One Step Forward 
~越境した若者と考えるSDGs~

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
IIBCは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

コンセプト

One Step Forward ~越境した若者と考えるSDGs~ は、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標SDGs:Sustainable Development Goalsについて知り、考えるイベントです。
SDGsという言葉を聞かない日はありませんが、周りで行われている活動を遠くに感じる方も多いのではないでしょうか。このイベントではSDGsの課題解決に向けてアクションするゲストをお招きし、ご自身が取り組まれていることについて等身大でお話し頂きます。
本イベントへの参加をきっかけとしてSDGsを身近なものとして捉え、活動への一歩“One Step Forward”に繋げて頂けたらと思います。

上記、SDGsロゴおよびアイコンの使用については「SDGsのポスター・ロゴ・アイコンおよびガイドライン」を遵守しております。

イベント内容

イベントの前半は、ゲストご自身がチャレンジしているSDGsへの具体的な取り組みを中心に、英語コミュニケーションの大切さにも触れながらお話し頂きます。後半はグループに分かれてインタラクティブな時間とし、ゲストの講演に関する感想のシェアはもちろんのこと、SDGsについて考えていることや興味がある活動について自由に発言して頂く時間となります。そして、イベントの最後にはSDGsの課題解決に向けて有志の方に「これからは〇〇する」宣言をしていただく時間を設けます。
知らなかった世界を覗いたワクワクを活動へのエンジンに!全体の進行はコーディネーターの宮川南奈さんと事務局が担当します。

コーディネーター

コーディネーター:宮川南奈

宮川南奈

本イベントのゲストアレンジ・企画・運営を担当。
大学時代は開発経済を中心にMDGsなどを学び「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」5期生としてフランスへ留学。
卒業後は総合コンサルティングファームにて人事・組織コンサルに従事。退職後は、社会起点に活動している企業や団体での広報や事業推進に従事し、ソーシャル×未来人材育成を軸としてパラレルに活動を行う。現在は日々の暮らしの中で、自分のペースでゆるく楽しくSGDsに貢献できることを実践。
ミッションは「社会で自分らしくHappyに働くオトナを増やすこと」

2022年11月17日(木)開催 第2回 One Step Forward人や国の不平等をなくそう

ゲスト:

ゲスト:佐々翔太郎

株式会社ASEAN HOUSE代表取締役。
中央大学法学部卒業。大学1年で初めて訪れた海外・フィリピンの心温かい人々から大きな感銘を受け、泣き笑うことのできる人間となる。
大学4年次には文部科学省奨学金プログラム「トビタテ!留学JAPAN」を用いてNPO法人e-Educationの現地責任者としてミャンマーに駐在。映像教育を広める傍らミャンマー初のキャリア・進学メディアLive the Dream Co., Ltd.を現地の若者と起業し、ユーザー100万人の規模まで成長させ事業売却。大学卒業後、株式会社リクルートに入社し「じゃらん」の新規事業であるホテル向けSaaS事業に関わる。その後、ミャンマークーデターを契機に株式会社ASEAN HOUSEを設立。座右の銘は「失敗しても当たり前。成功したら男前」。

コーディネーターの想い

2回目のゲストは、ASEAN HOUSE代表取締役の佐々翔太郎さん。ミャンマーへの留学、現地での会社経営や前職リクルートでの勤務経験を経て、外国人も暮らしやすい社会を創ることを目指して活動されています。彼の目指す社会やそのアプローチはまさに、SDGsゴール10「人や国の不平等をなくそう」を体現しています。これまでの留学経験なども交え、「”移民版リクルート”を創ります」と語る佐々さんの現在の活動やこれからの未来像をお話いただきたいと思います。お楽しみに!

  • 日時:2022年11月17日(木)19:30~21:00
  • 場所:Zoomによるオンライン配信
    ※参加者の皆様の映像を含む本イベントの内容は、レコーディングし、 後日プロモーションを目的として 全体、または一部の内容をYouTubeで公開する予定です。
  • 募集人数:50名(事前申込制)
  • 参加費:無料
  • 申込締切日:2022年11月17日(木)15:00

受け付けは終了しました。

  • タイムテーブル(予定):

    19:20会議室オープン

    19:30~19:35オープニング

    19:35~20:05ゲスト講演

    20:05~20:15質疑応答

    20:15~20:35インタラクティブセッション(ブレイクアウトルームに分かれて、感想やSDGsに関して考えていること等のシェア、ゲストとのコミュニケーション他)

    20:35~20:50メインルームに戻り、ブレイクアウトルームで出た意見のシェア・質疑応答

    20:50~20:55有志数名より「〇〇する」宣言

    20:55~21:00クロージング

2022年8月26日(金)開催 第1回 One Step Forwardつくる責任、つかう責任

ゲスト:伊達文香

ゲスト:伊達文香

株式会社イトバナシ代表取締役兼デザイナー。
奈良県五條市出身、30歳。広島大学に進学後、インドに複数回渡り、女性の人身売買被害などの現状を知る。大学院進学後に「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」2期生として、インド現地NGOとファッションショーを共催し、女性の活躍の場創造を目指す。その際に出会った刺繍に惚れ込み、途上国の刺繍を扱うブランド、itobanashiを起業。ビジコン優勝などを経て法人化後、株式会社イトバナシとして奈良、広島で店舗を運営する。2022年、カカオ豆からつくるチョコレートブランド chocobanashi もスタート。

当日のイベントの模様はこちらからご覧いただけます

コーディネーターの想い

記念すべき初回のゲストは伊達文香さん。「トビタテ!留学JAPAN」のつながりで知り合って以降、私は繊細なインドの刺繍や手仕事の魅力に惹かれitobanashiのファンになりました。自分の結婚式ではウェディングドレスを作っていただくと共に、そのハギレをリングピローや夫の蝶ネクタイにも活用していただきました。その後、服づくりの過程でどうしても出てしまうハギレを活用し、HAREGIの新しい取り組みを開始されている伊達さん。ものづくりに関わる人として、SDGsのゴール12「つくる責任つかう責任」に触れながら、ご自身の活動についてお話いただきたいと思います!


よりよくを目指して
TOEIC公式コンテンツ by IIBC

ページの上部に戻る/Back to TOP