English Upgrader+ ツールから選ぶ

ビジネストークテンプレート

部下に職場の機器を私的に使用しないよう釘を刺す

部下へ公私の区別をきちんとつけるよう釘を刺すときの言い方です。

ビジネストークテンプレート

Angela, It has come to my attention that someone in our department is exchanging private e-mails using company computers. I am not suggesting you are the person. I would just like to remind everyone that it is important to draw a line between company and private use and to refrain from using company devices for private purposes.

アンジェラ、気になっているんだが、うちの部内に会社のパソコンを使って私的なメールのやり取りをしている者がいるようなんだ。君がそうだと言っているわけじゃない。ただ、全員に思い出してほしいと思っているんだ、公私の区別をつけ、会社の機器を私的な目的で使わない、というのは大切だということをね。

解説

It has come to my attention that~は「~が気になっている」という意味の表現で、問題を提起するときの切り出し文句としてよく用いられます。is exchanging private e-mailsと現在進行形を用いるのは、実際にメールのやり取りをいま行っている最中だということではなく、私的なメールのやり取りを行うという「問題」が発生している最中だ、という現状を表すためです。
I am not suggesting you are the person. I would just like to remind everyone~と続けて言うことで、「君を犯人扱いしているのではなく、皆に責任を持ってもらいたい」という公正な立場での発言であることを伝えることができます。

English Upgrader+はTOEIC Programの出題内容とは関係ありません。日々の英語学習にお役立て下さい。
ポッドキャストに収録されている各種情報のご案内は、音声収録時のままです。現在のサイトやテスト情報とは食い違う可能性があります。