ミニレポート 2017年7月28日TOEICセミナーを開催 大学の英語教育改革に向けたTOEIC Programの効果的活用法を3大学が発表

2017年度TOEIC セミナー

2017年7月28日、「大学の英語教育改革 × TOEIC Program〜学習意欲を高め、英語力向上を目指す多様な取り組み〜」と題するTOEIC セミナーを、ベルサール半蔵門 イベントホールにて開催しました。

IIBCでは、毎年夏に学校・教育機関向けTOEIC セミナー、秋に企業・団体向けTOEIC セミナーを開催しています。今回のセミナーでは、大学・短大・高等学校の教職員、TOEIC SQUARE会員のうち教職員の方など約250名の方々にご参加いただき、広島大学、京都産業大学、東京都市大学のご担当者様に、英語教育改革の取り組みとTOEIC Program の活用についてプレゼンテーションを行っていただきました。

グローバル人材育成に対する社会的ニーズが高まるなか、プレイスメントや単位認定の基準として、また、学生の英語学習の目標設定や成果測定のためのツールとして、TOEIC Programを導入される学校が増えています。Q&Aセッションの部では、「TOEIC Programを導入する際の課題とその解決法」、「学生のモチベーション維持・向上のための施策」など、参加者の方々から寄せられたご質問に対して、3大学からそれぞれの回答をいただくことができました。

広島大学、京都産業大学、東京都市大学の3大学の取り組みの概要およびQ&Aセッションの概要については、下記のリンクからご覧いただけます。また、セミナーの詳細な内容を記載した「セミナー報告書」は、10月に発行の予定です。

ミニレポート

広島大学×TOEIC Program

広島大学×TOEIC Program

京都産業大学×TOEIC Program

京都産業大学×TOEIC Program

東京都市大学×TOEIC Program

東京都市大学×TOEIC Program

Q&Aセッション

Q&Aセッション