第210回公開テスト(2016年5月29日実施)よりTOEIC Listening & Reading Testの出題形式を一部変更いたしました。新形式問題に対応した公式教材はこちら

TOEIC受験者 必読!まずは押さえておきたい重要語句とフレーズを厳選 日本初公開のTOEICL&R公式問題*1を解きながらレベルアップに欠かせない語句を効果的にマスター!

【体 裁】A5判 432ページ/オーディオCD 2枚付き【定 価】:本体1,800円+税

TOEIC公式教材シリーズから初のボキャブラリー教材がついに登場しました。TOEIC L&Rの公式問題*1 から語句を厳選した1,500以上の単語・フレーズを収録。会話や文書などの文脈で覚えるため語句への理解が深く、その語句が使われるシーンや他の類義語・派生語まで丸ごと覚えられます。TOEIC L&Rの受験準備にはもちろん、日常生活やビジネスで、実際に"使える"表現を増やしたい方に使っていただきたい一冊です。

TOEIC公式教材シリーズから初のボキャブラリー教材がついに登場しました。TOEIC L&Rの公式問題から語句を厳選した1,500以上の単語・フレーズを収録。会話や文書などの文脈で覚えるため語句への理解が深く、その語句が使われるシーンや他の類義語・派生語まで丸ごと覚えられます。TOEIC L&Rの受験準備にはもちろん、日常生活やビジネスで、実際に"使える"表現を増やしたい方に使っていただきたい一冊です。

*1 本書掲載の公式問題はTOEIC Programの開発機関であるEducational Testing Serviceが教材用に書き下ろした日本初公開の問題です。

特長 TOEIC公式ボキャブラリー教材だから、ココが違う!

TOEIC L&R公式問題*1の会話や文書から単語・フレーズを学習。文脈とともに語句の意味を覚えるので、単語だけの和訳ではわからないニュアンスやシーンに応じた使い方への理解がいっそう深まります。

1 日本初公開のTOEIC L&R公式問題から学習できる

テスト制作機関であるETS*2が本番テスト同様のプロセスで書き下ろした、既存のTOEIC公式教材シリーズには掲載していない、新しいTOEIC L&R公式問題です。
*2 TOEIC Programの開発・制作機関Educational Testing Service(ETS)

2 ボキャブラリー教材だから、効果的に語彙学習ができる工夫がいっぱい

語彙学習にぴったりなTOEIC L&R公式問題を厳選

TOEIC L&R公式問題の中でも、文法問題などは掲載せず、語彙学習に適した問題を厳選して掲載しています。また、Part 5の短文穴埋め問題は語彙問題だけを50問も掲載!受験準備にもお役立てください。

辞書を引かずに効率的に学習

品詞、語義、類義語、反意語、発音だけでなく、覚えておくと役立つフレーズやTipも掲載しているので、辞書を引かずに学習ができます。

3 レベルアップに欠かせない語句を厳選

覚えておきたい語句200

TOEICテスト新公式問題集シリーズから出現頻度の高い200の重要語句を公式問題編集部が厳選しました。TOEIC公式ナレーターが単語と例文を読み上げる音声付きです。

公式問題で学ぶ!Part別語句

TOEIC L&R公式問題の中から、様々なトピックを選んでいるので、多様な語句を学ぶことができます。

4 TOEIC L&Rの受験準備に

step1「公式TOEIC Listening & Reading問題集シリーズ」の本番同様の練習テストに挑戦し、テスト形式に慣れる。参考スコア範囲を算出する。

step2Step1の参考スコア範囲にあわせて、「スコア別アドバイス」を参考に「TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー」で効率的に語彙力を強化する。

構成 実用性にこだわった、学習をサポートする工夫が満載。

重要語句の色分けや日本語訳付きの問題文など、見やすく・わかりやすく構成。
文書の読みやすさのレベルを示す★☆☆マークや繰り返し学習に役立つチェックボックスなどを活用すれば、より効率的に学習できます。

