TOEIC Bridge Test 活用状況に関するデータ・資料

活用状況に関する資料

  • TOEIC Programを導入している企業・団体をご紹介しています。

各種分析・参考データ

  • 公開テストやIPテストの各種データをグラフや図表で紹介しています
  • 中学校・高校の教科書、センター試験等で使用されている英単語と TOEIC Bridge Testで使用されている英単語の、重複の割合に関する調査結果です
  • TOEIC
    Bridge Testの
    スコアからそれに対応するTOEIC L&Rスコアを予測しています
  • 15,569名の日本と韓国の受験者データが基になっています

データ・各種資料の引用について
ここに掲載するデータ・各種資料の著作権はすべて一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会に帰属します。データの転用・掲載につきましては当協会までお問い合わせください。
なお、宣伝・販売促進に関わるツール(広告文書・ホームページ等含む)への掲載につきましてはあらかじめお断り申し上げます。

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

「テストの種類」「実施方法」「実施時の注意事項」など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。