新しい英単語が覚えられるようになってきた気がする。

英語の勉強の調子が出てきたから、やる気を継続させるためにもと、
TOEIC® Listening & Reading Test と TOEIC® Speaking & Writing Testsの受験の申し込みも完了!

そういえばTOEIC Programを日本で運営しているIIBCは、いろんな地域で期間限定のENGLISH CAFÉを時々開いてるみたい。私の街にも来ないかな。

今までは苦手意識からなるべく避けて通りたいって思っていた
海外からのお客さんとのやり取り。
「本格的にNYを目指すぞ!」と心に決めて、
TOEIC® Listening & Reading Test TOEIC® Speaking & Writing Tests
受験の申し込みをして以来、なるべく率先して話しかけて対応するようにしている今日この頃。

気が付くと私が勤めるお店にだって
1日に3~5人は海外からのお客さんが来ている。

今年この街に引っ越してきたという、
最近よく来てくれるイギリス人女性と会話するようになった。
駅前にある英会話学校の先生をしているらしい。
外国人のお客さんとの話は、トピックが多岐に渡るから面白い。

ちょっと困るのが日本について聞かれたり、日本語について質問されたりした時、
あまりきちんと答えられないこと。
おいしいチーズケーキのことなら何でも答えられるんだけどなぁ。

そうそう、この間私と同年代の日本人のお客さんで、
外国人のお友達と来店した方とお話ししたの。
北欧食器のお店を開くために北欧へ買い付けに行って準備をしている話を聞いちゃった。

英語力は私と同じくらいだったけど、もう実行に移しているんだ。

私も頑張らないと!

そんな 豆子におすすめプログラム

  • TOEIC L&R 「聞く・読む」英語力を測定しよう!
  • TOEIC S&W 「話す・書く」英語力を測定しよう!
  • IIBC ENGLISH CAFÉ T楽しく英語でコミュニケーション!期間限定カフェ

歌川 球介

サッカーファンが集まる近所のパブ。
英会話学校で知り合ったJohnと、レッスン後に通っているうちに、
サッカー好きの外国人仲間が増えてきた。

みんな英語がネイティブってわけじゃない。
それでもフランクに話しかけてくれるし、サッカー談義では国籍を越えて大盛り上がり。
そうか、カタコトの英語を気にしているのは俺だけだったんだ!

それからというもの、マンネリ化していた英会話がウソのように楽しくなった。
TOEIC Bridge® Speaking & Writing Testsの勉強にも自然と力が入って、
先日のテストでは最高点が100点のところ75点を取ることができた。
思わず『You'll Never Walk Alone』を歌ってしまった。

来年は、中~上級者向けのTOEIC® Speaking & Writing Tests両方レベル6を取るぞ。
そうそう、TOEIC運営団体のIIBC公式サイトでTOEIC® Speaking & Writing Testsのことを
調べていたら、
「Leader's Voice」っていうコーナーに、島津製作所の社長のインタビューが載っていたんだ。

社長も30代のころ、海外という未知の世界で苦労したんだって。
勇気がもらえる記事だったな。

そういえば最近、アメリカ人女性とパブで仲良くなったんだ。
笑顔がキュートで、歳も近い。
もっと英語がうまくなって、
いつか「一緒にリバプールの試合を観よう」って誘うんだ!

これまでのストーリー

中学、高校とサッカー漬けだった。
趣味は海外サッカー観戦で、
特にプレミアリーグのリバプールの大ファン。

夢は聖地アンフィールドで現地のサポーターと一緒に「You'll Never Walk Alone」を歌うこと。
…なんだけど、
昔から英語は大の苦手で外国人に道を聞かれた時も笑顔で逃げてたな。(苦笑)

半年前から夢のために、
一念発起して会社帰りに英会話教室に通い始めた。

TOEIC® Programでは就職活動の時に
TOEIC® Listening & Reading Testを受けたことがあるだけ。
先日、腕試しのつもりで
TOEIC® Speaking & Writing Testsを受験したけど、
難しすぎて玉砕。

