『第14回IIBC高校生英語エッセイコンテスト』を開催
~テーマは『身近な異文化体験 ~コミュニケーションを通じた響きあい~』~

2022年5月9日 press_release.gif

IIBCエッセイコンテスト日本でTOEIC Programを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:大橋 圭造)は、一般社団法人 日米協会協賛、米国大使館後援のもと、高校生を対象とした英語エッセイコンテスト『第14回 IIBC高校生英語エッセイコンテスト』を開催いたします。本コンテストは、2009年に初めて実施され、今年で14回目となります。2021年は、本選に140校・218作品、奨励賞に39校・1,753作品のご応募をいただきました。

第14回 IIBC高校生英語エッセイコンテスト概要

テーマ 『身近な異文化体験 ~コミュニケーションを通じた響きあい~』
自分とは価値観が異なる人と共に行動し言葉を交わす中で、お互いに触発される「響きあい」の経験を、分かりやすく、かつ論理的な英文で表現してください。テーマの「異文化体験」の異文化とは、自分と異なる価値観を持つ相手のことをいいます。その相手は日本人でも、同級生でも、もちろん海外の方でも構いません。体験した異文化の紹介にとどまることなく、それらの体験、相手との関わり合いを通じて、自身がどのように変わったのか(影響を受けたのか)、相手がどのように変わったのか(影響を与えたのか)を英語で表現してください。
応募資格日本の国公私立高等学校、高等専門学校(1~3年)および中等教育学校(4~6年)に在学し、英語が母語でない生徒
使用言語
および
語数
英語、501語以上700語未満
応募期間
および
方法
【応募期間】2022年6月1日(水)~9月5日(月)17時まで
【応募方法】本選は1校2作品まで、奨励賞は1校あたり20作品以上での応募が可能。
詳しくは、IIBC高校生英語エッセイコンテストサイト( https://www.iibc-global.org/iibc/activity/essay.html )をご確認ください
審査(本選のみ) 審査基準に基づき審査員が総合的に評価します。
    【審査員】
  • ・松本 茂氏(東京国際大学教授/立教大学名誉教授/NHKラジオ「基礎英語」シリーズ全体監修者)
  • ・馬越 恵美子氏(桜美林大学 教授(国際経営)/異文化経営学会会長)
  • ・ロッシェル・カップ氏(ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 社長)
  • ・杉浦 康之氏(公益財団法人 東洋文庫 専務理事 /ハーバード大学アジアセンター 国際諮問委員)
  • ・審査員長 大橋 圭造(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 理事長)
審査結果 2022年10月中旬以降、IIBC高校生英語エッセイコンテストサイトにて発表予定
奨励賞を含むすべての応募作品はネイティブスピーカーによるフィードバックをつけ返却します
表彰 【本選】最優秀賞:1名/優秀賞:1名/優良賞:1名/特別賞:5名
【日米協会会長賞】3名
一般社団法人 日米協会 (会長:藤崎 一郎氏)が、本選応募作品の中から国際理解や国際交流の観点で優れた作品を選定
【アルムナイ特別賞】1名
過去の受賞者(アルムナイ)が審査員となり、本選応募作品の中から独自の観点で優れた作品を選定
【奨励賞】1校20名(20作品)以上の応募校へ贈られる賞
副賞 最優秀賞を受賞された方には、国内研修プログラムまたは同等額のノートPCを贈呈
後援 米国大使館
協賛 一般社団法人 日米協会

過去受賞者・審査員の取材記事はこちら https://www.iibc-global.org/iibc/activity/essay/interview.html
※コンテストの名称を今回より、「IIBCエッセイコンテスト」から「IIBC高校生英語エッセイコンテスト」に変更いたしました。

<報道関係者からのお問い合わせ>

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC) 広報・法務チーム
TEL: 03-3581-4761 FAX: 03-5521-5970
(土・日・祝日を除く10:00~17:00)

TOEICの日
TOEIC公式コンテンツ by IIBC

ページの上部に戻る/Back to TOP