TOEIC

まだまだ上を目指したい 800点以上の就活生へ/先輩の就活×TOEIC L&Rレポート/就活中に企業にアピールできるスコアを達成するにはどのようなプランニングが必要なのか。昨年の就活中にTOEIC L&Rの勉強をした先輩に、スケジュール感と勉強法を伺いました。 まだまだ上を目指したい 800点以上の就活生へ/先輩の就活×TOEIC L&Rレポート/就活中に企業にアピールできるスコアを達成するにはどのようなプランニングが必要なのか。昨年の就活中にTOEIC L&Rの勉強をした先輩に、スケジュール感と勉強法を伺いました。

REPORT 01

ストレスのない勉強法で、リスニングを徹底的に強化

中津留 隆さん 東京大学 法学部第三類(政治コース)自動車メーカー内定/TOEIC L&Rスコア 730点(大学2年生春)→840点(大学3年生冬)
POINT/1 苦手なリスニングを徹底強化/2 好きな話題の英語を毎日聞く/3 今後も目標を持つこと

ストレスのない勉強法で、リスニングを徹底的に強化

中津留 隆さん 東京大学 法学部第三類(政治コース)自動車メーカー内定/TOEIC L&Rスコア 730点(大学2年生春)→840点(大学3年生冬)
POINT/1 苦手なリスニングを徹底強化/2 好きな話題の英語を毎日聞く/3 今後も目標を持つこと

私にとってTOEIC L&Rは、自分の英語力を伸ばすための具体的な目標でした。もともと英語は得意ではなかったのですが、大学の寮で留学生と生活を共にしており、英語が必要な環境に置かれていたことが英語を学ぶきっかけだったのですが、語学は上達が目に見えにくく、モチベーションキープも難しかったため、点数としてわかりやすく表れるTOEIC L&Rが最適でした。

基本的には公式問題集を使って勉強をしました。初めて受験した時、特に訓練が必要だと感じたのはリスニング。これは英語に耳を慣れさせるしかないと思い、海外のニュースやサッカーネタのポッドキャストを、毎日1時間聞くようにしていました。興味のあるジャンルのものを教材にし、自分にストレスをかけずに楽しみながら勉強してしまおうと自己流で始めたことでしたが、耳が英語に慣れたことで点数のアップにもつながり、効果を実感することができました。

就職活動では、点数そのものよりも「どうやって勉強したのか」を聞かれることが多く、そこで自分の英語体験や中国で働いてみたいという今後の夢や展望を話すことができました。入社式に行われるTOEIC L&Rの試験では、900点台を出したいので、目下勉強中です。

REPORT 02

時間を計り、スピード力をつける 海外での活躍を目指すなら向上力もアピール

佐瀬 幸輝さん 中央大学 法学部 国際企業関係法学科 広告代理店内定/TOEIC L&Rスコア 730点(大学3年生5月)→830点(大学4年生3月)
POINT/1 TOEIC L&Rは目的ではなく通過点だととらえる/2 公式問題集は時間を計って解く/3 就活の空き時間を有効活用

時間を計り、スピード力をつける 海外での活躍を目指すなら向上力もアピール

佐瀬 幸輝さん 中央大学 法学部 国際企業関係法学科 広告代理店内定/TOEIC L&Rスコア 730点(大学3年生5月)→830点(大学4年生3月)
POINT/1 TOEIC L&Rは目的ではなく通過点だととらえる/2 公式問題集は時間を計って解く/3 就活の空き時間を有効活用

大学2年のときボストンに留学。帰国直後の試験では、730点を取ることができたのですが、その後は点数が伸びず、これでは就活で英語力をアピールできないと思い勉強法を変えました。

それまでは単語を中心に勉強していたのですが、TOEIC L&Rは問題量も多いため、単語だけを覚えても点数に結びつかないことに気づき、問題を速くこなす練習に切り替えました。具体的には、長文を早く読むことに重点をおいて、公式問題集をひたすら解きました。リスニングについても、実際のテストよりも速いスピードで繰り返し音声を聞くことにしました。その結果、830点にUP。受けたのが3月で、まさに就活の真っ最中だったのですが、2週間前ぐらいから1日3時間くらいを目安に、空き時間を利用し、カフェで勉強したり電車の中で意識的に英語を聞くなど、集中して取り組みました。

就活をしていて大事だと感じたのは、スコアをそのままアピールだけではなく、今後TOEIC®のスコアをアップさせていくための具体的な計画や意欲、取得までのプロセスについてもアピールすること。僕の場合は、TOEIC L&Rの話が出たときは、同時に海外での仕事がしたいという熱意も伝えるようにしていました。また、海外での仕事を希望する場合は、話す&書けることも重要です。僕の場合はインターンの経験を通してアピールしましたが、TOEIC S&Wなど客観的に評価してもらえる資格を取得するのも、アピール手段のひとつとしては有効なのではないかなと思います。

REPORT 03

早めに自分の語学力を知り、目標を定めてコツコツ取り組む

矢島 優理さん 立教大学 文学部文学科 ドイツ文学専修 化粧品メーカー内定/TOEIC L&Rスコア 735点(大学2年生春)→785点(大学3年生冬)
POINT/1 実力を知るためにTOEIC L&Rを受験する/2 目標の時期を決めて弱点強化する/3 無理せずに短時間を毎日継続が大切

早めに自分の語学力を知り、目標を定めてコツコツ取り組む

矢島 優理さん 立教大学 文学部文学科 ドイツ文学専修 化粧品メーカー内定/TOEIC L&Rスコア 735点(大学2年生春)→785点(大学3年生冬)
POINT/1 実力を知るためにTOEIC L&Rを受験する/2 目標の時期を決めて弱点強化する/3 無理せずに短時間を毎日継続が大切

国際的な仕事に就きたいと思っていたので、そのスタート段階としてTOEIC L&Rに挑戦しました。そこで、自分の英語力を客観的に知ることが出来たので、早めに弱点対策しておこうと考えました。

大学2年生5月に初めて挑戦した際に、大学受験で覚えた単語の他に、ビジネス的な用語の必要性や、問題を解くスピードが重要であること、文法の穴埋め問題に弱い、ということがわかりました。その後、大学3年生の1月までにベストスコアを出すことを目標として、リスニング・リーディング・文法のジャンルに分かれた問題集を活用。間違えた問題には、日付をつけて、繰り替えし問題を解くようにしました。一度ミスをした問題は、何度かつまずくことが多かったので、日付を書かなくてすむまで問題と向き合いました。

しかし、大学の勉強や就職活動と並行して、TOEIC L&Rの勉強を進めることは大変です。無理のない範囲で、毎日続けることを目標に、大学の授業の空き時間の30分などを無駄にせずに取り組みました。その結果、就活ではコツコツとスコアを上げられた過程をしっかりとアピールすることができました。

入社後は、実践的に英語が必要になることが予想されます。話すことはもちろん、英語で考えることも身につけていきたいと思い、TOEIC S&Wも受験しました。これから、もっと実践的な英語力を身につけていき、TOEIC S&Wのスコアもあげていきたいと思っています。

PAGE TOP

エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC Programを受験しよう!エントリーシート提出に間に合うようにTOEIC Programを受験しよう!
TOEIC L&R公開テスト

テストに申し込む
TOEIC S&W公開テスト

テストに申し込む