Speakingテストは最初の読み上げ問題以外は終始無言、
Writingテスト最後の問題は何も書けないままパソコンの前で固まってた。

TOEIC® Testsなんて、もう二度と受けるか。
英会話も最近マンネリ気味だしやめようかな。」と考えていたら、
英会話の先生から新しく
TOEIC Bridge® Speaking & Writing Tests
というテストができたことを聞いた。

「英語初級者から中級者が対象」「日常生活がテーマ」「公式教材もある」
と聞いて、何となく自分にもやれそうな気がしてきた。
やっぱり夢を諦めたくない。

よし!もう一度、頑張ってみるか。

マンネリ化していた英会話学校。
TOEIC Bridge® Speaking & Writing Testsの受験という新たな目標ができたものの、
勉強自体は地道なプロセスの積み重ね。

効果もすぐには見えにくいし、仕事でたまに英語のメールが届いても、
ネットの翻訳機能を使えばおおまかな事は足りるし・・
と、また心が折れそうになりつつあった時、
担当の講師が国に帰るということで、代わりの講師がやってきた。

イギリス出身で、リバプールファンであることが判明。
一気に話が盛り上がり、サッカーについて語るため、
授業後に一緒にカフェに行くのが最近習慣になっている。

記憶に残る名プレーについて動画を見ながら話し合っていると、
『この動画サイトは他の人が書いたコメントを読むのがまた面白い』と、
ナイスコメントをいくつも紹介してくれた。

英語だからとスルーしていたが、読んでみると意外と意味が分かり、
最近では動画以上にコメントを読むためにサイトを訪問している。

『確かに、あのゴールはあのアシストのおかげだよな』
『あの選手は本当に先シーズンは活躍してたよな』
自分の思いを代弁、いやそれ以上に的確にチームを洞察するコメントがたくさんあり、
気がつくと1時間でも2時間でもコメントを読んで時間が過ぎている。

英語がわかるとやっぱ楽しみが広がるかも。
よし!今日も頑張って勉強するか!

『You'll Never Walk Alone』のメロディーが最近頭の中でヘビロテ再生されている。
これは英語で言えば“exciting”なことが最近起こったから。

一つ目は、すっかりハマっているリバプール傑作プレー動画のコメントウォッチング。
動画の下にあるコメント欄(ほぼ英語)をひたすら読んで、気に入ったコメントに「いいね!」するということなんだけど。

たまに、英語のノン・ネイティブと思われる人のコメントで、この英語おかしくない?
というものがあるが、そんなコメントにも「いいね!」が結構ついている。

昨日、自分も辞書ツールの助けを借りてコメントを書いてみたら、
今朝、「いいね!」が10個もついていた!
よし! You'll Never Walk Alone♪

もう一つが、同じくリバプールファンの新担任Johnに出会わせてくれた英会話。
レッスンは TOEIC Bridge® Testsの教材を使って、
マンツーマン形式で教えてもらっている。
レッスンが終わると、馬が合うJohnとはパブでサッカーの話で盛り上がる。

これだけでも英会話に行くのが充分に楽しくなった。
さらに先週、レッスン後にパブで一緒に飲んでいたら、Johnが「来年は休みに国に帰る。
帰国中、球介もイギリスに遊びに来ないか?」と誘ってくれたのだ!

その時、現地のサポーターと一緒に『You'll Never Walk Alone』を
歌うビジョンが見えた……。

よし! You'll Never Walk Alone♪

そんな球介におすすめプログラム

  • TOEIC Bridge L&R 日常生活の「聞く・読む」英語力を測定しよう!
  • English Upgrader+ 英語力アップのための音声や文例集が満載!
  • TOEIC 公式教材・問題集 テストを開発しているETSが制作

羽衣 絹恵

来年、マネージャーとして赴任することになったロサンゼルス支店。
視察のため、早速現地へ飛ぶことになった。

現地の責任者は、サリーという女の子。
電話ではネイティブの英語に押されてついドギマギしてしまったけど
会ってみたらフランクで、かわいらしい人だった。

日本の本店限定で販売している、私がデザインした絹のワンピースも、
「すごくかわいい!きっとアメリカでも売れるよ!」ってほめてくれた。

こんなふうに、少しずつ「和」の文化がロサンゼルスに広まるといいな。
いずれはアメリカを横断して、ニューヨークにも支店が出せたら……。
野望はふくらむばかり!

