English Upgrader+ ツールから選ぶ

ビジネストークテンプレート

スケジュールを決める

会議で、ある日程を決めるときに、使えるさまざまな表現です。

ビジネストークテンプレート

Yasuo:
So, let's fix the date for announcing our new app. Speaking from a sales perspective, I'd say we do it as soon as possible for maximum media exposure. It'll give us an edge over our competitors.
Maya:
Do you have a particular time frame in mind?
Yasuo:
I was thinking the second week of September, around the 10th.
Rick:
As the head of the development team, I have to say that would be way too soon. We'll need at least another week to finish the basic design.
Yasuo:
How about the fourth week, then? Would that work for you guys?
Maya:
It's fine by me as long as we can get the word out before the shareholders' meeting.
Rick:
I think we'll be able to manage.
Yasuo:
OK, so how about the 24th?
Maya:
I won't be able to make it on that day. I'll be at our head office from the 21st to 24th. If it comes down to it, I might be able to ask someone else to stand in for me, but...
Yasuo:
No, you're in charge of PR. You should be there. What about the 25th?
Maya:
No problem.
Rick:
Ditto.
Yasuo:
September 25 it is, then. Let's work with this date in mind and keep each other updated on the progress.

解説

So, let's fix the date for announcing our new app.
fix the date for...は「~の日程を決める」という意味で、decide on the date for...やset the date for...などと言うこともできます。
Do you have a particular time frame in mind?
time frameは「期間」「時間枠」を指し、この一文は「具体的な時期は考えていますか?」という意味になります。ここではまず大まかな時期を決めるためにこのような提案をしています。相手の都合を尋ねる場合はWhich day would be convenient for you?(いつがご都合よろしいですか?)などと言ってもOKです。
How about the fourth week, then? Would that work for you guys?
提案をする際には、「~はどうですか?」という意味のHow about...?やWhat about...?という表現がよく使われます。また、work for...は「~にとって都合が良い」「~の予定が合う」という意味で、Would Friday work for you?(金曜日でよろしいですか?)のように言うこともできます。
It's fine by me as long as we can get the word out before the shareholders' meeting.
fine by...は「~にとって問題ない」「~はそれで構わない」という意味で、byの代わりにwithを使うこともできます。また、as long as...は「~である限りは」「~さえすれば」という意味です。条件を付ける際に使う表現としては、ほかにもif(もし~ならば)、unless(~でない限り)などもあり、Thursday works for me if it's all right with you.(あなたさえよければ木曜日は都合がつきます)や、「何とか都合がつく」「間に合う」という意味のmake itを使ってI won't be able to make it on Wednesday unless the meeting gets cancelled.(会議が中止にならない限り、水曜日は行けません)などと言うことができます。
September 25 it is, then.
この文は本来、Then it is September 25.ですが、最も重要な情報である日付を強調するために順序を変え冒頭に日付を持ってきた倒置構文です。この例では日程が決まりましたが、もしその場で決まらない場合は、I'll check my schedule and get back to you later.(予定を確認して後でまた連絡します)などと言ってもOKです。
Let's work with this date in mind and keep each other updated on the progress.
keep...updatedは「~に最新の情報を与え続ける」という意味なので、keep each other updated on the progressは「随時お互いに進捗状況を報告し合う」という意味になります。

ライター 伊東 裕子 
Yuko Ito

プロフィール
愛媛県出身。早稲田大学卒業後、月刊誌『English Journal』(アルク)の編集に携わった後、フルブライト奨学生としてボストン大学院プリント・ジャーナリズム学科修士課程にて学ぶ。帰国後、米系経済通信社で英文記者職を経て、英文誌『Mini World』編集長に就任。2003年中経出版にて雑誌『English Zone』を創刊。2009年株式会社グローパルを設立、雑誌『English Plus』(成美堂出版)監修、『オタリーマン』シリーズ他のマンガ企画、書籍・デジタルコンテンツの制作&プロデュースを行っている。
http://www.glopal.co.jp/

English Upgrader+はTOEIC Programの出題内容とは関係ありません。日々の英語学習にお役立て下さい。
ポッドキャストに収録されている各種情報のご案内は、音声収録時のままです。現在のサイトやテスト情報とは食い違う可能性があります。

プラグインのダウンロード

Adobe Reader(無償)を入手する

PDFデータをご利用になるには、Acrobat Readerが必要です。アドビシステムズ社の配布しているAdobe Reader(無償)を右の画像のリンク先より入手し、インストールしてください。