第23回 世界相撲選手権大会(大阪府堺市)

第23回 世界相撲選手権大会 語学サポートボランティアの集合写真

TOEIC® Programスコアを持つボランティアの活躍

2019年10月13日(日)、第23回世界相撲選手権大会が大阪府堺市にある大浜公園相撲場にて行われました。この大会は世界各国・地域を代表する選手だけが参加できるアマチュア相撲の最高峰の大会、大相撲入りして活躍する選手を多く輩出しています。世界各国の選手が土俵上で繰り広げる迫力ある取組みに、 会場は一体となって盛り上がります。

前日の10月12日(土)に予定されていたスケジュールが台風19号の影響により中止となり、2日分のスケジュールを1日で実施するという想定外の事態が発生しましたが、当日は世界30か国、約400名の選手・関係者が参加し、成人男子・女子、ジュニア男子・女子の対戦、また、国対抗戦が行われました。

第23回 世界相撲選手権大会 開会式

世界相撲選手権大会  開会式 各国の選手の様子

世界相撲選手権大会  試合の様子

世界相撲選手権大会  女子試合の様子

多くの外国人選手・関係者をサポートするため、TOEIC Programのスコアをもつ30名の大学生が協力。近畿大学、神戸市外国語大学、京都産業大学、関西外国語大学、京都外国語大学、神戸女子大学の学生が各国担当ボランティアとして活躍し、大会も成功裏に終了しました。

アルゼンチンチームをサポートする語学ボランティアの写真

世界相撲選手権大会 お弁当配布でのひとコマ

日本の国技「相撲」でつながる国際交流

相撲は世界多くの国で盛んにおこなわれています。国際大会での共通語は英語となり、本大会でも語学サポートボランティアは重要な役割を果たしました。
経済、文化のみならず、スポーツなどあらゆる分野で国際的な交流が盛んになる中、英語は世界共通語としてますます重要になってきています。
これからもIIBCは、国際的な場においてTOEIC Programのスコアホルダーに語学サポートボランティアとして活躍いただくことを通して、国際交流を支援してまいります。

世界相撲選手権大会  語学サポートボランティアがアナウンスする様子

世界相撲選手権大会 グルジアチームのサポート

世界相撲選手権大会  入賞者インタビューの様子

世界相撲選手権大会
詳細はこちら(http://www.ifs-sumo.org/別ウィンドウで開く/Open the link in a new window