TOEIC Tests 入学試験における活用状況【2022年度】
-大学院-

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会は、株式会社 大学通信に委託し、2021 年10 月・11 月・12 月に一部の大学院におけるTOEIC Tests の活用状況について調査を実施しました。

本調査は、大学院に対し、「2022 年度入学試験におけるTOEIC Tests 活用状況」について調査用紙を送付し、ご回答いただいたものです。

本資料は、ご回答いただいた内容をもとに、当協会にて概要をまとめたものですが、入学試験の詳細な要件につきましては、必ず各学校の入学案内・募集要項・公式サイトなどでご確認くださいますようお願いいたします。

調査結果の概要

調査実施校数(研究科数) 入学試験活用校数(研究科数)
92(746) 77(275)

※上記活用校数の中には非公開を希望した学校も含まれているため、活用一覧(PDF)の掲載校数とは一致しない

大学院の調査結果に関しては、下記の活用一覧より、それぞれPDFをダウンロードください。

【活用一覧】

調査概要に関しては、「はじめに・活用一覧の見方」、活用一覧(全頁)データに関しては、 「大学院(全頁)」よりダウンロードいただけます。

活用一覧の見方

国公立・私立別の大学院を原則として都道府県別に五十音順で掲載

都道
府県
学校 研究科・専攻・コース 課程 試験形態 活用方法 活用
テスト名
基準スコア 公開テスト IPテスト
岩手 岩手大学大学院 獣医学研究科
(共同獣医学専攻)
博士 一般入試 英語試験免除 L&R 800

岩手大学大学院では獣医学研究科(共同獣医学専攻)博士課程において、TOEIC Listening & Reading スコア800点以上を一般入試英語試験免除要件としており、公開テストのスコアを受理している

よりよくを目指して
TOEIC公式コンテンツ by IIBC

ページの上部に戻る/Back to TOP