場所と時間を問わずに活用できるIIBCのオンラインプログラム IIBC実施 「在宅勤務中の英語学習に関する調査」より

2020年8月号

  • 企業
  • 英語学習
  • モチベーション

在宅勤務中に高まる英語の学習意欲

IIBC実施「在宅勤務中の英語学習に関する調査」より

2020年4月、日本では新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、緊急事態宣言が発出されました。この前後から多くの企業・団体が、感染症拡大防止のために在宅勤務を導入。そこでIIBCは、4月17日から21日にかけて、2月以降に在宅勤務となった20代から50代のビジネスパーソン男女500人を対象に、「在宅勤務中の英語学習に関する調査」を実施しました。

その結果、在宅勤務をきっかけに「英語学習を始めたいと思っている」「どちらかといえば英語学習を始めたいと思っている」人が合計で23.4%おり、既に「英語学習をしている」人と合わせると、46.8%に上ることが分かりました。

IIBC NEWSLETTER Vol.141 特集図表5 在宅勤務をきっかけに、これから英語学習を始めたいと思っていますか。

 

その理由を尋ねたところ、「自分のスキルアップのため」が60.1%で1位、「自分に使える時間が増えたため」が47.8%で2位でした。在宅勤務によって通勤しなくなり、余裕ができた時間を有効活用したいと考えている人が多いと言えるのではないでしょうか。

IIBC NEWSLETTER Vol.141 特集図表6 英語学習を始めた理由、または、英語学習を始めたいと思った理由をお答えください。

 

また既に「英語学習をしている」人のうち、65.8%が自宅での英語学習に対して「満足」「どちらかといえば満足」と回答しています。

IIBC NEWSLETTER Vol.141 特集図表7 自宅での英語学習に満足していますか。もしくは不満に感じていますか。

 

在宅勤務は、今後も定着していくことが予想され、余裕ができた時間を利用して、英語の勉強をしてみようという人は、これからも増えていくと思われます。