【ダイジェスト】2020年TOEIC® Program世界の受験者スコアとアンケート結果

【ダイジェスト】2020年TOEIC® Listening & Reading Test
世界の受験者スコアとアンケート結果

TOEIC Programの開発機関であるETSでは、例年世界中のTOEIC Listening & Reading Test全受験者のスコアとアンケート結果を集計し統計データとして発表しています。今年も昨年2020年の統計データが発表されましたので、主要なトピックをピックアップしてご紹介します。

受験者の皆様の中にはご記憶に残っている方も多いのではないかと思いますが、この統計データの基となるアンケートはTOEIC Listening & Reading Testの試験開始前にご回答いただいているものです。そう考えるとアンケート結果への関心も高まりませんか?

国・地域ごとの平均スコアをはじめ世界の受験者の属性や英語学習・受験の背景など、世界各地で受験されているTOEIC Programならではのデータがまとめられています。本編の『2020 Report on Test Takers Worldwide ― TOEIC Listening & Reading Test』(PDF)もぜひご覧ください。

2020年TOEIC Listening & Reading Test世界の受験者のスコアとアンケート結果の全データはこちらよりご覧いただけます。

世界各国・地域のTOEIC Listening & Reading Test平均スコア

TOEIC Listening and Reading2020年平均スコアの表

このレポートでは例年、世界の各国・地域ごとのTOEIC Listening & Reading Test平均スコアを発表しています。ここではトータルの平均スコアが700点を超えている国・地域をピックアップしました。ヨーロッパから東南アジア、アフリカ、中米、南米と世界の様々なエリアの国々の名前を見ることができます。

そして気になる日本の平均スコアですが、他の国・地域のスコアと併せて当レポート『2020 Report on Test Takers Worldwide ― TOEIC Listening & Reading Test』の5ページにてご覧いただけます。

  • 年間の総受験者数が500名以上の国のみを掲載

学生受験者が約半数

就業状況のグラフ

受験者の就業状況については、過半数の52.5%が「全日制学生」という結果でした。年齢においても25歳以下の割合が63.8%となっていますので、これから社会で活躍する学生、若年層に多く活用されていることがわかります。

特に全日制学生の多い国として、フィリピン(83%)、カメルーン(80%)、インド(76%)が挙がっています。逆にフルタイム勤務者の多い国は中国(66%)、メキシコ(52%)、ブラジル(51%)、モンゴル(51%)でした。

科学/技術職に従事する受験者が最多層

受験者が従事する職種の中で最も多いのは「科学/技術職」(26%)。次いで「事務職」(15.7%)、「マーケティング/販売職」(12.3%)と続きます。日本は世界の中でも「科学/技術職」に就いている受験者が多く、40%の方がこの職種と回答しています。日本のほかに「科学/技術職」に就く受験者が多い国はセネガル(37%)でした。

一方で現在専攻している、もしくは過去に学生だった際に専攻していた科目についての設問に対して、最多の回答は「工学」(25.4%)でした。特に「工学」専攻の受験者が多い国として、カメルーン(58%)、チュニジア(47%)、モロッコ(46%)とアフリカ大陸の国々が挙がっています。

職種のグラフ

専攻科目のグラフ

会話に必要な「聞く・話す」力もしくは4技能すべてを重要視!

英語を学習する上で最も重要視する技能について問う設問では、トップの回答が「リスニング & スピーキング」(25.1%)、次いで「リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング」(23.2%)の4技能すべてという回答でした。

一方で最も使用する英語の技能については、トップが「リーディング」(31.7%)、次いでほぼ同率で「リスニング」(17.8%)、「リスニング & スピーキング」(17.3%)という結果でした。日本は「リーディング」の回答が最も多い国のひとつで(37%)、ほかにチリ(42%)、台湾(42%)、ブラジル(39%)、 中国(37%)も同様の傾向でした。

英語学習において最も重要視する言語技能のグラフ

最も使用する言語技能のグラフ

受験者の約8割が日常生活での英語使用率20%以下

日常生活での英語使用率のグラフ

日常生活で英語を使用する割合については「1~10%」が最も多く(42.2%)、「なし」(17.2%)、「11~20%」(22.1%)と合わせると、8割以上の受験者が20%以下であることがわかります。

日本は「1~10%」という回答が46%と最も多く、中国(43%)、韓国(42%)、台湾(42%)、香港(41%)といった日本と隣接する東アジアの国・地域も同様の傾向にあります。