仕事の打ち合わせが一段落して、カフェでお茶していたら、
サリーがインスタを見せてくれた。
日本にすごくおいしいニューヨークチーズケーキを出すお店があって、
そこの職人さんとインスタを通じて知り合ったんだって。
よく見ると、私が住んでいる街のカフェじゃない!

まさか海を越えて、アメリカで話題になっているなんて思ってもいなかった。

ちなみにその職人さんは、私より少し年下の女性なんだって。
私もそんな世界につながる仕事ができたらいいな。
仕事の内容は違うけど、その職人さんとは通じ合うものがあるかもしれない。

いつか会ってみたいな。

これまでのストーリー

ひいおじいちゃんの代から続く呉服屋の娘として生まれた私は、
大好きな『和』の文化を世界に広めるのが昔からの夢。

だから、いま勤めているアパレル会社が『和』をコンセプトにした
自社ブランドを立ち上げ、ロサンゼルスに初出店する
という計画を知ったときは、
真っ先に手を挙げたわ!

だってTOEIC® Listening & Reading Testのスコアは
社内の誰にも負けてないって自信があったの。

ショップマネージャーに選ばれるのは私だろうって思い込んでワクワクしていたの。
ところがびっくり!
ショップマネージャーの選抜は
TOEIC® Speaking & Writing Testsのスコアで決めるんですって。

たしかに聞く、読むというインプットだけではやっていけない仕事。
というわけで、慌てて公式教材を買って
TOEIC® Speaking & Writing Testsの勉強を始めたところ。

そんな私のモチベーションを高めてくれるのは、
公式教材を出しているIIBCのホームページで見つけた
『Global Frontline』。
グローバルな世界で活躍している人たちの熱い言葉に、
やる気がみなぎってくるの。

最新インタビューはスペースデブリ(地球の周りのゴミ)を除去する
人工衛星開発に携わる小林裕亮さん。

スペースデブリって
東京から大阪までを1分で到達できるほどの速さで移動してるなんて驚き!
そんなものが衛星に当たったら確かに困るわよね。
小林さんはいろいろなチャレンジをして今のお仕事にたどりついたそう。

私も『和』を世界に広めるっていう夢をかなえるためLAでチャンスをつかむの。
頑張れよ、って背中を押してもらった気分。

何だかできる気がしてきた!
TOEIC® Speaking & Writing Testsで高得点をGetして
アメリカに羽ばたくわ!

ひいおじいちゃんの代から続く実家の呉服店。

同業者の誘いを受けて、海外で日本文化を紹介するJAPAN EXPOに参加することになったので、
大会の主催者と英語でやり取りしてほしいと両親から連絡が。

TOEIC® Listening & Reading Testでは800点台のスコアを持っているけど、
思えば英語でメールのやり取りなんてほとんどしたことがなかったわ!

どうやって書き始めるとよいのかしら。

ネットで英文ビジネスメールの書き方を調べながら
必死でコミュニケーションをしていたら、
心配なんか必要なかったくらい、ちゃんと意図が相手に通じてるじゃない?

だんだん自信がついてきたわ。
くじけそうになったら、すっかり愛読するようになったIIBCのGlobal Frontlineで、
社費派遣にてコロンビアビジネススクールに留学された田中晶子さん

“「成功」の対義語は「挑戦しないこと」 果敢にチャレンジすれば世界は広がる”

を心の中で呟いているの。
私は『失敗は避けたい!!』
って尻込みしてしまうことがあるけど、この言葉には、
『失敗してでも挑戦して行くことが必要な時もある』って応援してもらえる気がするの。

この数か月、英文のやり取りや、海外ドラマを見たりで
かなり英語漬けになってるから、
来月に受験するTOEIC® Speaking & Writing Tests、
どれくらいのスコアになるか・・・緊張するけど楽しみだわ!

8月に受けたTOEIC® Speaking & Writing Testsの結果が、先週届いた。
Speakingが最高点200点のところ160点、Writingが170点。

これっていいほうなんじゃない?

