TOEIC Listening & Reading 公式eラーニング導入事例

導入事例:三菱自動車工業株式会社  佐飛 乃梨子氏

受講者の学習状況をすぐに確認でき、分析に役立てられる

Q:「TOEIC Listening & Reading 公式eラーニング」を導入した理由をお教えください。

当社では、管理職を目指す主任層にTOEIC Program対策研修を実施していますが、中には海外や国内の遠隔地に勤務しているため、受講が難しい従業員もいます。そこで研修の代替手段として「TOEIC Listening & Reading公式eラーニング」を導入することにしました。修了要件は、TOEIC Program対策研修の学習時間と同等の60時間以上、ないしは正答数450問以上としています。

Q:実際に利用されてみて、いかがでしたか。

担当者としては、受講者の学習状況・結果に関する欲しい情報をすぐに確認することが可能なため、分析に役立てることができました。
受講者の学習意欲を高める上では、自分の現在の学習状況を、ほかの受講者と比較できる機能が特に効果を発揮したと思います。皆さん、ほかの受講者と切磋琢磨しながら学習に取り組んでいました。

  • 1
  • 2
  • 次へ