学校での活用例

就職活動の支援

新入社員の採用時に多くの企業がTOEIC® Programスコアを活用

TOEIC Programを導入している企業・団体の約半数が、新入社員を採用する際の判断材料として、学生が取得したスコアを考慮していると回答。また、新入社員に期待する平均スコアは、TOEIC L&Rスコアが535点、TOEIC SpeakingスコアとTOEIC Writingスコアがぞれぞれ110点です。

Q. 新入社員の採用時にTOEIC Programを利用していますか?

Q. 新入社員の採用時にTOEIC Programを
利用していますか?

2019_kastuyo_pie_img
2019_kastuyo_score_img

※ 「英語活用実態調査【企業・団体/ビジネスパーソン】2019」より

TOEIC® Listening & Reading Testが就職活動で有利になると考える
大学は約8割

TOEIC L&Rを実施している大学の約8割が、TOEIC L&Rは就職活動で有利になると考えています。また、TOEIC S&Wについても、実施校の約4割が同様の利点を挙げています。

Q. TOEIC L&Rを実施することには、
どのような利点があると思いますか?(複数回答)

2019_riten_lr_img

Q. TOEIC S&Wを実施することには、
どのような利点があると思いますか?(複数回答)

2019_riten_sw_img

※「英語活用実態調査【学校(大学・高等学校ほか)】2019」より
TOEIC Programを活用している大学・短大の回答結果

TOEIC活用事例 名古屋外国語大学・メディア情報センター
~将来的には、学生の英語力をアピールする素材としてTOEIC S&Wのスコアを活用~

  • TOEIC L&R
  • TOEIC S&W

以前から活用しているTOEIC L&Rに加え、2008年11月には試験的に、15人の学生にTOEIC S&Wを受験させました。英語力を活かせる業界を目指す学生も多いため、将来的には、学生が就職活動を行う際に、TOEIC S&Wのスコアで一層英語力をアピールできるようにさせたいと考えています。

その他の活用例を見る

「テストの種類」「実施方法」「実施時の注意事項」など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページの上部に戻る/Back to TOP