よくある質問

TOEIC® Speaking & Writing Tests (テスト実施前)

【目次】 知りたいこと、お困りのテーマをお選びください

団体向けサービスの手続き・実施手順

企業・学校での導入事例・活用

テストの詳細

団体ならではのサービスについて

A:あります。IPテスト(団体特別受験制度)と公開テスト団体一括受験申込の2つの制度です。

A:団体専用のサービスで、IPテストと公開テスト団体一括受験申込のお申し込みから結果受領までをインターネットで行えます。

A:あります。「賛助会員制度」に入会いただくことで受験料を賛助会員価格でご利用いただけます。

A:企業・団体・学校などで任意に日時・場所を設定し、ご受験いただく制度です。

A:インターネットで団体担当者の手続きと、団体内受験者自身の手続きをそれぞれ行い、(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会の定めた日時・会場で公開テストをご受験いただく制度です。

A:IPテストには「モバイル実施」と「テストセンター実施」の2つの実施形態があります。

「モバイル実施」:
貴団体の希望するテスト会場へ必要な資材(パソコンを含む)を送付し、「TOEIC S&W IPテスト実施マニュアル」にしたがって、貴団体にてテストを行っていただく形態です。
「テストセンター実施」:
IIBCテストセンター(東京・名古屋・大阪)で当協会の運営・管理のもと、テストを行う形態です。

A:いいえ。
5名からご受験いただけます。4名以下の場合は、当協会までお問い合わせください。

A:いいえ。
企業・団体・学校などで、原則として法人格のある団体に所属している方に限られます。

お申し込み手続きについて

A:制度によって異なります。

IPテスト:

  • 「スピーキングテスト」のみ・「ライティングテスト」のみの場合
    通常価格はそれぞれ6,285円(税込)です。賛助会員価格は5,185円(税込)です。
  • 「スピーキングテスト」と「ライティングテスト」セットの場合
    通常価格は9,215円(税込)です。賛助会員価格は8,115円(税込)です。

公開テスト団体一括受験申込:
通常価格は10,450円(税込)です。賛助会員価格は9,350円(税込)です。

A:制度によって異なります。

IPテスト:
実施予定日の約1カ月前までに団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください。
公開テスト団体一括受験申込:
実施予定日の約3カ月前までに団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください。

A:インターネットから、お申し込みください。

事前に「TOEIC 団体インターネット・サービス」への登録が必要です。

A:5名から申し込めます。4名以下の場合は、お問い合わせください。

A:制度によって異なります。

IPテスト:
テスト実施予定日の10営業日前(土・日・祝日・年末年始を除く)までです。
公開テスト団体一括受験申込:
団体一括受験申込には「先行申込期間」と「一般申込期間」の2つがあります。
それぞれの申込期間と締切日は試験日により異なります。申込期間・締切日はこちら

A:当協会は日本国内での実施のみ担当させていただいております。
海外支社などでの実施は、ETSに指定されている各国のTOEIC S&W実施窓口団体へ直接お問い合わせください。

お申し込み~実施までの対応について

A:実施形態によって異なります。

「モバイル実施」:
原則、貴団体内でお願いします。ご希望により有料で、「試験官業務」サービスを提供いたします。(試験官業務費用などの詳細は団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください)。
「テストセンター実施」:
試験官は不要です。当協会が行います。

A:実施形態によって異なります。

「モバイル実施」:
実施予定日の1営業日前(土・日・祝日・年末年始を除く)に到着するようお届けします。
「テストセンター実施」:
お届けするテスト資材はありません。

A:「モバイル実施」の場合のみ、いくつかの条件を満たしている必要があります。推奨環境をご確認ください。(詳細は団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください。)

A:制度によって異なります。

IPテスト:
「テストセンター実施」のみ、本人確認書類が必要です。(本人確認書類の種類は各受験者が所属する団体によって異なります)。
公開テスト団体一括受験申込:
各受験者へ当協会よりメールでお知らせしています。記載事項をご確認ください。

