English Upgrader+ ツールから選ぶ

文書テンプレート

取材依頼

取材を依頼する際のテンプレートです。

Abroad Publishing Inc.
x-x-x Yoyogi, Shibuya-ku
Tokyo, 123-5500
Phone: (81)3-xxxx-xxxx / Fax: (81)3-xxxx-xxxx

July 11, 2013

Soft Engineering
4th Floor Eiko Building
x-x-x Tenjin, Chuo-ku
Hakata-shi, Fukuoka
810-001

To: Ms. Michelle Craig

I am an editor for a language study magazine called English Days. I am writing to ask for an opportunity to have an interview with you.

English Days is a monthly magazine read by various generations from students to office workers in Japan. Our focus is to introduce English in real situations to readers through interviews with native English speakers from various fields.

We are interested in interviewing you about the communication training you are conducting for your new employees. From what we heard, we feel that the concepts and methods of the training are very unique and would be of great interest to our readers.

Would it be possible to arrange an interview with you? I will accompany a main writer who has been writing articles for us for several years. If it is convenient for you, I will phone at about five on the 16th to receive your reply. Should you have any questions, I can be reached by phone at 090-xxxx-xxxx or by e-mail at syoshida@ap.co.jp. Thank you for your consideration. I look forward to receiving a favorable reply from you.

Sincerely,
Satomi Yoshida
Satomi Yoshida
Abroad Publishing Inc.

解説

I am an editor for a language study magazine called English Days.
取材を申し込む相手に初めて連絡を取るときは、まず簡潔に自己紹介をします。I am ~のほか、I work for a ~ company「~会社で働いている者です」と表してもよいでしょう。より詳しい自己紹介は用件を伝えたあと、パラグラフを変えて記載します。自己紹介の前にPlease forgive me for contacting you without previous notice.「突然のご連絡をお許しください」、I have the pleasure of writing to you for the first time.「初めてご連絡させていただきます」などと入れると丁寧な印象を読み手に与えますが、相手が欧米企業の場合、入れなくても失礼には当たりません。また、紹介者がいる場合はI am writing at the recommendation of ~「~の推薦によりご連絡しております」と書いてから自己紹介をします。
I am writing to ask for an opportunity to have an interview with you.
簡潔な自己紹介のあとに、用件を続けます。ask forの代わりにrequestを使うこともできます。ask for an opportunity to ~「~する機会を求める」はビジネスシーンでよく使われる表現です。ほかにも<ask for+物>や<ask+人+to+動詞>の形を使って、ask for permission to cover your lecture「貴殿の講演を取材する許可をいただきたい」や、ask you to comment on ~「~についてコメントをいただきたい」などと表します。
We are interested in interviewing you about the communication training you are conducting for your new employees.
次に、何について取材をしたいのかを具体的に伝えます。We are interested in ~のほか、We would like to interview with a focus on ~「~に重点を置いて取材したい」、We feel ~ would be of great interest to our audience.「視聴者にとって~はとても興味深いと思う」などの表現がよく使われます。
I will accompany a main writer who has been writing articles for us for several years.
これは「数年間にわたり、当誌の記事をメインで担当している執筆者を連れていく予定です」という意味です。取材の際のそのほかの条件は、We would like to shoot some pictures on site.「現場で数枚写真を撮影したい」、Your interview will be four to five pages in length.「インタビュー記事は4~5ページ分になる予定です」のように伝えるとよいでしょう。
If it is convenient for you, I will phone at about five on the 16th to receive your reply.
取材依頼に対する返事をもらうために、こちらから連絡する場合の表現です。相手から連絡をもらいたい場合は、If you are interested in being interviewed, please contact me at ~「インタビューに応じていただける場合には、~までご連絡ください」と表します。連絡先は、<call me at+電話番号>や<contact me (by e-mail) at メールアドレス>のように前置詞atを使って明記しましょう。
また、初めて取材依頼をする文書の中で謝礼について言及することはあまり一般的ではありませんが、言及する場合には上記の文のあとに、Of course, you would be remunerated for this interview.「もちろん、この取材に対する謝礼をお支払いいたします」のように、具体的な金額には触れずに記載するとよいでしょう。remunerateは「~に報酬を出す」という意味です。
Thank you for your consideration.
I look forward to receiving a favorable reply from you. 最後に、本件を検討してくれるように頼む一文を付け加えます。a favorable reply〔response〕「よい返事」はビジネス文書でよく使われる表現です。look forward to ~「~を(楽しみに)待つ」という表現もよく使われますが、toのあとには名詞および動名詞を続けることに注意しましょう。Thank you for your consideration.のThank you forは日本語で「よろしくお願いいたします」にあたる定型表現です。

制作 
株式会社ウィットハウス

企業概要
英語教材専門の編集プロダクション。1990年設立。ビジネス英語、一般英会話から、大学用英語テキスト、中高生用学習教材、幼児・小学生英語まで、幅広く原稿執筆、編集制作、DTPならびにCD、DVD制作を行う。最近の制作物には『旅コトバ帳シリーズ』(成美堂出版刊)、『コメディドラマでENGLISH』(デアゴスティーニ刊)、Asahi Weekly連載記事など。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/withouse/index.html

English Upgrader+はTOEIC Programの出題内容とは関係ありません。日々の英語学習にお役立て下さい。
ポッドキャストに収録されている各種情報のご案内は、音声収録時のままです。現在のサイトやテスト情報とは食い違う可能性があります。

プラグインのダウンロード

Adobe Reader(無償)を入手する

PDFデータをご利用になるには、Acrobat Readerが必要です。アドビシステムズ社の配布しているAdobe Reader(無償)を右の画像のリンク先より入手し、インストールしてください。