そして今朝、会社に着いたら同期の綿美からいきなり、
「絹恵、おめでとう!」って声をかけられたの。
「なんのこと?」って聞き返したら、
私のロサンゼルス支店のマネージャー就任が決まったんだって!

こんなにトントン拍子で進むとは思ってなかったから、ちょっとびっくり。
あとから上司に聞いたら、TOEIC® Speaking & Writing Testsのスコアが決め手になったんだって。

頑張って勉強した甲斐があったわ。
そして部長から、「IIBCが開催している、地球人財創出会議にも参加してみたら?」って勧められたの。部長自身も、初めて海外赴任が決まった時に参加して、すごく刺激になったんだって。

地球人財創出会議では、
国際的に活躍しているゲストスピーカーの興味深い話を聞くことができた。
参加者とのインタラクティブセッションも設けられていて、
異業種の方との意見交換ができ、すごく勉強になったわ。

その時隣に座っていたのは、高校で英語の先生をしている人だった。
BMXの選手を目指している息子さんがいて、彼も今、英語を頑張ってるんだって。

若いのにすごいなあ!
私も、大好きな「和」の文化を世界に広めるために、もっと英語を頑張るぞ。

そんな絹恵におすすめプログラム

  • TOEIC S&W 「話す・書く」英語力を測定しよう!
  • Global Frontline 世界で活躍する人々の熱い言葉が満載!
  • TOEIC 公式教材・問題集 テストを開発しているETSが制作

権具 鳴美

あと3か月に迫った、アメリカ短期留学。
選考をパスするには、主要な英語テストのスコアを提出する必要があるみたい。
それでこの間、TOEIC® Listening & Reading Testを受けてみたら……

選考基準となるスコア600点をクリアして、660点も取れた!
公式教材の『公式TOEIC® Listening & Reading プラクティス リスニング編/リーディング編』で勉強したのがよかったんだと思う。

あとは、グレート・シュリケンへの愛かな~。

「頑張って勉強して、シュリケンに会うんだ!」って思ったら、自然と気合いが入った。
趣味でも仕事でも、夢を叶えるために目標を持つのって大切よね。

自信がついたから、次はTOEIC® Speaking & Writing Testsにもチャレンジしてみるつもり。

英語に触れる機会を増やしたくてTOEIC公式サイトを見ていたら、
公式アプリ『TOEIC® presents English Upgrader』を発見。
早速ダウンロードしてみたの。
ビジネスや日常生活などのシチュエーションで使われるフレーズを聴けて、
移動中の勉強にも便利。

そうそう、Samartが誘ってくれた国際交流イベントのボランティアも楽しかったな。
私は会場案内の担当で、いろんな国の人と話すことができた。
英語は世界の共通語だなって、つくづく感じたよ。

東南アジアのブースでは、海外移住が夢だという日本人夫婦に会った。
いくつになっても夢を持ち続けるって素敵!

私も将来、こんな夫婦になりたいな~。

これまでのストーリー

今日は実習先の患者さんから趣味を聞かれて答えに詰まってしまった。

プロレス好きなナースに看病されるのは、
突然技かけられたりしそうで怖いかな~って。

でも、本当はプロレスが大・大・大好き!
私の一押しレスラーはグレート・シュリケン。
忍者マニアのアメリカ出身・覆面レスラー。

マイクを向けられた時に話す片言の日本語と、素顔は見たことがないけど、
彼が醸し出す紳士な雰囲気が好き。

インドネシアから留学している同級生のDiahも彼にハマってる一人。
来年には、2年ごとに開催される交流試合で
グレート・シュリケンが来日するから、会えるのが楽しみ!

当日のサイン会でグレート・シュリケンと話せるように
もっと英語の勉強しなきゃ!

