プライオリティサポートについて

Priority Support

障がいまたは健康上の理由により個別の配慮が必要な方は、プライオリティサポートのご依頼をいただくことで、ご希望に沿った受験環境を可能な範囲でご用意いたします。お申し込みの前に当ページをご確認ください。
ご不明な点がございましたら、申込期間にかかわらずできるだけお早めに、プライオリティサポート係までお問い合わせください。


【お申し込み前に必ずご確認ください】

【注意事項】

  • 点字受験については、お手続きが異なります。お申し込みの前にTOEIC Listening & Reading公開テスト(点字)についてをご覧ください。
  • 申込締切日直前は、電話・メールが混み合い、お問い合わせへの回答にお時間をいただくことがございます。ご不明な点がございましたら、できるだけお早めにお問い合わせください。
  • お問い合わせの時期や内容により、ご希望に沿った受験環境をご用意できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 試験会場の立地に関するご希望は承っておりません。あらかじめご了承ください。
  • プライオリティサポートの取消・変更をご希望の際は、申込締切日までに必ずご連絡ください。

依頼の流れ

  • STEP 1

TOEIC L&R公開テスト・TOEIC Bridge L&R####公開テストお申し込み時にプライオリティサポートを依頼する

お申し込みいただく際、プライオリティサポートについて「希望する」を選択してください。

申込画面サンプル

インターネット申込画面サンプル

初期設定は「希望しない」が選択されています。「希望する」を選択すると、以下の選択肢が表示されます。

  • 「前回と同じサポート」⇒サポート内容の変更がない場合に選択
  • 「前回と異なるサポート」⇒サポート内容の変更がある場合に選択
  • 「初めて」⇒初めてプライオリティサポートを希望する場合に選択

注意)

  • ご提出いただいた書類の有効期限が過ぎた場合は、証明書類のコピーの再提出が必要となります。再提出が必要な場合はプライオリティサポート係よりご連絡いたします。
  • 前回のプライオリティサポート受験から2年以上経過している方は「初めて」を選択してください。
  • プライオリティサポートのご依頼以降、住所や受験地を変更された際は、申込締切日までに必ずご連絡ください。

  • STEP 2

申込締切日までに、プライオリティサポート依頼フォームで希望のサポート内容の依頼と証明書類の提出をする

【希望する(初めて)を選択した方】

  • プライオリティサポート依頼フォームの画面案内に従い、ご希望のサポート内容の依頼と証明書類の提出をしてください
    • フォームの依頼内容欄は「証明書類の提出および希望サポートの依頼」を選択してください

【希望する(前回と異なる)を選択した方】

  • プライオリティサポート依頼フォームの画面案内に従い、希望のサポート変更内容を依頼してください
    • フォームの依頼内容欄は「前回と異なるサポートの依頼」を選択してください

【証明書類のみ提出する方(証明書類の期限切れなどプライオリティサポート係より案内があった方)】

  • プライオリティサポート依頼フォームの画面案内に従い、証明書類の提出をしてください
    • フォームの依頼内容欄は「証明書類の提出のみ」を選択してください
    • 再提出の場合の提出期日は個別にご案内します

注意)

  • プライオリティサポート依頼フォームから依頼ができない場合は、申込締切日までに以下の手順に沿ってお手続きください。

<証明書類の提出ができない方>

  • 申込締切日(消印有効)までに、証明書類のコピーを郵送する
  • 証明書類のコピーの余白に、以下5点を記入する
    1. 氏名、生年月日
    2. オンライン番号
    3. IIBCに●●(証明書類の種類)のコピーを提出することに同意する
    4. 障がい箇所もしくは疾患名※証明書類のみ提出の方は不要
    5. ご希望のサポート内容※証明書類のみ提出の方は不要

※送付先
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル
(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会
IIBC試験運営センター プライオリティサポート係

<前回と異なるサポートの依頼ができない方>


【ご提出いただく証明書類について】
以下1~4のうちいずれか1点をご用意ください

  1. 障害者手帳(氏名、等級、障害内容、有効期限等が確認できるページ)
  2. その他手帳
  3. 医師の診断書
  4. IIBCが認める上記以外の証明書
  • 書類発行日から1年間有効です。障害者手帳等の有効期限については手帳等の定めに準じます
  • 提出書類には、受験者名、発行機関名、発行日(交付日)、受験者名、疾患名(症状)の記載が必要です
  • ご提出いただいた書類の有効期限が過ぎた場合は、証明書類のコピーの再提出が必要となります
  • 2年間プライオリティサポートを依頼されない場合は、改めて必要書類のご提出が必要となります
  • 依頼に必要のない情報は、見えないように隠して提出してください。

【試験時間の延長について】
TOEIC L&R公開テストにおける試験時間の延長対応は、スケジュールの関係上午前の実施回のみとなります。お申し込みの際、ご注意ください。
試験時間の延長は、「時間延長が必要である理由、延長倍率(1.5倍/2倍)」が記載された医師の診断書が必要です。お申し込みの前に「延長要否・延長倍率・診断書発行にかかる期間」等についてかかりつけ医へご相談いただき、申込締切日までに提出できることをご確認のうえご依頼ください。当協会所定の診断書様式をご希望の方は、「診断書(試験時間延長受験用)」をご利用ください。すでに医師の診断書を取得済の方や試験時間の延長についてご質問がある方は、お申し込みの前にプライオリティサポート係へお問い合わせください。

