2017年度 受賞作品一覧

2017年度については、最優秀賞・優秀賞・優良賞の3作品を掲載いたします。

最優秀賞 最優秀賞

中山 隆輝さん

中山 隆輝さん

聖光学院中学校高等学校 2年
作品名『Knowledge: the key to opening doors(PDFファイル 53KB)』

【参加理由】 自分の書いた文章で人の心を動かせるようになりたい― そんな思いから「書く力」を身につけたいと考えるようになりました。また、私は将来国際的に活躍できる人物になりたいと考えているため、異文化理解について英語で書くこのコンテストは、自分のスキルを磨く絶好の機会だと思い、迷わず応募することにしました。

【苦労した点、工夫した点】 思い当たる体験談が初めから一つあったので、とりあえずそれについて英文を書き起こしてみました。しかし、いざ書いてみると自分の頭の中が整理されていなかったせいか、エッセイが冗長になり、何を一番伝えたいのかが自分でもわからなくなってしまいました。論理がわかりやすく具体的な方が良いと思い直し、先生方のアドバイスも受けつつ、納得のいくまで論理を徹底的に整理して、その上で再度英文で書き起こしてみました。この過程を踏んだことで、核となる部分を見失わずに英文をまとめることができたように思います。

【感想】今回の受賞は本当に予想外で、先生から報告をいただいた瞬間は実感が湧かず、ただただ呆然としてしまいました。しかし徐々に実感がこみ上げてきて、表彰式当日、あの厳かな雰囲気の中でようやく喜びと達成感に包まれました。受賞できたことはもちろん大変光栄に思いますが、それ以上にこの機会を通し、今後更に必要になるであろう「書く力」を身につけられたこと、 そしてそれをプロの方に認めていただいたことが何よりも嬉しかったです。今回の経験を生かし、これからも英文をたくさん読み書きし、英語での表現力をさらに磨いていこうと思います。最後になりますが、サポートしてくださった先生方、両親、そしてこのような素晴らしい機会をくださったコンテスト関係者の皆様にお礼申しあげたいと思います。本当にありがとうございました!

優秀賞 優秀賞

釜中 美南さん

釜中 美南さん

東京都立国際高等学校 3年
作品名『Ethnocentrism and Cultural Relativism(PDFファイル 75KB)』

今回のエッセイは私自身が体験した出来事をもとに書いたので、自分の過去を振り返る良い機会となりました。体験をただの思い出として終わらせるのではなく、そこから一般化した考えへ導くことが大変でした。気を付けた点は、文の構造や言い回しです。読者をひきつけるような読みやすい文章を書くことを意識しました。このような貴重な機会を下さった全ての方々、ありがとうございました。これを機にステップアップし、より良いエッセイを書いていきたいです。

優良賞 優良賞

関本 椎菜さん

関本 椎菜さん

桜蔭高等学校 2年
作品名『Turbulent Presidential Election(PDFファイル 151KB)』

この度はこのような素晴らしい賞をいただき、大変光栄に思います。今回、初めてエッセイに取り組むことで、散乱している自分の考えをまとめ、文章だけで伝える、というライティングの基礎を学ぶことができました。また、1年間の留学生活、意義 をより深く振り返り、今後につなげていく第一歩となりました。この経験を生かし、これからも、周りに流されることなく自分の確固たる考えを持ち、伝え合いながら、多くのことに挑戦していきたいと思います。

お問い合わせ

(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBCエッセイコンテスト事務局

TEL:03-3581-4761(土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)
FAX:03-5521-5970
E-mail:iibc-essay@iibc-global.org


コンテストについて