新日本プロレスのハロルド・メイ社長のインタビュー記事を読んでたら、
TOEIC® Programのリンクにたどり着いた。

そういえば
高校の時にTOEIC® Listening & Reading Test 受けたっけ。
いつか本国アメリカでグレート・シュリケンの試合を観戦したいな。

この間、やっとチケットが取れて同級生のDiahと一緒にプロレス観戦に!
生で試合を見られるのは久しぶり。

二人でプロレス談義や、推しレスラー達のインスタでの私服や、
プライベートの投稿について盛り上がりながら歩いていたら、
会場の近くで東南アジアからの留学生に話しかけられた。

同じ試合に行くところだったけど、道に迷って、
Diahを見つけて英語が通じるかもって思ったみたい。

会場まで一緒に行くことになり、
TOEIC® Listening & Reading Test 950点のスコアを持つDiahとSamart
(道に迷ってた留学生。タイから来日してまだ2か月だから日本語は片言なので道中ほぼ英語)
は、会話が弾んで楽しそうだった。

せっかくだから試合も一緒に観戦しようということに。
私が会話でわからないところはDiahが時々通訳してくれたけど、
来年グレートシュリケンに握手会で会うんだから、
もっと英語が話せないとダメかも!って思わされちゃった。

海外セレブが一般人とふとしたことから出会っておつき合い、なんてこともあるから、
ひょっとしたら、握手会がきっかけとなって私もグレートシュリケンと・・・・。

そんなタイミングに、今日大学に行ったら短期留学のポスターを見つけた。
しかも留学先は偶然グレートシュリケンが拠点としている街の近く!!

これは逃せないチャンス。
来年ならバイトして貯金すれば何とか行けるかも!?
英語の勉強とバイトで忙しくなるけど、とってもワクワクしてきたわ!

私の大好きなアメリカ人覆面プロレスラー、グレート・シュリケンの本拠地近くの看護学校へ、看護の様子を視察に行く2週間の短期留学。
これはきっと私とグレート・シュリケンの運命の第一歩。

グレート・シュリケンが生活している街の空気を体感したい!

心配なのは費用のことだったけど、
来年までに何とかなりそうだから応募することに決めちゃった。
もうひとつクリアしなければならないのが、
短期留学の応募要項の一つにある英語力の証明。

主要英語テストのどれかを受けてスコアを提出する必要があるとのこと。
私はTOEIC® Listening & Reading Testのスコアを提出することにした。
理由は高校の時に受けたことがあることと、持っていると就活にも役立ちそうだから。

基準となるスコアは600点以上! この点数を目標に、
公式 TOEIC® Listening & Reading プラクティス リスニング編/リーディング編
を購入して勉強中。
この教材はTOEIC® Programの運営団体が発行しているし、
リスニング、リーディング各1冊で、それぞれを基礎から段階的に養成できるようになっていて、今の私にうってつけ。

短期留学に応募することについてDiahに相談したら、英語力アップに協力してくれると、
最近は私が理解できそうな簡単なことは英語で話してくれる。

そんな時、この間のプロレス観戦の時に知り合ったタイ人の留学生SamartからDiahへ、
国際交流イベントのボランティアに参加しないかとの連絡があり、
私も誘われて参加することに!
一気に私の学生生活が国際人化してきたな~。

そんな鳴美におすすめプログラム

  • TOEIC L&R 「聞く・読む」英語力を測定しよう!
  • Leader’s Voice 海外で活躍するリーダーたちの声を聴いてみよう!
  • 世界のTOEIC Program TOEIC Programで幅広い活躍をしよう!

南国 善吉

今日もオンライン英会話で、楽しそうにレッスンを受けている妻。
「妻の勉強法は真似しない!」と固く誓ってきたのに最近、なんだか面白そうだな、
と思うようになってきました。

そこで妻に内緒で、こっそりお試しレッスンを受けてみたら……、
なんて面白いんだろう!
もっと素直になって、新しいことにもチャレンジしないとな、と反省しました。
老け込むには、まだまだ早い!

会社に勧められたTOEIC® Listening & Reading Test公式eラーニング
始めてから2か月が経ちました。
この教材はTOEIC® Listening & Reading Test向けだけど、問題演習が充実しているので、
私が受ける予定のTOEIC Bridge® Testsの準備にも役立っています。
スマートフォンやタブレットを使って、スキマ時間に勉強できるのも
優れた点ですね。

妻は妻で、TOEIC Bridge® Testsの公開テストに申し込んで、
オンライン英会話で受験準備をしているよう。お互い頑張ろう!

