TOEIC Listening & Reading IPテスト(オンライン)
「AI監視サービス」3月15日より受付開始

2021年2月25日

日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(東京都千代田区永田町、理事長:大橋圭造)は、企業・学校など団体向けに提供しているTOEIC Listening & Reading IPテスト(オンライン)およびTOEIC Bridge Listening & Reading IPテスト(オンライン)において、AIを活用した試験監視サービス「AI監視サービス」のご利用に関する受付を2021年3月15日より開始いたします。

※IPテスト(オンライン): 企業・学校などの団体が任意に日時を設定し、インターネット上で受験いただく制度

AI監視サービス概要の図

AI監視サービス概要の図

AI監視サービス概要の図

サービス概要

     
サービス名 AI監視サービス
対象テスト TOEIC Listening & Reading IPテスト(オンライン)
TOEIC Bridge Listening & Reading IPテスト(オンライン)
料金 受験者1名あたり550円(税込)
主な機能
  • テスト受験中の様子を録画したデータ(音声含む)をAIが解析       
  • 団体ご担当者は、テスト実施期間終了後、AI解析による不正検知結果と録画データの 確認が可能

※ 本サービスの料金とは別にIPテスト(オンライン)の受験料がかかります。
※ 今後TOEIC Speaking & Writing IPテスト(オンライン)をはじめ、全てのIPテスト(オンライン)でのサービス提供を予定しています。

特徴

① IPテスト(オンライン)の利便性とテスト・セキュリティ向上の両立が可能

テレワークの推進、オンライン授業の導入により、企業や学校など団体内での研修やテスト実施方法が多様化する中、場所や時間を選ばずに実施できるIPテスト(オンライン)のご利用が増えており、これまで約1,100の企業・学校でご活用いただいております。一方で、オンラインでの試験実施は、「本人確認」や「不正行為の防止」が課題となっておりますが、本サービスをご活用いただくことで、IPテスト(オンライン)の利便性を維持しながら、テスト・セキュリティをさらに向上させることが可能になります。

② 団体ご担当者 専用サイトでAI解析による不正検知結果・録画データの確認が可能

本サービスでは、AIが、テスト受験中の録画データから、【受験者の入れ替わり】【複数人の映り込み】【不正の可能性が高い目線の動き】などを解析します。解析完了後、団体ご担当者は、AIによる不正検知結果と録画データ(テスト開始直前に撮影する本人確認書類を含む)を、専用サイト上で確認することができます。録画データには、AIによる不正検知のポイントがマークされているため、的を絞ってチェックすることが可能です。

参考

TOEIC Program IPテスト(オンライン)紹介ページ
https://www.iibc-global.org/iibc/activity/iibc_newsletter/nl141_feature_01.html

AI監視サービス開発に関するお知らせ(2020年11月18日プレスリリース)
https://www.iibc-global.org/iibc/press/2020/p165.html

本サービス導入に関するお問い合わせ先

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)
東京 TEL: 03-5521-5901
名古屋事業所 TEL: 052-220-0282
大阪事業所 TEL: 06-6258-0222
お問い合わせフォーム https://www.iibc-global.org/toeic/corpo/inquiry.html

<本リリースに関するお問い合わせ先>

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC) 総務・広報チーム
TEL: 03-3581-4761 FAX: 03-5521-5970
(土・日・祝日を除く10:00~17:00)

ページの上部に戻る/Back to TOP