約2/3の受験者が英語圏での滞在経験なし

英語圏滞在経験のグラフ

英語圏の国・地域での滞在経験については、およそ2/3にあたる67.2%の受験者が「全くない」と回答しています。一方で6か月以上の滞在経験があるという回答は11.5%でした。国・地域によって違いはあるものの、多くの方が非英語圏という環境で英語力の向上に取り組んでいることがわかります。

受験経験3回以上が約37%、受験目的は就活がトップ

約70%の受験者が過去に受験経験があると回答しており、3回以上の受験経験があるという回答は37.1%でした。

また受験の目的については、「就職活動のため」(29.3%)がトップですが、「英語学習のため」(26.1%)、「卒業に必要なため」(23.7%)という回答も多く、この3つが主要な目的となっています。

日本では「英語学習のため」が38%と最も多いのが特徴的です。また「就職活動のため」が最も多い国はタイ(51%)、 韓国 (47%)、 コスタリカ(44%)、モンゴル (43%)でした。

TOEIC Listening and Reading Testの受験経験

受験目的のグラフ

当レポートの本編では、これ以外にも様々なアンケート結果を掲載。また各アンケートの回答ごとに平均スコアをご覧いただけます。
この機会にぜひご覧ください。

【ダイジェスト】2020年TOEIC® Speaking & Writing Tests
世界の受験者スコアとアンケート結果

TOEIC Programの開発機関であるETSでは例年、TOEIC Listening & Reading Testと同様に、世界中のTOEIC Speaking & Writing Tests全受験者のスコアとアンケート結果を集計し統計データとして発表しています。このページでは2020年の集計データの中からいくつかのトピックをピックアップしてご紹介します。

TOEIC Speaking & Writing Testsはパソコンを使用して受験いただくテストです。テスト開始時にはパソコンの画面上でアンケートに回答いただいていますが、その結果を集計したものが今回ご紹介する統計データになります。

TOEIC Listening & Reading Testと同様に、国・地域ごとの平均スコアをはじめ世界の受験者の属性や英語学習・受験の背景などがまとめられています。TOEIC Listening & Reading Testとはまた違うTOEIC Speaking & Writing Tests受験者ならではの背景や傾向をデータでご覧いただけます。ぜひ本編の『2020 Report on Test Takers Worldwide ― TOEIC Speaking & Writing Tests』(PDF)もご覧ください。

なお、TOEIC Speaking & Writing TestsはSpeaking TestとWriting Testを分けて集計しています。

2020年TOEIC Speaking & Writing Tests全受験者のスコアとアンケート結果の全データはこちらよりご覧いただけます。

世界各国・地域のTOEIC Speaking & Writing Tests平均スコア

各国・地域平均スコアの一覧

このレポートでは、世界の各国・地域ごとのTOEIC Speaking Test、TOEIC Writing Test各平均スコアを発表しています。このページではトータルの平均スコアが、TOEIC Speaking Testで130点、 TOEIC Writing Testで150点を超えている国・地域をピックアップしました。ドイツやフランスという非英語圏のヨーロッパの国々のほか、中南米の国々が多く見られます。またここではフィリピン、台湾が挙がっていますが、全データを見るとアジア圏の国々も数多く受験していることがわかります。

日本を含む全データは、当レポート『2020 Report on Test Takers Worldwide-TOEIC Speaking & Writing Tests』にて、Speakingは6ページ、Writingは31ページをご覧ください。

年間の総受験者数が50名以上の国のみを掲載

フルタイム勤務者が最多層

TOEIC Listening & Reading Testでは2020年の受験者の過半数(53%)が「全日制学生」ですが、TOEIC Speaking & Writing Testsではフルタイム勤務者が学生を上回る結果となっています。特にWriting Testではフルタイム勤務者が48.4%と約半数を占めています。 ポーランド(Speaking Test: 94%、Writing Test: 94%)、中国(Speaking Test: 94%、Writing Test: 91%)では9割以上の受験者がフルタイム勤務者です。

日本はSpeaking Testでフルタイム勤務者の多い国として挙がっています(61%)。ほかにフルタイム勤務者の多い国として、Speaking Testではタイ(89%)、米国(76%)、エルサルバドル(73%)、ドイツ(72%)、ベトナム(65%)、パナマ(61%)、Writing Testではドイツ(72%)、エルサルバドル(71%)といった国々があります。