そういえば先日、
近所で開催していた国際交流イベントに、妻と一緒に行ってきました。
さまざまな国の人たちと話すことができて、すごく楽しかったな。

ボランティアで案内をしている学生さんが英語でハツラツと話していて、
輝いて見えた
のが印象に残っている。
次は私も、シニアボランティアとして参加してみようかな。

これまでのストーリー

あと3年でいよいよ定年。
第二の人生は妻と2人でよく旅行で行っていた
東南アジアに移り住みたいと思っているんです。

民族衣装って何だか落ち着くんですよね。
将来の移住に備えて英語力を身につけなければと思うものの、
さて、何から手をつけたらよいものやら…。

悩んでいた私に、人事部に所属する同期が『だったらこれを読んでみれば?』と
TOEIC® Programを運営しているIIBCが発行する
『IIBC NEWSLETTER』という冊子をくれたのです。

帰りの電車の中で読んだのですが、そこに載っていた
英語学習初級者向けの
TOEIC Bridge® Tests
の記事を読んで、
家に着くころには「これしかない!」と決めていました。

IIBCのホームページで見つけた
『地球人財創出会議』というイベントにも参加してみたら、
そのときたまたま隣に座っていたのが、
同じく海外移住を目指している30代前半の社会人。

情報交換から話が盛り上がり、今では『同じ国に移住しましょう』と語り合う仲に。

最近は、妻もTOEIC Bridge® Testsの勉強を始めたんですよ。
毎晩、部屋から英語の独り言が聞こえてくるんです。

私の一番のライバルは妻。妻だけには絶対負けたくないですね。(笑)

この間、外出先から直帰で普段より家に早く着くと、
書斎から妻の話し声が。

お客を書斎に通すこともないので、どうしたのかと恐る恐る部屋に近づき、
聞き耳を立てると、なんと若い男性の話し声が!

誰と?どうして?しかもとても楽しそう!

様々な考えが瞬時に脳裏を駆け巡り、気は動転。
私はその場を立ち去り、リビングで妻が出てくるのを待つことにしました。

10年以上前に購入したシャコバサボテンが、まだ元気に生きている―
永遠にも思えたおよそ30分後、
最近見たことがないような笑顔の妻が、平然として私に言い放ったのです。

『あら、もう帰ってらしたの?おかえりなさい。』
なんと、オンライン英会話でフィリピン人講師からレッスンを受けていたとのことでした。

地方の大学に通う息子に良い英語勉強法がないか相談したところ勧められ、
3か月くらい前から習っていると。

妻の担当講師は本業が大学生。
TOEIC Bridge® Testsを受けたいと相談したところ、
公式教材を利用してのテスト準備と、移住した際に必要となる日常会話の両方を、
カリキュラムをきちんと組んでとってもわかりやすく教えてくれるとのこと。

夜に部屋から聞こえるつぶやき以外にも、
秘密裏に、妻は着々と英語を勉強していたのです!

抜け駆け、出遅れ感、焦燥-このままでは妻に負けてしまう―私も何かしなくては・・・・
しかし、妻の勉強法は真似したくない!!

私の住む町でも外国の方を随分見かけるようになってきたんですよ。
国際化の波は私の町にも押し寄せているのです。

そんな時、私の勤める会社で、「これからはより国際的なビジョンを持つ必要がある、
よって来年より留学生の雇用を強化する。
また社員の英語力向上を図るため社内で企業や学校向けの
TOEIC® Listening & Reading IPテスト
を実施する」とのお達しが出たのです。
なお、このテストに備えるために、希望者に対し、
TOEIC® Listening & Reading 公式eラーニングの受講を社費で行えると。

毎日会社があり、自由時間が少ない私。私より若干多く時間があるパート勤めの妻。

パートに加えて家の切り盛りを立派にしてくれている妻には感謝しかなく、頭が上がりません。
がしかし…、
抜け駆けでオンライン英会話を受講しだした妻のつぶやきを聞くと、
確実にレベルアップしています。
昨今、嫉妬が沸々と湧いていた私に、これはまたとない朗報!

早速eラーニングの受講を申し込みました。
もともとTOEIC Bridge® Testsを受験する予定でしたが、
今の私はTOEIC® Listening & Reading Testに向かっているのです!