  • 『Part 7「読解問題」(文書)を使った学習』には、文書の読みやすさのレベルが一目でわかる★☆☆マーク付き。

    『Part 7「読解問題」(文書)を使った学習』には、文書の読みやすさのレベルが一目でわかる★☆☆マーク付き。

  • 英語の文書とその和訳を左右見開きで表示しているので、対応している部分を探しやすくしました。

    英語の文書とその和訳を左右見開きで表示しているので、対応している部分を探しやすくしました。

  • ETS制作のTOEICテスト形式の公式問題*も掲載。TOEICテスト本番に向けた予習にも効果的です。

    ETS制作のTOEIC L&R形式の公式問題*も掲載。TOEIC L&R本番に向けた予習にも効果的です。

  • 語句の意味をより深く理解するための補足情報や注意点などを「Tip!」に掲載しています。

    語句の意味をより深く理解するための補足情報や注意点などを「Tip!」に掲載しています。

  • 語句の派生語や類義語、反意語など、関連する語句とその意味もまとめて学習できます。

    語句の派生語や類義語、反意語など、関連する語句とその意味もまとめて学習できます。

  • チェックボックスを活用して、どこまで学習したかやマスターした語句・フレーズを確認できます。

    チェックボックスを活用して、どこまで学習したかやマスターした語句・フレーズを確認できます。

  • 文書の文脈で使われている意味の他に複数の意味を持つ語句も一緒に掲載しています。

    文書の文脈で使われている意味の他に複数の意味を持つ語句も一緒に掲載しています。

アドバイス ボキャブラリー学習のコツを関谷英里子先生が伝授!

「使える単語・フレーズが増えると、どんなメリットがあるの?」「そのためにどんな学習をすればいいの?」英語コミュニケーションにおけるボキャブラリーの大切さや学習のコツを、関谷英里子先生にうかがいました。

関谷英里子先生

アル・ゴア米元副大統領など一流講演家の同時通訳者。NHKラジオ『入門ビジネス英語』講師。『ビジネスパーソンの英文メール術(ディスカヴァー21)』ほか著書多数。

双方向のコミュニケーションには、ボキャブラリーがとても重要!

英語コミュニケーションにおいてボキャブラリーはもちろん重要ですが、それがいま、さらにクローズアップされています。ビジネスの現場では、グローバリズムが進んでいると言われていますが、実は国内にいればネイティブスピーカーと顔を合わせて直接話す機会は多くありません。主なコミュニケーションの手段はメールや電話だったりするので、表情や身振り手振りでフォローできない分、単語やフレーズがつたないと幼い印象を与えてしまったり、頼りなく思われてしまうこともあります。だからこそ、気持ちを正しく伝え、相手の意図を理解するための単語力・フレーズ力が注目されているのです。

「文章ごと覚える」&「繰り返し書く」ことが学習のコツ。

単語だけでなく、前後の文章ごと覚えるのがいちばんのコツです。「単語の勉強」というと単語のみの発音や意味に終始してしまいがちですが、その単語を使った文章までいっしょに学習すれば、単語が登場しやすいシチュエーションのイメージや正しい使い方まで自然と身についていきます。次に、新しい単語は何度も自分で書いてみること。書くというアウトプットは記憶の定着にとても効果的です。1単語5回などルールを決めて、自分で発音しながら繰り返し書いてみましょう。

単語・フレーズの学習は、まず正しい発音から!
TOEICスコア10点~495点の方におすすめ

本書は単語・フレーズごとにチェックボックスがついているので、これを活用しながら着実に学習していきましょう。まずはリスニングCDを聞きながら、掲載されている例文や問題の会話、説明文を音読するのがおすすめです。声に出す、というアウトプットを通して学習の効率もアップしますし、単語やフレーズを正しい発音で学習していけば、似た発音の類語や派生語の聞き取りでミスをすることも少なくなります。

使える単語が増えれば、類推力にも磨きがかかる!
TOEICスコア500点~695点の方におすすめ

このレベルの方は、新しく出会った単語・フレーズの意味をしっかり"理解する""納得する"経験を増やすとともに、文脈を推し量る類推力をあわせて養っていきましょう。英語でやり取りする際に相手の意図や話の流れを考えながら話したり・聞いたりする感覚が身についていくと、単語・フレーズの使い方のちょっとしたミスや勘違いが減って、使える単語が増えるだけでなく、コミュニケーションの正確さも上がっていきます。

覚えた単語・フレーズで例文を作ってみましょう!
TOEICスコア700点~990点の方におすすめ

このレベルの方は、派生語や類義語などの関連語句まで意識して学習をするといいでしょう。本書はたとえば、「charge」という単語であれば、例文に出てくる意味の「料金」だけでなく、「請求、責任」という意味や「in charge of ~ (~を担当して)」も掲載されています。これらもまとめて学習することで、その時最もふさわしい表現を選んで、より細やかなコミュニケーションができるようになります。また、学習した単語・フレーズを使って、自分で例文を作るのもいいですね。たとえば「profit(利益)」などは皆さんがよく知っていて、ビジネスでもよく使う単語ですが、それを使った英文を作るとなるとどうでしょうか。「来年度の利益を10%上げましょう」と伝えるにはどう言えばいいかな…などと考えていくと、単語の意味や使い方がさらに定着しやすくなります。本書の例文も参考にしながら、英文づくりにチャレンジしてみましょう。

『TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー』を使い込んで、自信をつけよう!

『TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー』を、何度も繰り返し復習してみてください。時間がなかったり、TOEIC L&Rで自分の苦手なパートがあれば、本書の1つのパートだけでもかまいません。使い込めば使い込むほど、そこにある単語やフレーズを堂々と使うための自信がついてくるはず。新しい単語を使ってみるのって、すごく楽しいんです。自信がついたらどんどん書いたり話したりして、楽しみながら身につけていくのがよいと思います。がんばってください!

アドバイス TOEIC公式問題集編集部がおすすめする 「覚えておきたい語句200(p.11〜65)」の学習方法

スコア 10〜495点の方

例文の音読を通して、文脈から語句を増やそう!

音読

学習方法

例文のCDを聞いて、意味や用法を確認する。
知っている単語のチェックボックスにチェックを入れ、知らない単語は音声を真似するように音読を繰り返し、文脈から語句を増やす。

定着チェック

日本語を隠して英単語から意味を言い当てる。
出来たらチェックボックスにチェックを入れる。

隙間時間になるべく音声を聞く。
記憶が曖昧になっている単語は、再度、本書で確認する。

スコア 500〜795点の方

文章で流れる音声をリピーティングやシャドーイングすることで、音声と文脈から語句を定着させよう!

リピーティング・シャドーイング

学習方法

付属のCDの音声を聞いて、意味が分かった語句のチェックボックスにチェックを入れる。分からなかった語句は例文を使ってリピーティング(聞いた英語をそのまま繰り返す)やシャドーイング(音声を聞きながら話す)を行い、音声と文脈から語句を定着させる。

定着チェック

例文をスムーズにリピーティングしたり、シャドーイングできるか、あいまいな語句はないかを確認する。

スコア 800〜990点の方

ディクテーション・英訳といったアウトプットを中心に、語句を使えるレベルまで引き上げよう!

ディクテーション・英訳

学習方法

ディクテーション(音声を聞いて書き出す)したり、例文の和訳を見ながら、自分の力で英訳するといったアウトプットを中心に、語句を使えるレベルに高める。

定着チェック

数日の期間を置き、日本語を見てすぐに英単語に言い換えられるかの瞬発力をチェックし、語句が定着しているか確認する。

『TOEICテスト公式問題で学ぶボキャブラリー』
TOEIC L&R受験者 必読!まずは押さえておきたい重要語句とフレーズを厳選

A5判 432ページ / オーディオCD 2枚付き
定価: 本体 1,800円+税
(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会

その他のTOEIC公式教材

  • TOEICテスト 公式プラクティス リスニング編

    320ページ
    オーディオCD 3枚付き

    [定価]
    本体
    1,800 円+税

    商品詳細ページ 商品詳細ページ

  • TOEICテスト 新公式問題集 Vol. 5

    296ページ
    オーディオCD 2枚付き

    [定価]
    本体
    2,800 円+税

    商品詳細ページ 商品詳細ページ

  • TOEICテスト 新公式問題集 Vol. 4

    296ページ
    オーディオCD 2枚付き

    [定価]
    本体
    2,800 円+税

    商品詳細ページ 商品詳細ページ

  • TOEICテスト 新公式問題集  Vol. 3

    296ページ
    オーディオCD 2枚付き

    [定価]
    本体
    2,800 円+税

    商品詳細ページ 商品詳細ページ

  • TOEICテスト 新公式問題集 Vol. 2

    284ページ
    オーディオCD 2枚付き

    [定価]
    本体
    2,800 円+税

    商品詳細ページ 商品詳細ページ

  • TOEICテスト 新公式問題集 (Vol. 1)

    296ページ
    オーディオCD 2枚付き

    [定価]
    本体
    2,800 円+税

    商品詳細ページ 商品詳細ページ

当サイトは(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会が運営しています。
ETS, the ETS logo, PROPELL, TOEIC and TOEIC BRIDGE are registered trademarks of Educational Testing Service, Princeton, New Jersey, U.S.A., and used in Japan under license.