TOEIC®Tests教員採用試験における活用状況調査[2019]
調査結果のご報告

2019年9月12日 press_release.gif

日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏貴之)は、2019年6月に実施した独自調査に基づき、全国都道府県・政令指定都市での2020年度教員採用試験におけるTOEIC Testsのスコア取得者に対する優遇措置をまとめましたので発表いたします。

◆調査方法
全国の都道府県・政令指定都市の各教員採用担当部署に対して、電話、FAXまたはメールによる調査を実施。
◆調査結果
◎回答数:67件(都道府県47件、政令指定都市20件)

※本資料には、TOEIC Testsの活用のある都道府県・政令指定都市のみ記載。
※「校種」欄は、「高等学校(英語)」、「中学校(英語)」、「小学校(英語のみを含む)」、「その他」で分類。
※「基準スコア」および「活用方法」欄は、各自治体にご回答いただいた内容ならびに参考資料として受領した選考試験要項・ホームページの内容に忠実に記載。

調査結果は下記のようにまとめております。(一部抜粋)

TOEIC Tests教員採用試験における活用状況 [2019]調査結果報告

  • 基準スコア:テスト名の記載がない場合は、TOEIC Listening & Reading Testのスコアです。
  • TOEIC、TOEIC L&R、L&R: TOEIC Listening & Reading Test/ TOEIC SW、TOEIC S&W、S&W: TOEIC Speaking & Writing Tests/ Speaking: TOEIC Speaking Test 各自治体にご回答いただいた内容をできるだけ忠実に記載しています。

詳細は TOEIC Tests 教員採用試験における活用状況調査 2019(PDFファイル 562KB)でご確認いただけます。

<本リリースに関するお問い合わせ先>

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC) 広報室
TEL: 03-3581-4761 FAX: 03-5521-5970
(土・日・祝日を除く10:00~17:00)

ページの上部に戻る/Back to TOP