私には、TOEIC® Listening & Reading Testはかなりハイレベルなイメージが。
英語初心者に近い私は少しドキドキ。するとさらに朗報が!

社内の英語初級者からの、いきなりTOEIC® Listening & Reading Testの受験は
ハードルが高いという声を受け、
TOEIC Bridge® Listening & Reading Testも受験の選択肢として採用したと。

これは願ったり叶ったり。
妻にはこのことは内緒にしておきます。ここで妻を追い抜くぞ~!

そんな善吉におすすめプログラム

  • TOEIC Bridge L&R 日常生活の「聞く・読む」英語力を測定しよう!
  • 地球人財創出会議 活発なディスカッションで「地球人財」に
  • IIBC NEWSLETTER 著名人インタビューからお役立ち情報まで満載!

轟 輪太郎

すっかり僕のヒーローになった、Ryanのお兄ちゃん。
YouTubeを見て、そのテクニックを研究する毎日……。

そのうち、
お兄ちゃんの走る姿を生で見てみたい、実際に会ってしゃべってみたい!
って気持ちが湧いてきた。

それでお父さんに相談してみたんだ。
Ryanのお兄ちゃんが暮らしている、オーストラリアに行ってみたいって。
お父さんは、こんな条件を出してきた。
TOEIC Bridge® Listening & Reading Testで80点以上取ったら、
オーストラリアに行かせてやる」って。
「えーっ、80点なんて無理だよ!」って思ったけど、
どうしてもRyanのお兄ちゃんに会ってみたい。

だから、貯めてたおこづかいで
公式教材『TOEIC Bridge® 公式ガイドブック』を買って、勉強を始めたんだ。
やってみると、意外と面白い!
やればやっただけ上達するのがわかる。
これってBMXの練習と同じだなって思った。

お父さんいわく、
TOEIC® Programは世界160カ国、約1万4000の企業・教育機関で採用されているそう。
だから、世界で活躍するには、TOEIC® Programのスコアが強い武器になる…。

そうか、お父さんは僕の将来を考えて、この条件を出したんだ。
世界レベルのBMX選手になって、海外企業とのスポンサー契約。
なんてこともあるかもしれないしね!

よし、夢を叶えるために、英語もBMXも頑張るぞ!

これまでのストーリー

小さい時からファッションモデルとして活躍していた4歳上のお姉ちゃん。
お母さんはお姉ちゃんにつきっきりで、
僕は一人でゲームばっかりしてたなー。

そんな僕を気にかけてたお姉ちゃんが、
モデルの仕事で貯めたお金で買ってくれたのがBMX。
それ以来、BMXで外に出るのが楽しくて、
自転車が一番の友だちになったんだ!

どこへ行くにも乗り回してたら、
いつの間にかBMXの全国大会で入賞するまでに。

高校で英語の先生をしているお父さんは、いつも
『世界は広いぞ。2人で世界を目指せ!』
って僕らを応援してくれてる。

僕の目標はBMXの世界大会で入賞すること!
そして
お姉ちゃんの目標はパリコレデビュー。

世界で活躍するには英語力も必要だから、
まずは初級者向けの
TOEIC Bridge® Testsから始めてみようと思ってる。

お姉ちゃんはお父さんの勧めもあって、
IIBCのエッセイコンテストに応募してみるって言ってたな。

去年の受賞作品を参考にチェックしてたら、
最優秀賞にとっても感動したみたいだった。

7月のワークショップにまずは申し込むって張り切ってる。
2人で力を合わせて、世界で活躍するスーパー姉弟になるんだ!

僕のクラスにオーストラリアからの転校生、Ryanがやってきた。

向こうの学校で日本語の授業があったことと、
日本のアニメが好きで見ていたから、少し日本語が話せるらしい。

でも、同じ班になったとき、英語で自己紹介してみた。
というのも、TOEIC Bridge® Testsに挑戦するために、
最近英語に力を入れ始めたところなので、実際通じるか試してみたかったんだ。

自己紹介の中で、BMXのプロになりたいという話をしたら、
Ryanもオーストラリアでクラブに所属していて、
この辺りでもBMXができるところがあるのか興味津々。
僕が練習に使っているコースに週末一緒に行くことになった。

実はオーストラリアに残っているRyanのお兄ちゃんは
Ryanより桁違いに上手くて何回も入賞してて、
セミプロ的に活動しているって!

