英語力向上のコツ STEP4

TOEIC L&Rを上手に活用して英語力をレベルアップしていくためのマインドセットを英語トレーニングのエキスパート千田先生がコーチ。
これから始める人も、途中で迷っている人も必見!

STEP4 学習スタート

あなたが始めないと何も変わりません!

今まで紹介したポイントをすべてクリアしても、トレーニングを始めなければ、何も変わりません。立派なプランができても、やるのはあなたです。結果を出すには、すぐ始めて結果を出すまで止めないこと、“The key to success is starting and not stopping.” です。

今日から始めましょう!

“Today is the first day of the rest of your life! ”といいます。始めるんだったら、今日から始めましょう。あしたに延ばすと、あしたがあさって、あさってが来週、来週が来月、来月が来年・・・と、どんどん延びていってしまいませんか。
“Today or To die”といいます。「今日始められない人は死ぬまで始められない」という表現です。似た表現で、“Now or Never”という表現があります。「今始めない人は一生始めない」と言う意味です。“Here and Now!” 今からここから始めましょう!
まずは耳に音を入れる、聞こえた英語を口に出して真似る、読んでみる、読めたら書いて覚える、覚えたら冷や汗を流しながら使ってみる・・・やることは、これだけです。

集中してやってみよう!

始めたけどもなかなか集中して時間が取れない。「とりあえず1日5分でも10分でもいいか・・・」というような考えをしたことはありませんか?また、「英語はコツコツ毎日続けること・・・」というアドバイスを聞いたり、見たりしたことはありませんか?
1日10分でも、毎日やればいつか劇的な変化が来る・・・というのは本当でしょうか? 1日10分×365日=3650分≒60時間です。このペースで進めた場合、人間が何とか言葉を話す3歳児のレベルに行くまでどの位かかるでしょう?3歳児は生後約2000時間母国語に浸っていると言われています。2000時間で60時間を割ると33。なんと33年かかります。33年後あなたは何歳ですか?今の年齢に33年を足してください。22歳の方で55歳。もうすぐ定年です。32歳の方で65歳。42歳の方で75歳です。とても間に合いません。
やるんだったら、一気に行きませんか?1日2時間なら1年で730時間、2年で1460時間、2年半で1825時間です。もうすぐ2000時間に届きます。少しサボっても3年もあればOKです。
まずは音読筆写を1日15分、リスニングを1日45分の合計1時間あたりから始めてみませんか?それが習慣になってきたら、徐々にそのペースを上げていきましょう。

継続して、自分の身体の変化を楽しもう!

2000時間といいましたが、最初から2000時間というと、めげそうになりますよね。そういうときは目標を細分化すればいいのです。まず2000時間を10回に分けます。そして200時間も20時間を10回という風に分けてしまうのです。そうすると、当面の目標は1日2時間で10日ではありませんか。このように目標が高すぎると感じたときは、手が届きそうな高さに分けて階段を作ればいいのです。
最初は、なかなか変化が表れません。皆さんは、トレーニング時間がどのくらいまで来ると身体に変化があると思いますか?それまでのトレーニングや知識の蓄積量によっても異なりますが、大体200時間あたりで最初の変化を感じる人が多いようです。
たとえば、単語(点)しか聞こえなかったのが、文章(線)が聞こえるようになったとか、文章でなく絵(面)として聞こえるようになったという変化です。最終的には立体的に聞こえるようになったという報告も受けています。「変化」の出方や出る時間は人によって違います。100時間で、という人もいますし600時間ごとという人もいます。トレーニングの集中度を高めればその時間は短くできます。聞き流しだけではやはり時間がかかります。
「TOEIC L&Rスコアは伸びたけど実感がない」という人もいますが、通常、実力の伸びを体感するよりスコアの伸びが先行します。100点UPを2度経験して、確かな変化を感じるという人もいます。いずれにしても、英語の習得には時間がかかります。
まずは、「200時間で変化、2000時間で結果」を目安にがんばってください。人間の身体は必ず変わります。自分の身体は自分で変えましょう!

ここで紹介する学習方法や学習素材は、ETS、当協会が推奨するものではなく、著者自身の学習経験や、著者による企業等での研修経験をもとにお薦めするものです。学習を進める上での参考としてご利用ください。


千田潤一(ちだ じゅんいち)

タイム・ライフ、AIU保険会社を経て、現在、英語教育コンサルティング会社である株式会社アイ・シー・シー(http://www.icconsul.com/)代表取締役。英語トレーニング法指導の第一人者。英語学習に関する企業、学校での講演多数。講演回数は3500回以上、受講者数は10万人を超える。2003年度より、文部科学省の「『英語が使える日本人』の育成のための行動計画」を受けた、都道府県・市教育委員会による英語教員研修講師も務める。
【講演】経済同友会・トヨタ・本田技研工業・NEC・デンソー・富士通・日立・東芝・ソニー・三菱電機・三井化学・住友電工・全日空・NTT・花王・日本精工・各地の商工会議所など(敬称略)。