「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書

上場企業調査:

  • 英語使用状況
    1. 75%の企業が英語を使用
    2. 英語使用部署では4技能のバランスがとれた英語力が必要に
    3. 4割以上の企業が英語能力向上のために「社員のモチベーションの向上」を重視
  • グローバル人材育成と求められる英語力
    1. 5割以上の企業が海外進出する上で最重要視する「海外勤務できる人材育成の推進」
    2. グローバル人材育成のための取り組みを企業の5割が実施
    3. グローバル人材育成のための取り組みとして8割の企業が「英語研修」
    4. 68.6%の企業が国際部門での業務遂行には「700点以上のスコアを期待」
    5. 28.5%の企業が海外出張者選抜にTOEIC L&Rを利用
    6. 3割の企業が海外赴任者選抜にTOEIC L&Rを利用
  • 英語テストの利用
    1. 6割の企業がTOEIC L&Rの結果を利用
    2. より多くの社員に英語テスト受験を推奨
    3. 英語コミュニケーション能力測定の必要性…7割が「スピーキング」、6割が「リスニング」
    4. 28.5%の企業が新入社員の採用試験で英語テストを実施
  • 企業で求められるTOEIC L&Rスコア
    1. グローバル化に対応するため全社員に求められる期待スコア平均は「600点」
    2. 7割の企業が採用時にTOEIC L&Rスコアを参考に
    3. 15.8%の企業で異動、昇進・昇格の要件
    4. 昇進・昇格時に求められるスピーキング・ライティング能力
  • TOEIC L&RとTOEIC S&W
  • 期待/平均スコアとスコア比較表
  • TOEIC Speaking Proficiency Level Descriptors(能力レベル別評価)
  • TOEIC Writing Proficiency Level Descriptors(能力レベル別評価)

お問い合わせ
データ・各種資料に関するお問い合わせ

(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 広報室
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル
TEL:03-3581-4761 FAX:03-5521-5970

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。