必読シリーズ

Step by Step <Advanced> グローバルHRが知っておきたい人材育成の実践理論 Step by Step [Advanced]
グローバルHRが知っておきたい人材育成の実践理論

連載内容について

この連載では、グローバルによく知られている人材マネジメントに関する理論や、海外における最新のトレンドを簡潔に紹介します。一通りの人材マネジメントの知識を備えている方はもちろん、ベーシック編を読了された初心者の方にも分かりやすいように、人事・人材開発業務の1年のサイクルに合わせて、身近な課題の解決に応用できる理論や考え方を解説します。グローバル化を進めている企業で、今後HRとして世界中の拠点の人材マネジメントに関わる方や、日々の仕事のレベルアップに向けて新たな知識や情報を得たい方は、グローバルHRの共通言語を知るきっかけにぜひご活用ください。

Chapter
1

若手社員を動機づけて成長させる
Chapter1では、最新の動機づけの理論を解説し、若手社員のやる気を引き出す働きかけについて考えます。
続きを読む

Chapter
2

リーダーの資質とリーダーシップのあり方を見直す
Chapter2では、リーダーの資質とリーダーシップのあり方について主要な考え方を整理し、今のチーム運営にふさわしいリーダーシップについて考えます。
続きを読む

Chapter
3

昇進の要件を明確にする
Chapter3では、昇進にあたり各階層のリーダーに求められる要件とその要件を明確にするメリットを考えます。
続きを読む

Chapter
4

社員のキャリア開発を支援する
Chapter4では、若手社員のキャリア観を概観しながら、現場の上司ができる部下のキャリア開発支援を考えます。
続きを読む

Chapter
5

変化を起こす多様性のある組織をつくる
Chapter5は、多様性のマネジメントの観点から、女性登用など最近の課題に焦点を当て、国内外の調査や事例を通じて、組織の多様性向上のメリット、推進のヒントを考えます。
続きを読む

Chapter
6

教育投資を組織成果へ結び付ける
組織にとって、研修の"成功"とは何を指すのでしょうか?Chapter6では、研修をはじめとした組織学習の成果に焦点を当てます。
続きを読む

Chapter
7

教育研修の学習効果を高める
Chapter7では、参加者の学習効果を高める研修のあり方について、世の中に広く普及している学習理論を踏まえて考察します。
続きを読む

Chapter
8

効果的な後継者育成の機会をつくる
Chapter8は、「効果的な後継者育成の機会をつくる」。人材育成の面から次世代リーダー層の異動・昇進に焦点を当てます。
続きを読む

Chapter
9

パフォーマンス向上を促す職場をつくる
Chapter9のテーマは、「パフォーマンス向上を促す職場をつくる」。近年、心理学の新たな潮流として注目されるポジティブ心理学の観点から、職場のパフォーマンス・マネジメントを考察します。
続きを読む

Chapter
10

社員の自立的な学習を支援する
Chapter10のテーマは、「社員の自立的な学習を支援する」。モバイルラーニングやソーシャルラーニングといった新しい学習手法も紹介しながら、新たな企業学習のあり方を考察します。
続きを読む

Chapter
11

優れた社員が意欲的に働く環境や仕組みを整える
Chapter11のテーマは、「優れた社員が意欲的に働く環境や仕組みを整える」。社員のエンゲージメント(社員の働く意欲と会社に対するコミットメントの高さ)を高める動機づけについて考察します。
続きを読む

Chapter
12

人材開発の変化の波をとらえよう(最終回)
Chapter12 最終回のテーマは、「人材開発の変化の波をとらえよう」。連載を振り返りながら、グローバルHRに携わるみなさんを取り巻く急激な環境変化、それに伴う人材開発のあり方、人材開発部門の役割を整理します。
続きを読む

執筆者紹介

永禮 弘之(ながれ ひろゆき)

株式会社エレクセ・パートナーズ
代表取締役
ATDインターナショナル メンバー ネットワーク ジャパン 理事

長尾 朋子(ながお ともこ)

株式会社エレクセ・パートナーズ
クライアントパートナー

ページの上部に戻る/Back to TOP