Global Frontline~グローバルな舞台でチャレンジする人たち~

瀧信彦氏コンテンツトップ画像

「ワクワク」する気持ちを大切に未知の分野への挑戦を続けたい

商社、銀行、ITサービス企業、生命保険……さまざまな業界に転職をしながらキャリアを積み上げてきた瀧信彦さん。これまで未知の分野に挑むことを恐れず、果敢なチャレンジを重ねて得た得意分野を糧に、次なる目標につなげてきた。今後はグローバル人材の育成にもかかわりたいと、その意欲が衰えることはない。どんな困難に出合っても、乗り越えながら、しなやかに仕事の最前線を歩く瀧さんの姿は、私達に大きな勇気を与えてくれる。

プロフィール
瀧 信彦(たき・のぶひこ)
1994年、青山学院大学国際政治経済学部卒業。大手商社、外資系銀行等を経て、2013年にメットライフ生命に入社。カスタマーセントリシティ部部長を経てカスタマーエンゲージメントマネジメント本部本部長、2018年2月執行役員に就任。「お客さま中心主義」を推進し、「顧客本位の業務運営」実現のための態勢整備の責任者として、お客さまの声から改善すべき課題を掘りおこし、社内横断的な施策を指揮。より多くのお客さまと強固で長期にわたる関係を築き、ビジネスの成長につなげる職責を担っている。

目次

  • リーダーシップ
  • 想い・情熱

80年代後半の日本企業が、世界への夢を広げた


高校時代には野球部とサッカー部に所属し、英語と現地の文化に慣れようと積極的に活動していた。

 1986年からの3年間、私は父の仕事の関係で、サンフランシスコ近郊で暮らしていました。日本経済は絶好調で、アメリカ中に日本製品が溢れていました。その光景は、高校生だった私の心に強い印象を刻みました。「日本企業はすごい。自分も日本の会社に入って、世界を舞台に働きたい」と、強く思ったのです。
 帰国して大学に進み就職活動が始まるころも、グローバルな仕事がしたいという、漠然とした思いは続いていました。でも具体的にどんな仕事があるかも分からず、建設、銀行、証券、航空関係と、あらゆる業界の先輩の話を聞いて歩いたものです。そうするうちに関心をもったのが、商社でした。どの商社の先輩も、型にはまらずのびのびとしていて、自分もこんな社会人になりたいなと思えたからです。
 のちに経験して分かったことですが、商社の仕事では、常に自分達で新たなビジネスチャンスをつくり出し、ビジネスモデルも変え続けていくことが求められます。ですから道なき道を切り拓いていくような、パワフルな人材が集まる傾向があるのです。そんな気風にひかれ、商社に就職することにしました。

「仕事を楽しむ」ことを教えてくれた商社勤務


現在活躍中のメットライフ生命で70人ほどのチームメンバーを率いる瀧さん、会議での様子。

 配属されたのは、ファッションブランドのマーケティング部門でした。海外ブランドのライセンスを得て、日本のメーカーに製品を作ってもらったり、独占輸入した洋服を、日本の小売店に売ってもらったりする仕事です。
 ところが現実は厳しく、若手のころなかなか成果が上がらず苦しんでいると、「悩んでいるときが成長しているときだよ」と、上司に言われました。そういえば商社の人間は、基本的に明るくて、どんなに過酷な状況にも前向きに取り組み、いつしか苦境を乗り越えてしまうのです。
 今、メットライフ生命の私のチームには、70人ほどの社員がいて、私はよくみんなに「仕事を積極的に楽しんでください」と言うのですが、それは当時の実体験からの言葉です。
 商社時代は、日中は営業活動、夜には新しいビジネスチャンスをつくるためのリサーチ、そして月に1度か2度は海外出張と、かなりのハードワークでした。でも洋服は好きでしたし、2年間のニューヨーク勤務や、海外のブランドやメーカーの人達との仕事を通じて、グローバルに働きたいとの願いもかない、楽しく充実した日々でもありました。
 しかしその一方で、経営を体系的に勉強したいという気持ちがふくらんでいき、30歳で商社を離れることになったのです。 

多様な経営手法・業務改善手法を学ぶための転職

 転職先は、世界的なコングロマリットの日本法人でした。顧客の声をもとにした業務改善手法を社内に広げるためのチームがあり、私は念願どおりそこに所属して経営を学び、以来、カスタマーセントリシティや、カスタマー・エクスペリエンスに、取り組むことになります。
 このチームでは、初めに専門のトレーニングを受けました。顧客の声を収集する、それをもとに分析する、分析に必要な統計学の知識や、データ分析ソフトの扱い、組織変革マネジメント、ステークホルダーへのアプローチまで含めて、3週間ほど缶詰めになってみっちりと学ぶのです。
 そのうえで、組織の各現場に入って行って、業務改善のコンサルタント的な役割を担い、あるいは自分でプロジェクトを動かすということを経験しました。各部署のリーダー達とやりとりをしながら、部門横断的な大きな施策をドライブしていく重要な仕事です。
 この時期、さまざまな品質管理手法や経営手法を学び、実践経験を積めたことは、非常に大きな財産となりました。この分野は、その後一貫して私の専門領域であり続け、その延長線上に今の私があるのですから。
 4年後、私は再び転職し、今度は日本の銀行で、これまでに身につけた手法を応用して、銀行向けの「問題解決とプロジェクトマネジメント手法」をつくっていました。こうして会社を改革していくのは、とてもチャレンジングでおもしろい仕事でしたが、ただひとつ欠けていたのが「グローバル」という要素でした。 

  • 1
  • 2
  • 次へ

関連記事

ページの上部に戻る/Back to TOP