YouTubeに動画もあって見せてもらっちゃった。

『輪太郎も上手いよ!』って
Ryanは僕がBMXで技を決めているところを動画に撮ってくれた。
Ryanのお兄ちゃんに送ったら、
僕が挑戦できそうな技を動画で返信して教えてくれたんだ!

そういえば、今お姉ちゃんはIIBCエッセイコンテストに応募するって
構想を練っている。
テーマは「私を変えた身近な異文化体験」。
異文化体験か…。ん? もしかして僕って今、異文化体験してるんじゃない?

僕は今中学2年生。BMXで世界を目指してるんだ。

お父さんが調べてくれたのだけれど、世界大会で活躍する日本の選手は、
試合などに参加しやすいように通信制の高校に通っている場合が多いらしい。

通信制は時間が自由になる分、自分で計画を立てて勉強しないといけない。
モデルをしている4歳年上の僕のお姉ちゃんも、芸能活動を優先したくて、
通信制の高校を選んだ。

嫌いな科目の勉強はテスト前に一夜漬けで何とか留年を免れているけど、
自分の好きな科目への没頭ぶりは相当なもの。

得意な英語では、この間受けたTOEIC Bridge® Testsで、Listening & Readingが80点、
Speaking & Writingは70点だったらしい。
次はTOEIC® Listening & Reading Testを受験するって言ってたな。

他にもパリコレを目指すなら話せたほうが良いかもと、
自主的にフランス語の会話学校に通っている。

ちなみにお姉ちゃんの高校は、通信制でも週に2回くらい登校日があるんだ。
クラスメイトや先輩にはそれぞれの夢を目指して頑張っている人が多くて、
とっても刺激的みたい。
周りのみんなは普通の高校に行くからちょっと不安だけど、やはり通信制が良いかな。

いずれにしても世界を目指すなら英語ができたほうが絶対にいいよなぁ。

TOEIC Bridge® Testsは中学英語の知識でも受けられるらしいから
受験してみよう
と思ってこの間受験を申し込んだんだ。
転校生のRyanと英語で話す機会もできて、手ごたえを感じてる。いいスコアをゲットするぞ!

そんな輪太郎におすすめプログラム

  • TOEIC Bridge L&R 日常生活の「聞く・読む」英語力を測定しよう!
  • TOEIC Bridge S&W 日常生活の「話す・書く」英語力を測定しよう!
  • IIBCエッセイコンテスト 高校生のみなさん、英語でエッセイを書いてみませんか?

IIBCのプログラム

TOEIC Tests

TOEIC® Listening & Reading Test

TOEIC® Speaking & Writing Tests

役立つシチュエーション

  • 就職・スキルアップや留学準備 に

アメリカのテスト開発機関が開発した世界共通の英語能力測定テスト。
「聞く・読む」力をはかるTOEIC Listening & Reading Testと、「話す・書く」力をはかるTOEIC Speaking & Writing Testsによって、日常生活やビジネスシーンにおける英語力を証明できます。
あなたのキャリアアップに役立つ英語力を、ぜひTOEIC Testsで身につけてください。

TOEIC Tests

TOEIC Bridge® Listening & Reading Tests

TOEIC Bridge® Speaking & Writing Tests

役立つシチュエーション

  • 自分の英語力を知りたい
  • 外国人とコミュニケーションを取りたい 方に

2019年6月にリニューアルした、英語初~中級者向けの世界共通の英語能力測定テスト。
「聞く・読む」力をはかるTOEIC Bridge Listening & Reading Testsと、「話す・書く」力をはかるTOEIC Bridge Speaking & Writing Testsによって、日常生活で求められる基礎的な英語力を測定できます。
これからTOEIC Programにチャレンジする方は、こちらの「TOEIC Bridge Tests」からスタートしてみては?

このページで紹介されているストーリーはフィクションです。
登場する人物・団体・名称等の一部は架空であり、実在のものとは関係ありません。

ページの上部に戻る/Back to TOP