プライオリティサポート依頼フォームでの手続きや書類の内容についてご不明な点がある場合は、プライオリティサポート係へご連絡ください。


  • STEP 3

受験票および案内メールが届く

【受験票について】

【プライオリティサポートの案内について】


主なサポート

ご希望のサポートをお選びください。

視覚に障がいのある方

1

拡大版解答用紙をご用意します。鉛筆やサインペンなどでチェック✓や○印をつけて解答いただきます。

2

拡大版問題用紙(通常の問題用紙をA3サイズに拡大したもの)をご用意します。

3

問題用紙の解答選択肢に直接鉛筆やサインペンなどでチェック✓や○印をつけて解答いただきます。
※問題用紙に解答選択肢の印字がないPartについては、A・B・C・Dを直接記入する、または拡大版解答用紙へ✓や○印をつける、のいずれかで解答いただきます。

4

点字受験

  • 1~3は複数選択可能です。
  • 1と3については、試験終了後、試験官が解答用紙(マークシート)に記入します。
  • 電子ルーペ・拡大読書機等、電子機器の持ち込みをご希望の場合は、プライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。
  • 拡大版問題用紙サンプル送付をご希望の方はプライオリティサポート係までご連絡ください。
  • 試験時間の延長を希望する場合は試験時間の延長をご覧ください。

聴覚に障がいのある方

1

スピーカー近くの座席をご用意します。

2

リスニングセクションをイヤホンまたはヘッドホンで受験いただけます。

  • 以下のイヤホンまたはヘッドホンをご持参ください。
    - 端子がステレオミニプラグ(外径3.5mm)のもの
    - プラグが3極(金属部分の線が2本)のもの
  • 試験の説明や試験官とのやりとりの際、書面による説明や筆談が必要な方はプライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。

3

リーディングセクションのみ受験いただけます。試験の説明や試験官とのやりとりは、専用のカードと筆談で行ないます。

  • リーディングセクションのみ受験した場合、公式認定証のリスニングセクション及びトータルスコアは「N/A」と記載されます。
    「N/A」とは、Not Applicableの略で、「該当せず」を意味します。
  • FM補聴器や集音機等の持ち込みをご希望の場合は、プライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。
  • 試験当日、教室担当試験官へお申し出いただければ、欠席者の空き席などへ移動してご受験いただけます。その場合は、証明書類をご提出いただく必要はございません。
  • 1~3以外の受験方法をご希望の方は、お申し込みの前にご相談ください。

上肢に障がいのある方

1

拡大版解答用紙をご用意します。鉛筆やサインペンなどでチェック✓や○印をつけて解答いただきます。

2

問題用紙の解答選択肢に直接鉛筆やサインペンなどでチェック✓や○印をつけて解答いただきます。
※問題用紙に解答選択肢の印字がないPartについては、A・B・C・Dを直接記入する、または拡大版解答用紙へ✓や○印をつける、のいずれかで解答いただきます。

3

口述等でご解答いただき、試験中に試験官が解答用紙(マークシート)に代筆します 。

  • 1と2については、試験終了後、試験官が解答用紙(マークシート)に記入します。
  • 試験官による問題用紙や解答用紙のページめくりをご希望の方は、プライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。
  • 試験時間の延長を希望する場合は試験時間の延長をご覧ください。

下肢に障がいのある方

1

車いすの方

  • 1階教室またはエレベーターのある会場をご用意します。
  • 出入り口に近い座席をご用意します。
  • 車いす専用トイレのある会場をご用意します。

2

歩行に障がいのある方

  • 1階教室またはエレベーターのある会場をご用意します。
  • 出入り口に近い座席をご用意します。
  • 洋式トイレのある会場をご用意します。
  • 車来場をご希望の場合は、プライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。
  • 机のサイズについてご希望のある方は、プライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。

妊娠されている方

1

  • 洋式トイレのある会場をご用意します。
  • 出入り口に近い座席をご用意します。

内部障がい・精神障がい・発達障がい・ケガ等の方

1

内部障がい、精神障がい、発達障がい、ケガ等の方については、ご希望のサポート内容を、プライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。
例)座席位置の指定など

その他のサポート

1

試験時間の延長

  • 時間延長受験は、問題読解や解答に要する試験時間を1.5倍もしくは2倍に延長して受験いただけます。
  • リスニングの問題と問題の間の解答時間、およびリーディングの試験時間を延長します(リスニング終了後に15分休憩あり)。
  • TOEIC L&R公開テストにおける試験時間の延長対応は、スケジュールの関係上午前の実施回のみとなります。お申し込みの際、ご注意ください。

試験時間の延長は、「時間延長が必要である理由、延長倍率(1.5倍/2倍)」が記載された医師の診断書が必要です。お申し込みの前に「延長要否・延長倍率・診断書発行にかかる期間」等についてかかりつけ医へご相談いただき、申込締切日までに提出できることをご確認のうえご依頼ください。当協会所定の診断書様式をご希望の方は、「診断書(試験時間延長受験用)」をご利用ください。すでに医師の診断書を取得済の方や試験時間の延長についてご質問がある方は、お申し込みの前にプライオリティサポート係へお問い合わせください。

2

付き添い

  • ご家族やヘルパーの付き添いにてご来場をご希望の場合は、プライオリティサポート依頼フォームにご入力ください。

教室試験官は、受験上のサポートを除く、医療的なサポートやトイレ介助等はお受けしておりません。

  • 上記以外のサポートをご希望の方は、お申し込みの前にご連絡ください。

お問い合わせ

ご不明な点がございましたらIIBC試験運営センタープライオリティサポート係までお気軽にお問い合わせください。

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

TOEICの日
TOEIC公式コンテンツ by IIBC

ページの上部に戻る/Back to TOP