English Upgrader+ ツールから選ぶ

ビジネストークテンプレート

雲行きが怪しくなってきました

進展の思わしくない状況について「雲行きが怪しくなってきました」と報告するには、どのように言えばいいでしょうか。

ビジネストークテンプレート

表現例

 It seems that things are getting more serious than we thought.
 どうやら雲行きが怪しくなってきたようです。

解説

「雲行きが怪しくなる」とは「状況が良くない方向へ傾く」といった意味の比喩表現です。このニュアンスをくみ取って、次のような英語で言い表すことができます。

It seems that things are getting more serious than we thought.
どうやら雲行きが怪しくなってきたようです。

この文は、直訳すると「物事が、思っていたよりも深刻になりつつあるようだ」ということで、「状況が悪化している」という真意を捉えた表現と言えるでしょう。一方、英語でも比喩的な言い回しを用いて、次のように表現することも可能です。

The situation has taken a dark turn. We should take some countermeasures.
雲行きが怪しくなってきました。何らかの対策を取ったほうがいいでしょう。

take a dark turnとは「暗い方向へ曲がる」という意味で、「雲行きが怪しくなる」に近いニュアンスの比喩表現です。

English Upgrader+はTOEIC Programの出題内容とは関係ありません。日々の英語学習にお役立て下さい。
ポッドキャストに収録されている各種情報のご案内は、音声収録時のままです。現在のサイトやテスト情報とは食い違う可能性があります。