就職やキャリアアップに役立つTOEIC Program

約60%の企業が採用時にTOEIC® Programスコアを要件・参考に

Q. 新入社員の採用時にTOEIC Programのスコアを
利用していますか?

Q. 新入社員の採用時にTOEIC Programのスコアを
利用していますか?

2019_saiyo_pai_img01

Q. 中途社員の採用時にTOEIC Programのスコアを
利用していますか?

Q. 中途社員の採用時にTOEIC Programのスコアを
利用していますか?

2019_saiyo_pai_img02

Q. 社員に期待するスコアは?

2019_katsujitsu_corpo_score_img

※「英語活用実態調査【企業・団体/ビジネスパーソン】2019」より

※「英語活用実態調査【企業・団体/ビジネスパーソン】2019」より

約60%の企業が海外との取引がある部署で英語を使用

ただし、3年後には「英語は海外との取引がある部署だけで使われる」と答えた企業は減少。「人材採用時、配属部署の決定や異動時に、一定の英語能力が求められる」ようになるとの見通しが約2倍に伸長しており、今後は部署に限らず英語が必要になると考えられます。

Q. 英語の使用状況と3年後の見通しについて
お答えください(最も近いものを1つ)

2019_katsujitsu_graph-shiyojokyo_img

※「英語活用実態調査【企業・団体/ビジネスパーソン】2019」より

昇進・昇格時には、スピーキング・ライティング能力も求められる

例えば、ある情報通信サービス企業では、TOEIC L&Rに加えてTOEIC S&Wのスコアも要件として設定。役職が上がるにつれて要件スコアも高くなっており、役員への昇進・昇格にはTOEIC L&Rスコア800点、TOEIC Speakingスコア170点、TOEIC Writingスコア170点が求められています。

例えばある情報通信・通信サービスの企業の場合

※「英語活用実態調査【企業・団体/ビジネスパーソン】2019」より

就活はもちろん、入社後も利用できるTOEIC Program

就活はもちろん、入社後も利用できるTOEIC Program

※「TOEIC Program Guide」より