スピーキングテスト受験者の就業状況のグラフ

ライティングテスト受験者の就業状況のグラフ

大学卒または在学中の受験者が最多層

学歴については、「大学」(大学卒または在学中)と回答した受験者が最も多いグループでした。ただし、Speaking TestとWriting Testでその割合に大きく違いがあり、前者は71.5%、後者は53.7%となっています。国によって教育システムに違いがあるため、一律に比較することはできませんが、日本はこのグループの受験者が多い国のひとつで、Speaking Testで62%、Writing Testで59%でした。

Writing Testでは、「高校」がSpeaking Testの3.6%に対して10.2%、「小学校」がSpeaking Testの1.4%に対して5.1%と多いのが特徴的です。

スピーキングテスト受験者の学歴のグラフ

ライティングテスト受験者の学歴のグラフ

TOEIC® Speaking Testは事務職、TOEIC® Writing Testは経営者が最多層

受験者が従事する職種について、Speaking Testでは事務職(22.9%)が最多層でした。Writing Testの最多層は経営者(16.8%)ですが、続く事務職(14.8%)、科学/技術職(13.7%)も近い割合となっています。

TOEIC Listening & Reading Testでは科学/技術職が26%と最多層ですが、Speaking Testでは13.4%、Writing Testでは13.7%がこの職種に従事しており、どちらも3番目に多い層となっています。

スピーキングテスト受験者の職種のグラフ

ライティングテスト受験者の職種のグラフ

4技能を重要視!

英語学習の際に最も重要視する言語技能については、Speaking Testで「リスニング、リーディング、スピーキング&ライティング」の4技能が40.1%、「リスニング& スピーキング」が29.6%でした。
Writing Testでも4技能重視が31.4%とトップですが、2位以降は「リスニング」17.4%、「スピーキング」14.1%、「リスニング&スピーキング」14.1%、「リーディング」12.2%と大きく差がつかずに並んでいるのが特徴的です。

一方で、最も使用する英語技能については、Speaking Testで「リーディング」21.7%、「リスニング&スピーキング」20.7%、「リスニング、リーディング、スピーキング&ライティング」20.7%と上位3項目がほぼ同率となっています。
Writing Testでは「リスニング」が25.2%でトップ、次いで「リーディング」が21.6%という結果でした。

スピーキングテスト受験者が最も重要視する言語技能のグラフ

ライティングテスト受験者が最も重要視する言語能力のグラフ

スピーキングテスト受験者が最も使用する英語能力のグラフ

ライティングテスト受験者が最も使用する英語能力のグラフ

半数近くの受験者が英語でのコミュニケーションに「時々」苦労している

「英語でのやりとりに苦労を感じる頻度はどのくらいですか」という質問には、Speaking Testで46.8%と約半数の受験者が「時々」、22.5%が「頻繁にある」、10%が「ほぼ常時」と回答しています。

一方で、Writing Testでは「時々」が42.8%、「頻繁にある」12.7%、「ほぼ常時」4.2%でした。

ちなみにTOEIC Listening & Reading Testでは、「時々」が36.7%、「頻繁にある」19%、「ほぼ常時」10%という回答でした。

スピーキングテスト受験者が英語でのコミュニケーションに苦労する頻度のグラフ

ライティングテスト受験者が英語でのコミュニケーションに苦労する頻度のグラフ

リスニング&リーディングテスト受験者が英語でのコミュニケーションに苦労する頻度のグラフ

受験目的は「就職活動」がトップ

受験目的として最も多い回答はともに「就職活動のため」でした。Speaking Testでは50.5%と受験者の半数が「就職活動のため」と回答、Writing Testでも30.1%と割合は小さくなるもののトップの回答として挙がっています。

ちなみに日本では、Speaking Testの受験目的として「英語学習のため」が最も多く、48%の受験者がそのように回答しています。

TOEIC Speaking Test受験目的のグラフ

TOEIC Writing Test受験目的のグラフ

以上、『2020 Report on Test Takers Worldwide ― TOEIC Speaking & Writing Tests』よりいくつかのトピックを抜粋してご紹介しました。

本編では、受験者の性別、業種・職種、英語学習歴や英語圏滞在歴などのすべてのアンケート項目に加え、各アンケートの回答ごとの平均スコアも掲載しています。この機会にぜひご覧ください。またアンケート実施の詳細についても本編にてご確認いただけます。

当レポートの基となるアンケートの詳細は『2020 Report on Test Takers Worldwide ― TOEIC Speaking & Writing Tests』の3ページをご覧ください

2020年TOEIC Speaking & Writing Tests全受験者のスコアとアンケート結果の全データはこちらよりご覧いただけます。

TOEIC® Program についてはこちら