English Upgrader+ ツールから選ぶ

ビジネストークテンプレート

納品時期の交渉をする

納品時期の交渉をする際の表現です。

ビジネストークテンプレート

Mariko:
I'm looking at the delivery schedule you sent me yesterday, and it says here that the date of delivery for our most recent order is the 30th. Would it be possible to move that up by a week?
Jared:
I'm afraid the best we can do would be two days earlier at the most because the factory is running at almost full capacity now.
Mariko:
Is there any way to speed up the shipping process?
Jared:
If we send the products by air, they should arrive by the 21st, but we'll have to ask you to bear the extra shipping fees.
Mariko:
That's not really a viable option for us. It's too expensive.
Jared:
Would it work for you if we divided up your order into two shipments and sent whatever we have by the 23rd and the rest by the 30th?
Mariko:
That sounds reasonable. How many units would you say you'd be able to deliver by the 23rd?
Jared:
I'll have to check with the production management guys for a precise number, but I'm sure we can deliver at least half of what you ordered.
Mariko:
That would be great. And what about the extra shipping fees?
Jared:
Under normal circumstances, it would be on your charge, but since you're one of our best customers, we'll absorb the cost just this one time.
Mariko:
Thanks, I appreciate it. So could you revise the delivery schedule according to what we've just discussed and email it to me?
Jared:
Certainly. I'll send it to you right after I get back to the office.

解説

Would it be possible to move that up by a week?
Would it be possible to...?は「~することは可能でしょうか」という意味で、Can you...?より丁寧な印象になります。move upは「前倒しする」「早める」という意味で、逆に「先延ばしする」「遅らせる」と言う場合はpostpone、put off、delayなどの表現があります。また、関連表現としてahead of schedule(予定より早く)、behind schedule(予定より遅れて)もあり、We opened the store three days ahead of schedule.(予定より3日早く開店しました)、The project is two weeks behind schedule.(そのプロジェクトは予定より2週間遅れています)のように使うので、あわせて覚えておくと便利です。
I'm afraid the best we can do would be two days earlier at the most because the factory is running at almost full capacity now.
相手の要求に応えられないとき、ストレートにNo.(できません)と言ってしまうと角が立つのは英語でも日本語でも同じです。ここでは、I'm afraid...(残念ながら、~)とやんわり断り、理由を述べた上で次善の策を提示することで、印象をやわらげると同時に互いに納得できる妥協点を見出そうとしています。この文とは逆に、相手の希望通りにできる場合は、No problem.(いいですよ)、That should be doable.(できるはずです)などと言えばOKです。doableは、動詞doに可能を意味する接尾辞ableが付いた形容詞で、「実行できる」という意味。
Is there any way to speed up the shipping process?
Is there any way to...?は「~する方法はありますか」という意味で、「何とか問題を解決する方法はないのか」という切羽詰ったニュアンスを出しています。
That's not really a viable option for us.
viableは「実行可能な」の意味で、ここでは「弊社ではちょっとその選択肢は取れませんね」というニュアンスで断っています。相手の提案を断る際の表現としては、ほかにもThat would be difficult.(それは難しいですね)、That won't be easy.(それは簡単ではありません)などがあります。逆に受け入れる場合は、この後に出てくるThat would be great.(それは素晴らしいですね)、That sounds reasonable.(それは妥当な話ですね)などと言うことができます。
How many units would you say you'd be able to deliver by the 23rd?
このような場合のwould you sayは「~と思いますか」という意味で、do you thinkと置き換えることもできます。この質問にダイレクトに答える場合はI would say...と答えればOK。
I'll have to check with the production management guys for a precise number, but I'm sure we can deliver at least half of what you ordered.
check with...は「~に確認する」「~と相談する」という意味で、より硬い表現ではconsultなどと言うこともできます。交渉事で自分ひとりでは結論を出せない場合は、Let me check with my boss first.(その前に上司に確認させてください)のように言えばOK。この例では、確認する対象がthe production management guysとなっていますが、これは「生産管理部門の人々」を指すカジュアルな言い回しで、このような場合のguysは「人たち」という意味で、男女に関わらず使われる表現です。

ライター 伊東 裕子 
Yuko Ito

プロフィール
愛媛県出身。早稲田大学卒業後、月刊誌『English Journal』(アルク)の編集に携わった後、フルブライト奨学生としてボストン大学院プリント・ジャーナリズム学科修士課程にて学ぶ。帰国後、米系経済通信社で英文記者職を経て、英文誌『Mini World』編集長に就任。2003年中経出版にて雑誌『English Zone』を創刊。2009年株式会社グローパルを設立、雑誌『English Plus』(成美堂出版)監修、『オタリーマン』シリーズ他のマンガ企画、書籍・デジタルコンテンツの制作&プロデュースを行っている。
http://www.glopal.co.jp/

English Upgrader+はTOEIC Programの出題内容とは関係ありません。日々の英語学習にお役立て下さい。
ポッドキャストに収録されている各種情報のご案内は、音声収録時のままです。現在のサイトやテスト情報とは食い違う可能性があります。

プラグインのダウンロード

Adobe Reader(無償)を入手する

PDFデータをご利用になるには、Acrobat Readerが必要です。アドビシステムズ社の配布しているAdobe Reader(無償)を右の画像のリンク先より入手し、インストールしてください。