TOEIC

まだまだ上を目指したい 800点以上の就活生へ/疑問解決!TOEICガイド/TOEIC L&Rをまだ受けたことがないあなたへ。TOEIC L&Rの受験方法、試験の流れなど、疑問にお答えします。 まだまだ上を目指したい 800点以上の就活生へ/疑問解決!TOEICガイド/TOEIC L&Rをまだ受けたことがないあなたへ。TOEIC L&Rの受験方法、試験の流れなど、疑問にお答えします。

FAQ:よくある質問

Q1:公開テストとIPテストの違いはなんですか?

公開テストは(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会の定めた日時・会場でご受験いただく制度、団体特別受験制度(IP:Institutional Program、以下IPテスト)は企業・団体・学校などで任意に日時・場所を設定し、ご受験いただく制度です。

Q2:公式認定証とスコアレポートの違いはなんですか?

公式認定証(Official Score Certificate)は公開テストをご受験いただいた際のテスト結果です。一方スコアレポートはIPテストでご受験いただいた際のテスト結果です。公式認定証の提出を義務付けている企業もありますので、ご注意ください。

Q3:公式認定証を紛失してしまいました。再発行は出来ますか?

試験日から2年以内のOfficial Score Certificate(公式認定証)であれば、有料にて再発行を承ります。試験日から2年以内に(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会に到着した必要書類が有効です。詳しくはこちら(TOEIC L&RTOEIC S&W)をご覧ください。

Q4:スコアレポートを紛失してしまいました。再発行は出来ますか?

解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限り再発行が可能です。 IPテスト実施団体の担当者にお問い合わせください。

Q5:TOEIC® Listening & Reading Testの結果は、試験から何日後に届きますか。

テスト結果はOfficial Score Certificate(公式認定証)として、その回の受験者数や平均スコアなどのデータが記載された「TOEIC L&R公開テスト テスト結果について」と共に、試験日から30日以内に受験者本人宛に親展封筒で発送します。

Q6:TOEIC® Listening & Reading TestはListeningとReadingのテストですがSpeakingテストはない のでしょうか。

SpeakingとWritingという能力を直接的に測定したいという要望に応じて、TOEIC S&Wがスタートしました。英語の利用が職場や日常生活の場で多くなる中、実践的な英語能力がはかれます。

Q7:TOEIC® Speaking & Writing Tests内容はビジネス関係なのでしょうか。学生でも受験できます か。

TOEIC L&Rと同様に、国際的な職場環境において、効果的に英語でコミュニケーションをするために必要な、話す書く能力を測定するテストです。設問の設定・内容・場面には仕事に関連のあるもの、世界中で一般的に行われている日常的な活動が含まれています。ただし、解答するためにビジネス上の特別な知識は必要ありません。

Q8:TOEIC® Speaking & Writing TestsとTOEIC® Listening & Reading Testは同時に受験可能でしょうか。

TOEIC S&WとTOEIC L&Rは、申込方法・実施方法・実施日程も異なり、テスト結果も別々に発行されます。どちらのテストも受験資格は問わず、どなたでもお申し込みいただけます。なお、TOEIC SpeakingとTOEIC Writingはセットでご受験いただきます。

Q9:TOEIC® Speaking & Writingスコアはどのようにみればいいのでしょうか。

TOEIC L&Rスコアは10点刻みで、各スコアが0点から200点で表示されます。スコアをもとにした評価がProficiency Level Descriptors(能力レベル別評価)として、TOEIC Speakingでは8段階、TOEIC Writingでは9段階で表示されます。さらに、TOEIC Speakingにおいては、「Pronunciation(発音)」、「Intonation(イントネーション)とStress(アクセント)」についてもそれぞれ3段階で評価されます。
テスト結果の表示方法

PAGE TOP

エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC L&Rを受験しよう!エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC L&Rを受験しよう!
TOEIC L&R公開テスト
テストに申し込む
TOEIC S&W公開テスト
テストに申し込む