English Upgrader+ ツールから選ぶ

ビジネストークテンプレート

めどが立つ

状況や計画に「めどが立つ」ことを、英語でどう表現すればいいでしょうか。


表現例

can say for certain when~、have a clear idea when~、have an outlook on~などを文脈に応じて適宜使い分けるといいでしょう。

解説

 We cannot say for certain when the suspended project will be resumed.
 中断しているプロジェクトの再開のめどが立たない。

can say for certain when~は、「いつ~なのか、はっきり言える」という意味です。時間的な見通しが立っているという観点から「めどが立つ」を表現することができます。

 We don't yet have a clear idea when we can launch the new service.
 まだ新規のサービスを開始できるめどが立たない。

have a clear idea when~もcan say for certain when~と似た発想の表現で、「いつ~なのか(について)、はっきりした考えがある」ということです。

 They say they will have a better outlook on funding by the end of the month.
 同社は、月末までにはもう少し資金調達のめどが立つだろうと言っている。

have a (better) outlook on~は「~に関する(より良い)見通しがある」という意味の言い回しで、事柄の開始や行動・活動を起こすめどが立っていることを表せます。

English Upgrader+はTOEIC Programの出題内容とは関係ありません。日々の英語学習にお役立て下さい。
ポッドキャストに収録されている各種情報のご案内は、音声収録時のままです。現在のサイトやテスト情報とは食い違う可能性があります。