テスト実施当日について

A:できます。モバイル実施をご利用ください。

A:実施形態によって異なります。

「モバイル実施」:
事前準備やテスト資材の回収なども含め、「スピーキングテスト」のみで約3時間、「ライティングテスト」のみで約3時間30分、「スピーキングテスト」と「ライティングテスト」セットで約4時間ほどかかります。
「テストセンター実施」:
およそ30分の事前説明を含め、「スピーキングテスト」のみで約50分、「ライティングテスト」のみで約1時間30分、「スピーキングテスト」と「ライティングテスト」セットで約1時50分ほどかかります。

A:当協会よりお送りした資材等は「TOEIC S&W IPテスト実施マニュアル」に沿って返送する資材を確認し、返送してください。

A:全国主要都市(東京・名古屋・大阪等)の試験会場でご受験いただけます。

  • 試験会場は、各受験者がお申し込みの際に選択することができます。
  • 会場ごとに満席になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。

企業での導入について

A:TOEIC Programの各テスト(TOEIC L&R、TOEIC S&W、TOEIC Bridge Test)は、様々な企業・団体で導入されています。

A:TOEIC Programの各テスト(TOEIC L&R、TOEIC S&W、TOEIC Bridge Test)は、様々な企業・団体で導入されています。

A:企業では自己啓発や英語研修の効果測定、新入社員の英語能力測定のほか、海外出張や駐在の基準、昇進・昇格の要件などに活用いただけます。

A:企業でTOEIC Programを活用された団体担当者の声をいただいています。

A:団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください。

学校での導入について

A:学校では、モチベーション向上や授業の効果測定、就職活動の支援のほか、プレイスメントや単位認定の基準、入学試験の基準などに活用いただけます。

A:エントリーシートへ記入いただくスコアに制限はありません。何点からでもご記入いただけます。

A:学校でTOEIC Programを活用された団体担当者の声をいただいています。

A:団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください。

テスト内容・種別について

A:スピーキングテスト(約20分、計11問)とライティングテスト(約60分、計8問)で構成され、パソコンでご受験いただくテストです。
スピーキングテストはパソコンに接続したヘッドセットを通して音声を吹き込み解答、ライティングテストはパソコンに文章を入力して解答するものです。
公開テストはスピーキングテストとライティングテストをセットで受験、IPテストはどちらか一方のみの受験も可能です。

A:貴社・貴校の目的にあったテストをご提案させていただきます。団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください。

A:いいえ。どなたでもご受験できます。

A:IPテストのみ、「スピーキング」、「ライティング」いずれか一方をご受験いただけます。

A: TOEIC L&R(公開テスト/IPテスト)
TOEIC Bridge Test(公開テスト/IPテスト)
TOEIC S&W(公開テスト):
できません。「リスニング」、「リーディング」もしくは「スピーキング」、「ライティング」合わせてご受験いただきます。
TOEIC S&W(IPテスト):
「スピーキング」、「ライティング」いずれか一方をご受験いただくこともできます。

A:テスト開発機関のETSが作成したスコア比較表で、予測スコアをご確認いただけます。

これによると、TOEIC L&Rスコアが500点の場合、スピーキングテストの予測スコアは100点、ライティングテストの予測スコアは110点となります。(※予測スコアはあくまでも目安としてお使いください)

その他のTOEIC L&Rスコアレンジから見た予測スコアや、予測スコアをご確認いただく際の注意事項はこちらからご確認ください。

A:団体専用お問い合わせ先 東京:03-5521-5901/名古屋:052-220-0282/大阪:06-6258-0222までお問い合わせください。

A:基本的には、TOEIC Writingは減点方式ではありません。受験者が解答した文章全体から、その方のコミュニケーション能力を判断します。
もちろん、文章全体の意味が変わってしまうようなスペルミスがある場合には結果に影響を及ぼす可能性がありますが、意思の疎通に問題がないと判断できる程度のスペルミスは採点に影響しません。

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

実施前によくある質問

実施後によくある質問

「テストの種類」「実施方法」「実施時の注意事項」など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。