プライバシーポリシー

個人情報のお取扱いについて

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
個人情報保護管理者

当協会は、個人情報取扱事業者として、個人情報の保護に関する法律、その他の法令、「『個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン』その他のガイドライン等」に基づき、取得する個人情報を以下のとおり適正に取扱うとともに、当協会職員および当協会業務に従事している者等への指導および教育の徹底に努めます。

1. 個人情報の利用目的
当協会では、次の業務を実施するために必要な範囲内で個人情報を利用します。
  1. TOEIC Programの実施運営、企画改善
  2. ラーニングツールの実施運営、企画改善
  3. 上記(1)または(2)を利用する団体または個人に向けた各種事業・新事業開発のためのデータ加工・分析(TOEIC Program各種テストおよびラーニングツールと合わせた加工・分析を含む)
  4. テストプログラムの精度向上のための資料作成
  5. 当協会の事業・新事業開発・データ収集のためのご案内の送付、アンケートの実施
  6. 当協会の発行物(ニュースレター、広報誌、報告書)などの送付
  7. 当協会主催のセミナーの実施運営
  8. 当協会発行の書籍の発送および代金請求のための連絡
  9. TOEIC申込サイトの会員向けサービス
  10. グローバル人材育成プログラムの運営および同プログラムに関するアンケートやコンテンツ情報のメール配信
  11. 当協会の発行物(ニュースレター、広報誌、報告書)の作成・掲載
  12. 採用活動
  13. TOEIC Program各種テストの公式認定証/スコアレポートについて、受験者の同意に基づき、スコア提出先団体から依頼を受けた場合のスコア照会業務
  14. その他上記(1)~(13)に関連し、付随する業務
2. 個人情報の安全管理措置
当協会は、個人情報の漏えい、滅失または毀損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。当協会が講じる安全管理措置には、次に掲げる事項が含まれます。
  1. 基本方針の策定
    • 個人情報の適正な取扱いの確保のため、「関係法令・ガイドライン等の遵守」、「安全管理措置に関する事項」等について個人情報保護方針を策定しています。
  2. 個人情報の取扱いに係る規律の整備
    • 個人情報の取扱方法、個人情報保護の責任者・担当者およびその任務等について定める個人情報の取扱規程を策定しています。
  3. 組織的安全管理措置
    • 個人情報の取扱いに関する責任者を設置するとともに、個人情報を取扱う従業員および当該従業員が取扱う個人情報の範囲を明確化し、個人情報の保護に関する法律や個人情報の取扱規程に違反している事実または兆候を把握した場合の責任者への報告連絡体制を整備しています。
    • 個人情報の取扱状況について、定期的に自己点検を実施するとともに、監査部門による監査を実施しています。
  4. 人的安全管理措置
    • 個人情報の取扱いに関する留意事項について、従業員に定期的な研修を実施しています。
    • 個人情報についての秘密保持に関する事項を就業規則に記載しています。
  5. 物理的安全管理措置
    • 個人情報を取扱う区域において、従業員の入退室管理および持ち込む機器等の制限を行うとともに、権限を有しない者による個人情報の閲覧を防止する措置を実施しています。
    • 個人情報を取扱う機器、電子媒体および書類等の盗難または紛失等を防止するための措置を講じるとともに、事業所内の移動を含め、当該機器、電子媒体等を持ち運ぶ場合、容易に個人情報が判明しないよう措置を実施しています。
  6. 技術的安全管理措置
    • アクセス制御を実施して、担当者および取扱う個人情報データベース等の範囲を限定しています。
    • 個人情報を取扱う情報システムを外部からの不正アクセスまたは不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入しています。
  7. 外的環境の把握
    • 個人情報を保管している外国における個人情報の保護に関する制度を把握した上で安全管理措置を実施しています。
3. 第三者提供について
当協会では、保有する個人データを、次の場合を除いてご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。
  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき
なお、前項(13)について、米国所在のETSまたはETSが認定する国・地域の実施団体を通じて当協会に当該スコアの真偽について照会された場合、受験者ご本人の同意に基づき、ETSおよびETSが認定した国・地域の実施団体に個人データを提供する場合があります。提供先の具体的な国・地域名および個人情報保護制度に関する情報は個人情報保護委員会のサイトをご確認ください。また、ETSまたはETSが認定する国・地域の実施団体はETSのサイトをご確認ください。
4. 委託について
当協会は、利用目的の達成に必要な範囲内で個人データの取扱いを委託することがあります。個人データの取扱いを委託する際は、当協会内で定められた選定基準に基づき委託先を選定し、定期的に適切な監督を行います。
5. 要配慮個人情報について
当協会は、ご本人の同意を得た場合、または法令で認められる場合を除き、要配慮個人情報を取得いたしません。
6. 開示対象個人情報の開示等に関する手続きについて
開示対象個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止等(以下、「開示等の求め」)については、「6.お問い合わせ窓口」にご請求ください。詳細をご説明の上、当協会所定の書式を送付いたします。また、利用目的の通知・開示のご請求の場合、1件の申請ごとに550円(税込)の手数料を申し受けます。
7. お問い合わせ窓口
個人情報の取扱いに関する苦情および相談、開示対象個人情報の開示等の求めについては、下記までお問い合わせください。

最終改訂:令和4年9月16日

<お問い合わせ先>

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBC試験運営センター
電話:03-5521-6033(土・日・祝日・年末年始を除く 10:00~17:00)

よりよくを目指して
TOEIC公式コンテンツ by IIBC